カスタム好きに贈るオリジナル時計ウィジェット制作アプリ『Make Your Clock Widget Beta』

2011年05月14日 11:14 by ふじい りょう(Parsley)
Make Your Clock Widget Beta:メイン画面

Make Your Clock Widget Beta:メイン画面

今回ご紹介する『Make Your Clock Widget Beta』は、ユーザ自身がオリジナルのデジタル時計ウィジェットを作れるアプリです。


「デフォルトの時計では物足りない!」という方はぜひ試してみて欲しいです。使い勝手やデザイン、見やすさなどを考えて、自分だけの究極のカスタムウィジェットを作ってみましょう!


時計を完全カスタムメイド

アプリを起動し、メイン画面の「Designs Editor」をタップすると、時計の作成画面に移ります。まずはテンプレートのサイズを選びます。「4 icons wide」でちょうど端末画面の横幅と同じサイズになります。


一から作る場合は、画面の中央左にある「+」のアイコンをタップしてアイテム選びから始めることができますが、 慣れないうちは画面上部の左から2つ目にある「ファイル」のアイコンからテンプレートを呼び出して、それをカスタムしていくことをおすすめします。


テンプレートを呼び出すと、キャンパスエリアに時刻や年月日などのアイテムが現れます。キャンパス上の各アイテムをタップすると、各アイテムごとに設定エリアでカスタマイズが行えます。カスタマイズ項目には以下のようなものがあります。


  • Text:フォントのサイズや種類の設定
  • Color:色の変更や影の設定
  • Format:書式や形式などフォーマットの設定
  • Anchor:基点の設定
  • Tuning:アイテム配置位置の微調整


Make Your Clock Widget Beta:時計作成画面

Make Your Clock Widget Beta:時計作成画面


自分であちこち弄ってみて、好みのカスタムをしてみてください。完成したら、画面上部の左から3つ目にある「フロッピー」のアイコンをタップし、名前を決めてから保存しましょう。


いよいよウィジェット設置

実際に端末に配置する際は、アプリを一旦閉じて、ホーム画面を長押し→「ホーム画面に追加」→「ウィジェット」→「Make Your Clock」を選びましょう。


ウィジェットサイズを選び、「Template」より保存したデザインを呼び出して設置します。


Make Your Clock Widget Beta:ウィジェット設置画面

Make Your Clock Widget Beta:ウィジェット設置画面


メイン画面の「Designs Web Gallery」からは、世界中のユーザが作成した作品を見ることができます。デザインの参考になるので必見です。もちろん、自分の作品をアップすることも可能です。


Make Your Clock Widget Beta:「Designs Web Gallery」

Make Your Clock Widget Beta:「Designs Web Gallery」


端末の時計をかっこいいデザインのデジタルクロックにしたいと考えていた凝り性のアナタにぴったりの『Make Your Clock Widget Beta』。ぜひともオリジナリティ溢れる時計を作ってみて下さい!


なお、有料版の『Make Your Clock Pro (Beta)』では、天気のウィジェット作成も可能となって、さらにカスタマイズの幅が広がります。

<総括>

デジタル時計ウィジェット作成アプリです。日時や曜日などのパーツごとに位置や大きさ、色をカスタマイズすることができます。作成したデザインを公開することも可能です。

Make Your Clock Widget Beta
Tomas Hubalek Make Your Clock Widget Beta 無料

『Make Your Clock Widget Beta』~カスタム好きに贈るオリジナル時計ウィジェット制作アプリ~

上のQRコードを読み取ってAndroid端末でダウンロード

無料QRコードアプリ