『Map Runner』ランニングアプリ~ゲーム感覚で楽しく過去の自分と競争しよう~

2011年03月26日 14:11 by はぎぞー
Map Runner

Map Runner:グラフィカルな起動画面

今回ご紹介するアプリ『Map Runner』はアプリ名からわかるとおり、ランナー向けアプリです。本アプリの一番の魅力は、レースゲームのように自分のゴーストと競争できるところ!ゴーストとは、自分のランニング記録のことです。ゴーストのペースはランニング履歴から選べるので、体調に合わせてスローペースでゆっくり走ったり、カロリー消費のためにペースをあげたりとその都度、自分自身を目標にしてマイペースに楽しめます。


一見『Rabbit』と似ていますが、本アプリは走行中に表示されるキャラクターアイコンが凝っていて、ちょっとしたゲーム要素があることも魅力!


また、データをラップ表示で参照でき 、本格的なランニング支援アプリとしても活用できます。


Map Runner:マップ表示画面

Map Runner:マップ表示画面

起動画面には「MAP」「LOG」「SET」「HELP」と並んでいます。本アプリの機能は以下の通りです。


  • GPSを利用したグーグルマップ上への軌跡表示
  • ランニング距離・時間の計測
  • ランニング履歴の参照
  • ゴーストとの競争


ランニング時の画面は、グーグルマップがベースになり、自分のアイコンが移動していきます。走行中に表示されるこのアイコンがかわいらしいですよね。右上のボタンで、“地図表記”と“衛星写真”とを切り替えできます。


ちなみに『Map Runner』起動中は通知バーにアイコンが表示されます。


Map Runner:ランニングペースに合わせて詳細設定可能

Map Runner:ランニングペースに合わせて詳細設定可能

走行実績によってアイコンが増える!

ランニングの実績に応じて、グーグルマップ上に表示できるキャラクターアイコンが増えていきます。アイコンは「SET」から設定画面で選択できますが、デフォルトでは1キャラのみです。どんなキャラクターがいるのかは走ってみてのお楽しみ。ぜひコレクションしてみてください。


また、GPSの取得間隔やラップタイムの取得距離もここから調整可能です。この機能も他のランニングアプリには少ないので重宝します。自分のペースに合わせて細かく記録、分析できるので本格的なランニング支援アプリとしても活用できます。


GPS認識で操作も簡単

走行方法を説明します。ゴーストとの競争は、自分のレコードとの競争となりますので、初回起動時には利用できません。まずは基準となるデータを取得するために一人でランニングしましょう。「MAP」→「メニュー」→「course record」から、メッセージに従ってコースを登録します。ここで走った距離やタイムが後々ゴーストと競争する基準となります。走った後に「メニュー」→「course save」で保存するのを忘れないでください。


記録が保存できたら準備はOKです。本アプリの目玉であるゴーストとの競争の流れは以下の通りです。


  1. まずはメニューから「course load」をタップして履歴を呼び出しましょう。
  2. 履歴を呼び出したら「course run」をタップします。
    過去の記録と競争するため、実際にランニングするコースは毎回同じ必要があります。
    そのためコーススタート地点が同期されていることを毎回GPSで認識させる必要があります。
  3. GPSでスタート地点の確認ができ、「準備はOK?」のポップアップが表示されたら「GO!!」をタップしてランニングスタートです。
  4. コースには赤く丸印でチェックポイントが設定されており、通過するとデータが記録されます。
  5. ゴール地点に到着するとGPSにより自動でゴール判定となります。


コースは最大3件まで登録可能なので、その日の気分や体調で走るコースを選べるのがうれしいですね。


Map Runner:実際にランニングをする際は、事前の準備運動をお忘れなく(左)地図を確認しながら楽しくランニング(中)ゴール!(右)

Map Runner:実際にランニングをする際は、事前の準備運動をお忘れなく(左)地図を確認しながら楽しくランニング(中)ゴール!(右)


気分でフリーランニングも可能

「メニュー」→「free」ではコースを設定せずに、距離と時間を記録しながら自由に走れるフリーランニング機能も楽しめます。「メニュー」→「goal」をタップしたタイミングで距離と時間が記録されるシンプルなトレーニングモードです。


「LOG」では、設定した距離毎のラップタイムを参照できます。ランニングアプリは『Smart Training』や『Private trainer』など良いものも多くありますが、ラップ機能を搭載しているアプリは少ないので、細かく目標を設定できるのが便利!


Map Runner:継続は力なり!履歴から運動量を確認できるので健康管理にも役立つ(左) 他のアプリには少ないラップタイム表示もうれしい(右)

Map Runner:継続は力なり!履歴から運動量を確認できるので健康管理にも役立つ(左) 他のアプリには少ないラップタイム表示もうれしい(右)

<総括>

自分の過去成績タイムであるゴーストと対決できるシンプル機能のランニングアプリです。見た目がアニメ調でかわいいのでランナー向きには見えませんが、履歴参照もでき、Android搭載端末だけでシンプルに管理したいという方におすすめです。

次の画像へ→

Map Runner
SOFTWARE INDUSTRIAL CO., LTD Map Runner 105円

『Map Runner』ランニングアプリ~ゲーム感覚で楽しく過去の自分と競争しよう~

上のQRコードを読み取ってAndroid端末でダウンロード

無料QRコードアプリ