カスタマイズが豊富な多機能目覚ましアプリ『AlarmDroid』

2011年01月04日 15:08 by ふじい りょう(Parsley)
AlarmDroid

AlarmDroid

目覚ましアプリは、これまで様々なタイプの特色あるものを紹介してきましたが、今回ご紹介する『AlarmDroid』の魅力は、アラーム音の設定はもちろん、充実した二度寝防止機能も備えているなど、何と言っても多機能さにあります。


去年寝坊をいっぱいしてしまった人、今年こそは早起き習慣つけたい人におすすめです。


AlarmDroid:「Select time」時間設定画面

AlarmDroid:「Select time」時間設定画面

設定項目が豊富!

本アプリの主だった機能は以下の通りです。


  • Title:アラームの名前を設定
  • Select time:時間を設定
  • Select snooze time:スヌーズの時間幅指定
  • Select days:曜日指定
  • Ring tone:アラーム音はアプリに登録されているものだけではなく、任意の音楽トラックからも選択可能


時間設定はポップアップ右下のテンキーアイコンをタップすればテンキー入力もできるので非常に便利です。


設定した時間になると、画面中央に大きくアラームタイトルと時間が表示されます。左側のドロイド君をタップするとスヌーズが作動し、右側のドロイド君をタップするとアラームが鳴り止みます


AlarmDroid:ON/OFFも管理しやすい(左)スヌーズ操作は左アイコン、アラームストップは右アイコン(右)

AlarmDroid:ON/OFFも管理しやすい(左)スヌーズ操作は左アイコン、アラームストップは右アイコン(右)


より高度なカスタマイズが可能

他にも、『AlarmDroid』は機能満載です。「PowerNap」では、今から何時間何分後といったカウントダウン形式でアラームの設定ができます。アラームリスト一覧ではドロイド君が青色で表示されるので把握しやすいですね。


また、「Speaking clock」を選択すると「SpeechSynthesis Date Installer」というTTS(Text-To-Speech)アプリのインストールが表示されます。「SpeechSynthesis Date Installer」をインストールすると、アラーム時に英語でメッセージを読み上げてくれます。日本語には対応していませんが、メッセージの内容は編集できるので、カウントダウン機能と併せれば“ちょっとクールな英語でのリマインダー”としても活用できますね。


「Arithmetic Problem」をチェックすれば、アラーム時にアラームやスヌーズを停止しようとすると画面上部に計算式が表示されます。正しい答えを入力するまでアラームは止まらないので、寝ぼけていつのまにかアラームを消してしまう方や、二度寝の常習犯な方におすすめです。


AlarmDroid:カウントダウン設定画面(左)メッセージ機能(中央)「Arithmetic problem」表示画面(右)

AlarmDroid:カウントダウン設定画面(左)メッセージ機能(中央)「Arithmetic problem」表示画面(右)


AlarmDroid:設定画面

AlarmDroid:設定画面

さらに、メニューボタン→「General preferences」から、細かいカスタマイズができます。


例えば、Hide Stop button」「Hide Snooze button」を選択すればアラーム画面の両ドロイド君は非表示になり、シェイクやフリックで簡単にアラームを止められるシンプルモードになります。スヌーズを完全に停止する場合は、ステータスバーの通知領域やアプリ画面からスヌーズが停止できます。


ステータスバーの表示やボタンサイズ変更、トラックのランダム再生など、自分流にカスタマイズできるので非常に使い勝手がいいです。


多機能アラームアプリとして様々なシーンに沿った使い方ができます。ぜひとも、あなた自身に合った使い方を見つけて、『AlarmDroid』を使いこなして下さい!

<総括>

多機能なアラームアプリです。アラームに音楽ファイルを設定するなど、自由にカスタマイズできます。スヌーズ機能、カウントダウン機能など、あらゆる場面で活躍できる機能を備えています。

『AlarmDroid』~カスタマイズが豊富な多機能目覚ましアプリ~

上のQRコードを読み取ってAndroid端末でダウンロード

無料QRコードアプリ