アプリやブックマークを円形に表示させる機能的でカッコいいランチャー『CircleLauncher light』

2011年06月15日 11:08 by いのたしん
CircleLauncher light

CircleLauncher light

スマートフォンを使い慣れてくると、自分の用途に合ったアプリをどんどんインストールし、ホーム画面にアイコン表示するようになります。すると、いつの間にやらホーム画面はアイコンに埋め尽くされてしまい、必要な時に瞬時に目的のアプリを呼び出せなくなってしまいます。できればそんなことのないよう、ホーム画面はすっきりとまとめたいものです。


そこで今回ご紹介するのは『CircleLauncher Light』。ウィジェットをタップすると、選択したアプリ等を円状に表示してくれるランチャー系アプリです。ホーム画面の整理にはうってつけですよ。しかも、カッコイイです。


使い方はいたって簡単です。本アプリはウィジェットとして使用しますので、まずはホーム画面を長押しして、ウィジェットから『CircleLauncher Light』を選択しましょう。


CircleLauncher light:設定画面

CircleLauncher light:設定画面

かっこいい円状ランチャーの作り方
  1. 一番上の「Launcher Type」でランチャーに登録する項目を選択。「Show apps」を選択するとアプリ、「Show contacts」は連絡先、「Show bookmarks」はブックマークを登録可能
  2. その下の「Selected ○○○」(例:「Show apps」を選択すると、Selected apps」と表示)で、ランチャーに登録したいアプリなどを選択。表示したい項目にチェックボックスを入れるだけ
  3. 「Laucher label」でランチャーアイコンに表示したい名前を入力。(例:仕事用アプリを集めたランチャーなら「仕事用」など)


以上で基本的な設定は完了です。


ちなみに、「Backup and Restore」から「Backup configuration」を選択すると、設定をバックアップすることができます。


CircleLauncher light:ウィジェット設置例

CircleLauncher light:ウィジェット設置例

ウィジェットタップでランチャー出現

上記の設定完了後にホーム画面に戻ると、丸いウィジェットが表示されているはずです。それをタップすると、先ほど登録したアプリ等が、すばやく円状に表示されます。あとは目的のアイコンをタップすれば、アプリなどを起動できるというわけです。


また、円状にアイコンを表示させた状態で、中央の丸いウィジェットを長押しすると、各ウィジェットごとの設定画面が表示されます。「Launcher icon」→「Icon configuration」から中央の丸いウィジェットの色を選び、よりカッコよく、オシャレなランチャーにしてみましょう。


ちなみに、丸いウィジェットは、ホーム画面のスペース分だけ設置することができます。また、ホーム画面の端にウィジェットを設置した場合には、半円状に登録アイコンを表示するなど、配慮も行き届いています。


インストールしたアプリを項目ごとに分けて『CircleLauncher Light』に登録すれば、ホーム画面をかなりすっきりとさせることができ、また目的のアプリを素早く起動できるようになります。ホーム画面がごちゃごちゃで困っている方には、ぜひオススメしたいクールなランチャーです。


ちなみに有料版ではランチャーアイコンの変更、円形以外の表示方法などが選択できるようになっていますよ。

<総括>

登録したアプリや連絡先、ブックマークを円状に表示してくれるランチャーアプリ。ホーム画面をカッコ良く、オシャレに整理したい方には最適です。設定も簡単ですよ。

CircleLauncher light
db-ware CircleLauncher light 無料

『CircleLauncher light』~アプリやブックマークを円形に表示させる機能的でカッコいいランチャー~

上のQRコードを読み取ってAndroid端末でダウンロード

無料QRコードアプリ