ビジネスマン必携!名刺を読み取ってアドレス帳に登録!『Bizcaroid Lite』

2010年12月24日 16:05 by いのたしん
Bizcaroid Lite

Bizcaroid Lite

日々の仕事の中で、意外と面倒なのが名刺管理と連絡先管理…そんな名刺とアドレス管理におすすめしたいのが、今回紹介するアプリ『Bizcaroid Lite』です。


カメラで撮影した名刺の文字を読み取ってアドレス帳登録してくれるというスグレモノです。日々たまっていく名刺と連絡先を本アプリでガンガンアドレス帳に登録していきましょう!


Bizcaroid Lite:画像をOCR認識&アドレス帳への自動書出

Bizcaroid Lite:画像をOCR認識&アドレス帳への自動書出

名刺画像を読取&認識&自動入力

使い方はとっても簡単!アプリを立ちあげたら名刺撮影のボタンをタップ。カメラ撮影画面に切り替わるので、右下のシャッターボタンで登録したい名刺を撮影しましょう。するとアプリが解析。OCR認識機能によって名刺の文字を認識し、アドレス帳へと書き出してくれます


文字の認識率はなかなかのもの。常に完璧とはいきませんが、かなりよい確率で正確に名刺内の文字を読み取ってくれます。デザインの凝った名刺などは苦手なようですが、うまく認識できなかった部分は手入力でフォローしましょう。


認識と修正が終了したら「新規登録」または「更新登録」をタップ。これでアドレス帳への追加・更新が完了します(更新の場合は更新したいアドレスを選択します)。


Evernoteへの名刺画像のアップロードも可能

またEvernoteとの連携も可能です。アドレス入力・修正画面で「Evernoteと連携」ボタンをタップするとEvernoteに名刺画像をアップロードできます。アップロードされた画像には「名刺」というタグが付くので、Evernote上での管理も楽です。


Bizcaroid Lite:名刺画像はEvernoteにアップロード可能(左)Evernote閲覧画面(右)

Bizcaroid Lite:名刺画像はEvernoteにアップロード可能(左)Evernote閲覧画面(右)


名刺管理はEvernoteでも可能ですが、この『Bizcaroid Lite』の良さは名刺撮影だけでアドレス帳に登録できるという点です。画像での名刺管理とは異なり、アドレス帳にデータが登録されるので電話やメールへのアクセスが飛躍的に向上します。仕事中に余計な手間をかけずにスムーズに作業を実行できるようになりますよ。

 

なお、Googleアカウントの連絡先と連携できるようになる有料版『Bizcaroid』もあります。

<総括>

名刺の情報を読み取り、アドレス帳に登録するアプリ。文字認識率はかなり高いが、名刺デザインによってはうまくいかないことも。Evernoteと連携ができ、非常に利便性が高い。仕事効率化、能率化に役立つアプリです。

次の画像へ→

Bizcaroid Lite
OMRON Software Co.,Ltd. Bizcaroid Lite 無料

『Bizcaroid Lite』~ビジネスマン必携!名刺を読み取ってアドレス帳に登録!~

上のQRコードを読み取ってAndroid端末でダウンロード

無料QRコードアプリ