ARで宇宙の軌跡を観測しよう『ToriSat AR - 国際宇宙ステーションを見よう』

2010年12月23日 15:05 by いのたしん
ToriSat AR - 国際宇宙ステーションを見よう

ToriSat AR - 国際宇宙ステーションを見よう

今回ご紹介するアプリ『ToriSat AR – 国際宇宙ステーションを見よう』は、その名の通り、国際宇宙ステーションの観測を非常にわかりやすく、簡単に行うためのアプリです。これさえあれば、方位や仰角なんてさっぱりな人でも国際宇宙ステーションを観測できること請け合いです。


国際宇宙ステーションは英語の頭文字をとってISSと呼ばれ、日本やアメリカ、ロシア、欧州宇宙機関(ESA)などが共同で建設した 宇宙ステーションです。現在地球周回軌道を1周約90分の速度で回っており、宇宙飛行士の若田光一さんらが滞在したことで話題になりました。肉眼で見えるとニュースなどで知って、空を眺めてみた経験のある方も多いのではないでしょうか。


ARで国際宇宙ステーションの軌道位置を表示

このアプリはGPSとAR(拡張現実)を利用して、現在地からカメラで写された景色の中に国際宇宙ステーションの軌道を表示してくれます。つまり国際宇宙ステーション観測可能時間が来たら『ToriSat』を立ち上げ、そこに表示される軌道の位置を見れば国際宇宙ステーションが観測できるという寸法です。これなら天体観測等の経験や知識がなくても、簡単に観測できます。


左上には直近の観測可能日時までの時間をカウントダウン表示してくれるので、観測時間をいちいち宇宙航空研究開発機構(JAXA)のサイトに確認しにいく必要もありません。


画面左下の再生ボタンを押せば、実際に国際宇宙ステーションがどのように動くのかをシミュレートできます。国際宇宙ステーションは感覚的には飛行機ぐらいの速度で動いていくので、あらかじめその動きをシミュレーションで把握しておくのもいいかもしれません。


また、現在の国際宇宙ステーションの軌道だけでなく、直近の国際宇宙ステーション接近時の軌道をシミュレートする機能も完備。カメラ画面右上の「LIVE」「SIM」と書かれたボタンのうち、SIMをタップすればシミュレーションモードになり、観測当日の軌道が表示されます


ToriSat AR - 国際宇宙ステーションを見よう:軌道を黄色のラインで表示

ToriSat AR - 国際宇宙ステーションを見よう:軌道を黄色のラインで表示


衛星や恒星の詳細情報をウェブサイトで確認できる

カメラ画面上には国際宇宙ステーションの軌道だけでなく、衛星や探査機、銀河、恒星、惑星等の位置もAR表示できます。何を表示させるかはメニューバーの「Settings」から選択可能です。驚くことにハッブル宇宙望遠鏡やロシアの地球観測衛星レスールスDK-1、JAXAの熱帯降雨観測衛星TRMM、アメリカの上層大気研究衛星UARSの軌道表示&シミュレーションもできます。


また、表示されている恒星や衛星等のポイントをタップするとポップアップが立ち上がります。そこで「詳細」ボタンをタップするとブラウザが立ち上がり、Wikipediaのその項目についての説明や、各団体の衛星紹介ページが表示されます。『ToriSat』を天球儀や星座早見表がわりに天体観測、気になる星はタップして情報を取得、なんて使い方もできますね。


ToriSat AR - 国際宇宙ステーションを見よう:衛星や恒星等をタップ後ポップアップ表示

ToriSat AR - 国際宇宙ステーションを見よう:衛星や恒星等をタップ後ポップアップ表示


右側のメニューバーから「MAP」を選択すると、国際宇宙ステーションの軌道を地図上で把握できます「LIVE」では国際宇宙ステーションの軌道と現在位置を世界地図で確認できます


ToriSat AR - 国際宇宙ステーションを見よう:「MAP」では地図上で軌道と動きを確認(上)「LIVE」では現在位置と軌道を地図上に表示(下)

ToriSat AR - 国際宇宙ステーションを見よう:「MAP」では地図上で軌道と動きを確認(上)「LIVE」では現在位置と軌道を地図上に表示(下)


「Calendar」では国際宇宙ステーションの観測可能日時をカレンダーで表示します。各日時項目の右にある矢印ボタンをタップすれば方位角や仰角等の詳細情報を確認できます。また左の☆印が黄色のものは本アプリで軌道シミュレーションが確認できます。


ToriSat AR - 国際宇宙ステーションを見よう:「Calendar」では観測可能日時やその詳細を確認できる

ToriSat AR - 国際宇宙ステーションを見よう:「Calendar」では観測可能日時やその詳細を確認できる


アプリ片手に宇宙のロマンを語り合ってみませんか?

と、そんな感じの使用方法の『ToriSat』。よくできたアプリなので、国際宇宙ステーションの観測可能時間でなくても、これを片手に夜空を眺めているだけでもしばらく飽きずに過ごせます。恋人と本アプリ片手に夜空を見上げながら、ロマンチックなひと時を過ごす…なんて使い方もできるかもしれませんね。


お子様のいらっしゃる方は、『ToriSat』を使って国際宇宙ステーション観測や天体観測に挑戦してみてはいかがでしょうか。“最後のフロンティア”たる宇宙は数多くの謎と無限のロマンに満ちています。『ToriSat』でお子様と一緒にそんな不思議で科学な世界の一端に触れてみるのは、きっと素敵なことだと思います。


使用法番外編~衛星放送のパラボラアンテナ設置にも便利~

最後にちょっと番外編的な使い方を1つ。「menu」から「Settings」→レイヤーの「静止軌道」をチェックすると、AR上に静止軌道も表示できます。地球上空3万6,000kmにあるこの静止軌道は、いわゆる衛星放送に使われる放送衛星(日本だとBSデジタル放送やスカパー!)が位置する軌道です。


アンテナで受信する衛星の軌道位置を『ToriSat』で確認し、そこにアンテナを向ければ比較的容易にアンテナ方向を決めることができます。パラボラアンテナをこれから設置しようという方はぜひ試してみてください。

 

誕生日プレゼントにはロマンチックな月の土地を!

【楽天はこちら】

<総括>

肉眼観測可能な日時の国際宇宙ステーションの軌道をカメラ画面の上にARで表示するアプリ。観測可能日の自動取得や、恒星・惑星等のAR表示といった機能もある。国際宇宙ステーション観測はもちろん、天体観測のお供にもオススメ。


ToriSat AR - 国際宇宙ステーションを見よう
Toriningen Inc. ToriSat AR - 国際宇宙ステーションを見よう 350円

『ToriSat AR - 国際宇宙ステーションを見よう』~ARで宇宙の軌跡を観測しよう~

上のQRコードを読み取ってAndroid端末でダウンロード

無料QRコードアプリ