メーラーとカレンダーが一体化!メール1本でToDo管理『Promise Mail』

2011年01月21日 11:01 by プーペ
Promise Mail

Promise Mail

会議や打合せの時間調整に追われている方必見のアプリを今回はご紹介。その名は『Promise Mail』。メーラー系アプリのような名前ですが、メイン機能はカレンダー上でのToDo管理。そのやり方がユニークで、アプリから送信したスケジュール確認メールの内容を自動解析してカレンダーへ反映してくれるのです。メールとカレンダーが一体化することで、スケジュール確定後にカレンダーへ登録する手間がなくなります。ちょっと高額な有料アプリですがToDo管理アプリとしてのUIレベルも高く、額に見合った機能をしっかり備えています。Androidをビジネスツールとして活用するなら、ぜひ入れておきたい1本です。


Promise Mail:メール送信と同時にカレンダーへ反映

Promise Mail:メール送信と同時にカレンダーへ反映

独自の解析エンジンでメールを解析

このアプリの一番の特徴は送信したメールの内容からスケジュールを解析し、Googleカレンダーへ自動で反映してくれること。個別にメールを作成して送ってもよいですが、アプリのカレンダーから空いている時間を選択して下部の「予定」から「メール」を選択すればメール本文に候補日を反映することができます。自分のスケジュールを確認してそのまま調整メールが作成・送信までできるので、作業効率を大幅に上げることができます。また、候補日を複数選択してまとめて送信することができ、その場合はスケジュール確定後に「予定を決定」させれば他の候補日を自動で消すこともできます。


解析のための簡単な文章ルール

  • 日時をあらわす文字入力のあとに「、」を入れる
  • 文章の最後に「以上」をいれる

基本的なルールはこの2個ですが、文章例と合わせてわかりやすく説明したサイトがあるのでこちらもチェックしてみてください。


複数選択機能で一括編集

先ほども触れましたが、スケジュールを複数選択して同時に編集・管理が行えるのもこのアプリの特徴。編集したいスケジュールをタッチしていくことで複数選択が可能。端末を振ると選択がすべて解除されるので、感覚的に操作を進めることができます。見たい日だけをまとめて確認できるのはかなり便利。また、スケジュールは10色の属性に色分けでき、視覚的にも管理しやすくなります。もちろんアラート機能も付いています。


Promise Mail: 左:複数日のスケジュールを一覧管理。 右:10色の属性はタイトルの編集が可能

Promise Mail: 左:複数日のスケジュールを一覧管理。 右:10色の属性はタイトルの編集が可能


プロジェクト単位のToDo管理

長期にわたるプロジェクト(イベント)の場合には、その中にさらに細かくToDoが発生するものです。『Promise Mail』のカレンダーは設定したプロジェクト(イベント)の中に細かなステップを追加していくことで、プロジェクト単位で計画的な行動管理ができます。


Promise Mail:メーリングリスト

Promise Mail:メーリングリスト

メーラーとしても超高機能

最後にこのアプリのサポート機能として内蔵されているメーラー機能ですが、これ単体でもかなり魅力的。アドレス帳としてのUIがとても優れていて、タグごとにアドレスを管理したり、複数のあて先へアイコンをタップしてTo・Cc・Bccを切り替えて一括送信できます。普段、メールをグループ単位で管理したいとお考えの方はこの機能だけでも十分満足できるはず。



ここで紹介した機能は極一部。豊富な機能を使いこなし、細かな設定次第ではさらに使い方は広がるはずです。自分らしい使い方を見つけてビジネスの必須アイテムとして活用してください。

<総括>

メーラーとカレンダーが一体化した新感覚のToDo管理アプリ。独自の構文解析エンジンを使いメール内のスケジュール情報を自動で読み込んでカレンダーへ反映してくれます。ただ、スケジュールを自動反映するだでなく通常のToDo管理アプリとしての機能も充実した完成度の高いアプリになっています。

Promise Mail
KAGA Promise Mail 1575円

『Promise Mail』~メーラーとカレンダーが一体化!メール1本でToDo管理~

上のQRコードを読み取ってAndroid端末でダウンロード

無料QRコードアプリ