超本格ファンタジーアドベンチャー!デザイン・操作性・ゲームバランス文句なし!迷わず買うべし。『Battleheart』

2011年07月09日 16:01 by segawear
リアルタイム戦術RPGの大本命『Battleheart』

リアルタイム戦術RPGの大本命『Battleheart』

こんにちは、@segawearです。


このゲーム「Battleheart」は、私自身がハマってしまい、レビューを書くだけのつもりが、すでに14時間もプレイしてしまったRPGゲームです。ヤバイです。超面白いです。デザインも操作性も良し、システムも考えられていてゲームバランスも最高と、アプリの完成度に文句なし。買って損なし!マジで面白いっす。



とりあえずは紹介動画をご覧ください。

※画面はiOSのもののようです。


ただ、このゲーム、全編英語なんです。まあ説明は読まなくても、この手のゲームによくあるシステムなので、なんとなくはわかると思います。しかし、ここはキッチリおすすめしたいので、チュートリアルの説明文を全て和訳しました。こちらを読んで、参考にしてください!いや、マジで面白いっす。


チュートリアル
ストーリー

おもむろにストーリーを語り出すルシル

ルシル「こんにちわ!私はルシル。王様にあなたを迎えるよう指示され派遣されました!」「ご存知のとおり、この地は極悪なモンスターたちによって包囲されています。」「王様はこの地の悪を駆逐するため、高潔な冒険者の部隊を指揮する司令官を探しています。」「そして、私はあなたがその中で最も優れた司令官だと信じています!」


トレーニング開始

トレーニングしてくれるとはありがたい

ルシル「しかしながら、あなたはたったいま到着したばかり。ですので、戦いの中であなたの部隊を指令する方法を練習する必要があります。」「練習用のグランドについてきて。はじめるわよ!」


シェパード登場

シェパード登場

ルシル「オーライ!ここが戦いのフィールドよ。はじめましょう!」「王様は戦いの方法を説明するために、最も優秀なナイトのひとり、シェパードを授けてくれました。」

シェパード「こんにちわ」


移動の練習

とりあえず移動の練習から。

ルシル「はじめに、移動の方法から練習していきましょう。」「シェパードをターゲットとなるエリアに動かすよう指示してみて。指で彼をタップし、そのまま矢印の位置までラインを引くようにドラッグするだけ。」「よくできました!簡単でしょ?」「同じように私のことも動かすことができるし、熟練した司令官なら4人まで同時に動かすことができるのよ。」


さらに移動の練習

さらに移動の練習を繰り返す

ルシル「もう少し練習してみましょう。今度はマークが複数出てくるから、私かシェパードのどちらかを、ターゲットとなるエリアまで動かすように指示してみて。」「だいたいお分かりいただけたかしら?では次の練習に移りましょう。」


人形相手にアタック!

人形相手にアタック!アターーック!

ルシル「今度はシェパードをトレーニング用の人形を相手に戦わせてみましょう。移動させるのと同じように、ターゲットに向かってラインを引くようにドラッグするだけ。」「ご覧のように、一度ターゲットに攻撃させたら、他の命令を受けるまで、またはターゲットを倒すまで攻撃を続けます。」



ゴブリンとの戦闘で傷ついていた!

なんと、ゴブリンとの戦闘で傷ついていた!

ルシル「ちょっとまって。。。シェパード、あなた怪我してるわね!」

シェパード「こんなのただのかすり傷ですよ、お嬢様。ここに来るまでの途中でちょっとゴブリン達に出くわしただけです。」

ルシル「司令官(あなたのことです)、シェパードをタップしてください。彼のステータスが頭の上に表示されるはずです。」「このように、彼はとても傷ついています。ただ幸運なことに、たまたまここにヒーラー(回復担当)である私がいますよ。」



回復!

回復!

ルシル「私にシェパードを回復させるように指示してみて。攻撃させるのと同じように、彼に向かってラインを引くようにドラッグするだけ。」

シェパード「ありがとうございます。お嬢様。」

@segawearコメント: このターゲティングを外すと、戦闘のど真ん中にルシルが移動してしまい、かなり辛いことになります(汗

聖職者の任務を熱く語る

聖職者の任務を熱く語る

ルシル「私は他の命令が与えられるまで、ターゲットとなるユニットを回復し続けるということを、覚えておいてね。」「聖職者として、この”回復”が私の戦場でのメイン任務よ。私は攻撃はできないし、他の人に守ってもらうことを頼りにしているの。」

シェパード「私も他の人の助けが必要です。私の装甲がいくら厚いとはいえ、助け(回復)がなければいつか倒れてしまいます。」



怪物コウモリ乱入!

練習用グランドに怪物コウモリ乱入!

ルシル「ちょ!上のほうになんかいるわよ!」「痛っ!怪物コウモリよ!シェパード、助けて!」

シェパード「私の装甲はルシルよりも厚いのでダメージを受けにくい。私にコウモリの注意を引くために、コウモリに向かって攻撃を開始するよう指示をくれ!」



モンスターの特性を熱く語る

モンスターの特性を熱く語る

シェパード「よくできた!多くのモンスターの知性は単純で、最も装甲の厚いユニットに向かって攻撃を開始することを好む。覚えておいてくれ。」

ルシル「シェパードのような戦闘要員がモンスターに攻撃すれば、モンスターは彼に向って攻撃を返すようになります。」「この事実をうまく利用して敵をコントロールすれば、戦闘を有利に進められるわよ。私のような装備の弱いユニットを守ってね!」



スペシャルパワーを熱く使う!

スペシャルパワーを熱く使う!

ルシル「私たち、2人ともダメージを負ってしまったようね。。だけどパワフルな回復魔法を使ってみるいいチャンスよ!」「まず、私を選択するために、タップしてみて。」「このとき(ユニットが選択されているとき)、スペシャルパワーが画面左上に見えているのがわかる?」「ここに見える私のスペシャルパワー「全体回復」の魔法を発動させるためには、そのアイコンをタップ!」



クールダウンが必要なのよ!

クールダウンが必要なのよ!

ルシル「スペシャルパワーは何度でも使えるけども、”クールダウン”の時間が必要なの。つまり、もう一度使うにはしばらく待つ必要がある、というわけ。」「それぞれのユニットは、それぞれ独自のスペシャルパワーを持っていて、ここぞ!という時に発動させれば、戦いの局面を優位に変えていくことができるわ。」



「締め」に入るルシル

「締め」に入るルシル

ルシル「以上、ここまでが戦いの基本・・・移動、攻撃、回復、そしてスペシャルパワー!」

シェパード「そろそろ司令官(あなたのことです)の準備もできたようだ。もしかしたら、我々は街に行ってすこし準備をしないといけないかな?」

ルシル「行こう!」



タウンメニューの説明

タウンメニューの説明

天の声「タウンメニューへようこそ!ここではパーティーを整えたり、装備やスペシャルパワーを管理できます。」「まずはチームを整えるために、”TAVERN(酒場)”に行って追加のメンバーを雇いましょう。」




タウンメニュー解説
タウンメニュー

タウンメニュー

一番上にあるのは「Battle!」。ここからフィールドを選択するとバトルが始まります。ですがその前に、まずはTAVERNに行って追加のメンバーを探したり、装備を確認したりして心の準備を行いましょう。




タウンメニュー一覧:

  • Armory:アーマリー(装備の変更、アップグレード)
  • Merchant:マーチャント(アイテムの購入、売却)
  • Academy:アカデミー(スペシャルパワーの設定)
  • Tavern:タバーン(酒場で仲間を雇う)
  • Keep:キープ(パーティメンバーの設定)


ここで、それぞれのタウンメニューを開いたときに出る説明文を全て和訳しました。参考にどうぞ!


Armory「アーマリー」

Armory「アーマリー」

アーマリー

「パーティーメンバーの装備を設定できます。画面上部のキャラをタップすることで、装備を行うメンバーを切り替えられます。」「現在の装備は画面左に、所有リストは画面右に表示されます。」「装備を変えるには、アイテムのアイコンを変更したい箇所にドラッグするだけ!」「最後に、ゴールドがあればアイテムをアップグレードできます。しかしながら、これは購入するよりも割高です。アップグレードが可能かどうかは、アイテムをタップしてみればわかります。」


Merchant「マーチャント」

Merchant「マーチャント」

マーチャント

「新しいアイテムを購入したり、不要になったアイテムを売却することができます。」「アイテムをタップするとその情報が表示されます。また装備できるキャラはアイコンが光るようになっています。」「購入できるアイテムはランダムです。これはバトルが終わる度にアップデートされます。新しいものを見つけるために、ちょくちょくチェックするといいですよ。」


Academy「アカデミー」

Academy「アカデミー」

アカデミー

「パーティーメンバーのスペシャルパワーを装備できます。パワーは、クラス(職業)によって特有です。」「5レベル毎に、新しいパワーを獲得できます。新しいパワーを獲得できるようになったら、ここで設定するのを忘れずに!」


Tavern「タバーン」

Tavern「タバーン」

タバーン

(特に説明なし。)

@segawearコメント:先ほど天の声で説明があったとおり、まずはここで仲間を揃えましょう。


Keep「キープ」

Keep「キープ」

キープ

「補欠のパーティーメンバーがここで待っています。フィールドに連れていけるのは4人まで。」「キャラをタップし画面上部のメイングループに表示させることで、連れていくメンバーを変更できます。」



パーティーメンバー紹介

ここまで、チュートリアルとタウンメニューの説明をかなりの意訳で翻訳してきましたが、ここからは@segawearのパーティーを少し紹介します。一応、これでクリアまで問題なくいけました。


Knight(ナイト)のShepherd(シェパード)

→盾役です。敵の注意引きつけ役。超重要です。


Cleric(聖職者)のLucille(ルシル)

→回復役です。この子がいないとどうしようもありません。


Rogue(ごろつき、ならず者)のRobin(ロビン)

→前衛アタッカー。メインのダメージディーラーです。すばやくて攻撃回数も多い!


Wizard(魔法使い)のThistle(シスル)

→後衛アタッカー。遠距離から範囲攻撃する役なのですが、この攻撃力が高い!



segawearパーティー

segawearパーティー


はじめ、わけもわからず「顔」だけで選んだ女性中心のパーティーですが、何かと絶妙なバランスを保ってくれました。ちなみに、それぞれの役割は、好みによって以下のメンバー達に置き換えが可能と考えられます。


  • 回復役に、Bard(吟遊詩人)のEdwardo(エドワード)
  • 盾役に、同じKnight系列Black Knight(暗黒騎士)、またはMonk(モンク)のFeung(フェーン)
  • 前衛アタッカーに、同じRogue系列Gustav(グスタフ)、またはBarbarian(野蛮人、バーサーカー的な)のGarrick(ガリック)もしくはBaelrosh(バエ・・・読めない・・・)
  • 後衛アタッカーに、同じWizard系列Bromswell(ブロムスウェル)またはWitch(魔女)のWynter(ウィンター)


やりこみ要素

このゲーム、全てのステージをクリアした後もやりこみ要素がありまして、まだ@segawearもやめられていません(汗


クリア後に訪れる場所、それはアリーナ。どうやら、ステージ2と3のアリーナで連続撃破数が一定数を超えると、マーチャントやアップグレードではゲットできない武器・防具が手に入るようです。ここで私がゲットしたのがモンクの武器と防具。こりゃフェーンを使ってあげないといけません。そんで使ってみたらフェーンの強いこと強いこと。


セカンドパーティー

セカンドパーティー

ということで、他のキャラも使ってみたくなりました。現在セカンドパーティー育成中。まだまだ楽しめそうです。


このゲームがオンライン対応じゃなくて良かった。これがオン対応だったら、廃人コースでした・・・


<総括>

超本格ファンタジーアドベンチャー『Battleheart』。デザイン良し、操作性良し。2011年7月時点のリアルタイム戦略RPG、いや Androidゲームの中で最高峰クラスだと思います。パーティー、武器・アカデミーなど良く考えられたシステムで、”ちょいムズ”のゲームバランスが最高です。ハマりすぎ注意。

『Battleheart』~超本格ファンタジーアドベンチャー!デザイン・操作性・ゲームバランス文句なし!迷わず買うべし。~

上のQRコードを読み取ってAndroid端末でダウンロード

無料QRコードアプリ