速度計測に加え、移動経路も記録できるスピードメーター『GPSスピードグラフPLUS(GPSSpeedGraph)』

2010年12月25日 11:02 by 編集部おおわだ
GPSスピードグラフPLUS

GPSスピードグラフPLUS

GPSスピードグラフPLUS』は、アプリ名の通り、端末のGPS機能を用いて度を計測するアプリです。その他、高度や方位といった値も測定できるアプリです。たとえば、新幹線や船など、自分で速度が確認できない乗り物に乗っている時に、使ってみるとおもしろいかもしれません。


さらに、無料版の『GPSスピードグラフ』にはない機能として、自分の移動経路をGPSで記録できるGPSロガー機能を備えています。CSV(主に表計算ソフトの保存形式)やKML(地理情報を表示するための言語)といったファイルにログデータが書き出しできるので、旅行やサイクリング、ハイキングなどで行った場所の軌跡を、後から編集したり、記録する際に便利です。


本アプリで計測できる内容は下記の通りです。


  • 現在速度
  • 最高速度
  • 平均移動距離
  • 平均速度
  • 高度


計測は「メニュー」→「計測開始」タップで、行ないます。単位表示は「meter」「mile」「feet」から選択できます。さらに計測データを「GPX(GPSデータのやりとりを行うためのフォーマット)」「KML」「CSV」形式のファイルにしてSDカードへ保存できます。これらの設定は、すべて「メニュー」→「設定」から可能です。



GPSスピードPLUS:移動がはじまると自動的に速度や高度を計測

GPSスピードグラフPLUS:移動がはじまると自動的に速度や高度を計測

では、どんなシーンで本アプリがより活かされるのでしょうか?


たとえば、スピードメーターとして使用するなら、「車の燃費シミュレーション」。車の燃費は、移動距離と使用したガソリンの量でおおよその計算はできますが、車の平均速度は燃費に直結する重要な値です。速度と移動距離が計測できる本アプリの数値に、消費したガソリンの量を加えれば、平均速度毎に燃費計算ができます。どの速度が最も燃費に良いのか、計測してみても良いかもしれません。計測したデータのCSVファイルをエクセル等のソフトで、編集して試してみてください。


さらにGoogle EarthにKMLデータをインポートすることで、Google Earthの3Dマップ上に、ログデータを表示できます(Google Map上にも表示できます)。インポート方法等はこちらを参考にしてください。同様の機能をもつ「My Tracks」は、端末内で移動経路等を表示・確認できますが、本アプリはPC等の端末と連携する事で、より詳細な記録管理ができることが特徴です。


GPSスピードグラフPLUS:Google Earth上にKMLデータをインポートすると、自分の移動経路が表示される

GPSスピードグラフPLUS:Google Earth上にKMLデータをインポートすると、自分の移動経路が表示される


本アプリは、スピードメーターとしても活用できますが、簡易GPSロガーとしても有効なアプリです。自分が移動した経路の確認や記録を残しておきたいとう方は、本アプリを利用すれば手軽にデータ取得できるので、試してみてはいかがでしょうか。

<総括>

最高速度、平均速度などを計測表示するGPSを使用したスピードメーターアプリです。移動経路のデータ等をCSVやKMLといったファイルで書き出しができるので、データの編集や分析にも役立ちます。

次の画像へ→

GPSスピードグラフPLUS(GPSSpeedGraph)
KEIY GPSスピードグラフPLUS(GPSSpeedGraph) 300円

『GPSスピードグラフPLUS(GPSSpeedGraph)』~速度計測に加え、移動経路も記録できるスピードメーター~

上のQRコードを読み取ってAndroid端末でダウンロード

無料QRコードアプリ