ミュージシャン必須の高性能ポケットシーケンサ!『Chordbot Lite』

2010年11月22日 11:11 by Orange14
  • list
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ChordbotLite:高性能簡易シーケンスアプリ、思い通りの音を奏でてくれる

ChordbotLite:高性能簡易シーケンスアプリ、思い通りの音を奏でてくれる

自宅でギターなどの楽器演奏が趣味という人も多いと思います。ひたすら楽譜を見ながらCDに合わせて練習というのもいいですが、自分のペースに合わせた伴奏があるともっと楽しく上達できますよね!


『Chordbot Lite』は任意のコード進行・テンポで伴奏してくれるシーケンスアプリです。


シンプルなUIから充実した設定を楽しもう

アプリを起動すると画面中央にはコード名・拍子が羅列されており、下部には再生・停止・+/-・音色・テンポが表示されたシンプルなホーム画面です。デフォルト状態で再生できるメロディーは4つあり、こちらは「メニュー」→「Open」から選択できます。デフォルトで用意されている音もなかなかではありますが、やっぱり自分の練習したい曲の音を鳴らしたいですよね。


画面の左側2列は和音に対応しており、ルートノート(CやDなどの音階・シャープ/フラットの半階音)と和音の種類(メジャーやマイナーなど)を指定します。右の「4/4」が並ぶ列は拍子になっています。拍子は「1/4」~「16/4」まで指定できます。無料で楽しめるアプリとしては十分な範囲の設定だと思います。


また、小節を増やす場合は画面下部にある「+」を、逆に増やす場合は「-」をタップすると増減できます。設定した内容を確認する場合は再生をタップします。


ChordbotLite:コードや拍子も細かく設定できる

ChordbotLite:コードや拍子も細かく設定できる


設定できるBPMは35~300まで。かなりゆっくりとしたテンポから、とてもつなく速いものまで設定できます。5bpm刻みでテンポは用意されていますが、Set Tempoの「Custom」をタップで任意のテンポを設定できます。また右下の「Hammered」をタップすると、音色が6種類用意されています。自分のやりやすい音色を選べるのもうれしいです。


「メニュー」→「Transpose」をタップすると、11~0~-11まで移調設定できます。こちらは自動で音階を移調してくれるので、自分で作った内容のバリエーションを考えるのに適しています。


ChordbotLite:テンポ(左)や音色(右)の設定も可能

ChordbotLite:テンポ(左)や音色(右)の設定も可能


今回紹介したのは無料版となっており、メニューにある「Save」(作った曲を保存)・「Export」(MIDI/WAVファイルのエクスポート)・「Randomize」(任意スタイルでの自動曲生成)などの機能は使用できません。気に入った人は有料版『Chordbot Pro』のダウンロードをおすすめします!


また、曲についてですが、保存機能はなくてもタスクキル系のアプリで除外設定しておけば、前回終了した状態は保持されます。無料版をお試しの際は使ってみてください。ソロパートの練習や楽曲作成に活用できるので、Androidを音楽とマッチアップさせたい人にはうってつけのアプリだと思います。

<総括>

簡単にコード・テンポなどの設定ができる高性能シーケンサ。今回紹介したのは無料版となっており、有料版では「Save」(作った曲を保存)・「Export」(MIDI/WAVファイルのエクスポート)・「Randomize」(任意スタイルでの自動曲生成)などの機能が使用できます。ソロパートの練習や楽曲作成に活用できます。

  • list
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Chordbot Lite
Lars Careliusson Chordbot Lite 無料

『Chordbot Lite』~ミュージシャン必須の高性能ポケットシーケンサ!~

上のQRコードを読み取ってAndroid端末でダウンロード

無料QRコードアプリ