回転する字を正確にタッチ!楽しく文字を覚えるアプリ『くるくるキッズ』

2011年03月01日 14:07 by capelito
くるくるキッズ

くるくるキッズ

今回ご紹介する『くるくるキッズ』は、遊びながら文字を覚えられる学習アプリです。


「どうぶつ」や「こんちゅう」などの名前が提示されるので、下部に表示されたひらがなやカタカナをタッチして、名前を完成させます。このとき、問題のひらがなやカタカナがくるくると回転しているのがポイント!ひらがなやカタカナの形状を覚えていないとタッチするのが難しい、ということで文字を覚える勉強になるんですね。早速、うちの子どもと一緒に遊んでみました。


イラストがわかりやすい!説明要らずの簡単操作

問題のカテゴリには「のりもの」や「たべもの」など、7つのカテゴリがあります。今回はうちの子が好きな「こんちゅう」を選択。子どもの好みに合ったお題が用意されているので、アプリ自体に興味を持ってもらいやすいのが良いですね。いくら学習させたくても、手にとってもらえなければ仕方がないので。お題にはイラストも併記されるので、視覚的にも分かりやすいです。子どもは絵で覚えていることも多いのでヒントとなります。


文字の回転の速さや、表示する文字数(3×3マス、4×4マス、5×5マス)は設定により変更できます。うちの子は6才なのですが、3×3マスで低速回転では「簡単すぎる!」と言っていました(そのくせ写真のように間違ったりもしているんですが…)。様子を見て難易度を上げてあげると挑戦しがいがあると思います。


くるくるキッズ:6才の子どもも難易度を変えて楽しめる

くるくるキッズ:6才の子どもも難易度を変えて楽しめる


字形を覚えるだけでなく、イラストと合わせて様々な乗り物や魚の名前を自然に覚えられるのが魅力です。


難易度チェンジと成績チェック!親子で一緒に楽しめる

5×5マスで高速回転させると、大人でも結構難しいですよ。これなら子どもと一緒に楽しめそうです。また、成績を後から確認できます。子どもが遊んだ後に確認したり、親子で正解数を競い合うのもおもしろいかもしれません。


一点気になったのが、文字をタッチし終わってからの次の問題への誘導が子どもには分かりづらかったようです。画面下部に「つぎへ」と常に表示されていますが、正解した時に何らかのアクションが起きたり、自動的に次の問題へ移行してくれると、より遊びやすいなと思いました。


くるくるキッズ:高速回転させると大人でも難しい(左)成績確認画面(右)

くるくるキッズ:高速回転させると大人でも難しい(左)成績確認画面(右)


最後にプレイの様子を動画でご覧ください。

<総括>

親子で楽しみながら文字を学べるアプリ。くるくると回転する文字からお題通りに選択していきます。問題のジャンルは7つから選べ、回転の速さなども調整可能。うちの子は、この年代にありがちな鏡文字を書いてしまうことが多い(「し」を「J」と書いてしまったりする)ので、このアプリで文字を覚えてくれるといいなと思いながら、一緒に遊びたいと思います。

次の画像へ→

くるくるキッズ
FS SOFTWARE DEVELOPMENT CO., LTD. くるくるキッズ 210円

『くるくるキッズ』~回転する字を正確にタッチ!楽しく文字を覚えるアプリ~

上のQRコードを読み取ってAndroid端末でダウンロード

無料QRコードアプリ