『遅刻?』 ~目覚まし時計より頼りになる!?遅刻かどうかを一瞬で判断してくれるユニークなアプリ~

2011年05月20日 11:03 by Orange14
遅刻?:トップ画面

遅刻?:トップ画面

朝。少しでも長く寝ていたいと願う一方で、「あれ、こんな時間に起きてしまって、大丈夫なんだろうか?」、「いつもの時間より少し遅いけど、今から出かけて間に合うかな?」と心配になることってありませんか?僕自身、少しでも長く寝ていたいと思うため、目覚ましの時間はつねにギリギリ。うっかりと至福の二度寝をしてしまい、猛ダッシュで出かけることが多々あります。


「おはよう!」or「行ってきます!」の状態から、間に合うのか遅刻なのかを判断してくれるユニークなアプリ、その名もズバリ『遅刻?』をご紹介いたします。


まずは自分の朝の行動を登録しよう!

初めてアプリを起動させると『初期設定』をするようにコメントが出ますので、朝の「支度時間」と目的地までの「移動時間」、そして「到着時刻」を入力しましょう。また、遅刻してしまった時のために「遅刻時連絡先」を設定することもできます。これは後々役に立つので、設定しておくことをおすすめします。


遅刻?:支度時間設定画面

遅刻?:支度時間設定画面


「移動時間」と「支度時間」の設定項目はかなり細かく用意されています。登録の仕方のコツとして、同時に行う作業に関しては項目にだけチェックを入れて、一番時間のかかるものだけに時間の設定を入れるといいと思います。


時間に余裕があるときの「通常モード」と、大慌てで支度をするときの「高速モード」を登録することができます。僕は基本的に「高速モード」発動が常ですので、余裕を持って行動できるように生活を改めたいと思っていますが…。


遅刻する前にアプリで確認しよう!

朝、起きた状態であれば「おはよう!」、出かける直前であれば「行ってきます!」をトップ画面でタップしましょう。すでに登録してある情報から、「余裕!」「急げ!」「無理!」の3段階で判断してくれます。


遅刻?:「急げ」、「余裕」の場合の判断画面

遅刻?:「急げ」、「余裕」の場合の判断画面


「無理」な場合だと、初期設定できめた「遅刻時連絡先」が表示されます。ワンタッチで連絡できるので、あまり言いたくありませんが…と、とても便利です。この連絡を入れても、間に合ってくれたらよいのですが、本アプリはなかなか正確です。そうは問屋が卸してくれませんよ!


遅刻?:「無理」な場合の判断画面

遅刻?:「無理」な場合の判断画面

<総括>

ユーザのライフスタイルによって登録された「準備時間」と「通勤時間」から、遅刻をしないで済むか否かを判断してくれるおもしろいアプリ。自分の生活習慣を見直すにはもってこいです。忙しい朝をちょっと楽しくしてくれる、癒し効果も期待できます。

『遅刻?』 ~目覚まし時計より頼りになる!?遅刻かどうかを一瞬で判断してくれるユニークなアプリ~

上のQRコードを読み取ってAndroid端末でダウンロード

無料QRコードアプリ