マルチアカウントに対応!公式RSSリーダーアプリ『Google Reader』

2011年03月26日 11:10 by はぎぞー
Google Reader

Google Reader

PC、スマートフォンともブラウザベースでの利用だった「Googleリーダー」に、Google公式のReaderアプリGoogle Reader』が登場しました。


GoogleリーダーとはGoogleが提供するRSS(※)リーダーです。Googleリーダーを使えば、RSS、いわゆる「サイトの更新情報」をオンラインで管理でき、必要な情報だけを漏らさずにチェックできます。どの端末やPCからでも情報を共有でき、とても便利です。


これまで多くのGoogleリーダークライアントアプリが紹介されてきましたが、今回は公式ということで、Googleリーダーを使用している方は、ぜひ押さえておきたいアプリです。Googleリーダーを活用していない人もこれを機に初めてみるのもいいと思います。


※RSS:ニュースやブログなど各種Webサイトの更新情報を簡単にまとめ、配信するための様式


ウェブと同等の機能で快適!

機能的には、記事の閲覧、共有、RSSなどのウェブ情報であるフィードの登録等々、ブラウザベースのGoogleリーダーと同等な機能を持っており、Gmailと同様に重要な記事にはスターを付けて保存しておくことができます。


Google Reader:記事の閲覧・スター付などブラウザベースのGoogleリーダーと同等の機能を持っている

Google Reader:記事の閲覧・スター付などブラウザベースのGoogleリーダーと同等の機能を持っている


公式アプリ『Google Reader』と他クライアントアプリはどこが違う?

Googleリーダーを閲覧できるアプリは他にもいくつかあります。今回は、その中から特によく知られている下記3つの無料アプリと『Google Reader』を比較してみました。



『Google Reader』とその他クライアントアプリの違い
アプリ名 良い点 ×惜しい点
Google Reader
  • Google公式
  • マルチアカウント可
  • フォントサイズ変更不可(大きいです)
gReader
  • フォントサイズ変更可能
  • 左右にスワイプで記事移動可
  • マルチアカウント不可
NetaShare
  • すべて日本語化
  • “つぶやくボタン”でTwitterとの連動が容易
  • マルチアカウント不可
NewsRob(※)
  • フォントサイズ変更可能
  • マルチアカウント不可
  • バナー広告表示あり
  • スター付アイテムが見られない


なお、『gReader』と『NewsRob』には有料版の『gReader Pro (Google Reader)』、『NewsRob Pro』もあります。『gReader Pro (Google Reader)』はデータがキャッシュとして保存されるので、オフラインでも記事の閲覧が可能です。『NewsRob Pro』はスター付きのアイテムが見られ、バナー広告も表示されません。キャッシュにも対応しています。


『Google Reader』はマルチアカウントに対応していることが魅力です。Twitterアカウントを想像してもらえれば分かりやすいと思いますが、複数のアカウントを持つことで、ニュースや事業関連のフィードを受け取るビジネス用と、趣味や音楽などのフィードを受け取るプライベート用とで使い分けることができます。情報を整理して管理できるので、とても便利です。


ただ、マルチアカウントを除いた基本的な機能はほぼ同等なので、あとは個人的な趣味で選んでいいのではないかと思います。

<総括>

Google公式のReaderアプリで、公式という安心感が欲しい方におすすめです。また、マルチアカウントに対応しているので、用途に応じて使い分けられるのが便利です。

Google Reader
Google Inc. Google Reader 無料
ダウンロードできません

『Google Reader』~マルチアカウントに対応!公式RSSリーダーアプリ~

上のQRコードを読み取ってAndroid端末でダウンロード

無料QRコードアプリ