G-Shockファン待望の「G'zOne IS11CA」はタフさを追求する“漢(オトコ)の端末”だ!

2011年07月13日 08:22 by いのたしん
「G'zOne IS11CA」は漢の端末だ!

「G'zOne IS11CA」は漢の端末だ!

auの「IS」シリーズ端末にして、“G-SHOCK携帯”として知られるタフネス携帯G’zOneシリーズ。その伝説のシリーズが、ついにAndroid(アンドロイド)スマートフォン「G’zOne IS11CA」(以下G’zOne)をリリースすることになりました。


“G”の名を持つ同機種は、他のスマートフォントとは一線を画す独自性の強い端末に仕上がっています。以下では「G’zOne」がいかに“強く”て“タフ”なスマートフォンか、紹介していきたいと思います。


「G’zOne IS11CA」強さのポイント

  • 無骨でゴツイ!独特のデザイン
  • 防水・防塵・耐衝撃性能装備
  • 高輝度バックライト&ツインスピーカーなアウトドア仕様
  • アウトドアで役立つ「G’zGEAR」アプリ搭載
  • ワンタッチで指定の機能を実行する「ACTIVEキー」


※本記事は発売前の評価機を使って執筆しています。発売されるものと一部仕様が異なる場合があることをご了承ください。


無骨でゴツイ!独特のデザイン

まず目を引くのは、なんと言ってもそのデザインです。多くのスマートフォンが、その名の通りスマートかつスタイリッシュなデザインとなっている中で、「G’zOne」はG’zOneシリーズのデザインを継承し、重厚感とタフさを感じさせるものになっています。


ロック画面にはG’zOneシリーズらしい円形のデザインを採用。方位磁針機能も利用できる

ロック画面にはG’zOneシリーズらしい円形のデザインを採用。方位磁針機能も利用できる

正面からサイド、バックへと流れるバンパー構造は、その印象を強めるのに一役買っています。また、正面下部左右に配置された剥き出しのビスも、G’zOneシリーズらしい無骨さを際だたせています。


手に持った時にも心地のよい重量感を味わうことができます。


この無骨でゴツイ感じには、男性を中心に惹かれる方も多いはず。他のスマートフォンでは見られないこのデザインは、「G’zOne」を“漢の端末”だと言わせる最も大きなポイントでしょう。


カラーは光沢ありのブラック、カーキ、レッドの3色

カラーは光沢ありのブラック、カーキ、レッドの3色


防水・防塵・耐衝撃性能装備

G’zOneシリーズ最大の特徴といえば、やはり防水・防塵・耐衝撃性能です。もちろんAndroidスマートフォン「G’zOne」にも、その性能はしっかりと引き継がれています。


防水性能はIPX5/IPX8相当、防塵性能はIPX5相当の能力を装備。耐衝撃性に関しては、アメリカ国防総省制定のMIL規格(MIL-STD-810G Method 516.6 Procedure Ⅳ)準拠の落下試験をパスしています。聞きなれない言葉かもしれませんが、要は、多少ぬれたり、埃をかぶったりした程度ではビクともしないくらいタフな端末だということです。


高輝度バックライト&ツインスピーカーなアウトドア仕様

スマートフォンを外出先で使う際、太陽光が強いと画面が見づらかったり、周囲の騒音が大きいと端末の音声が聞き取りづらかったりしますよね。


「G’zOne」は、アウトドアでの利用を考慮して、高輝度バックライトとツインスピーカーを採用。夏の日差しが照りつけるビーチや流れ落ちる瀑布の近くでも、くっきりとした画像と音声を楽しめます。


 「G’zGEAR」ホーム画面。6つのアプリを有している

「G’zGEAR」ホーム画面。6つのアプリを有している

アウトドアで役立つ「G’zGEAR」アプリ搭載

G’zOneシリーズで特徴的なのが、アウトドアで役立つアプリ「G’zGEAR」の搭載。今回の「G’zOne」も、もちろんG’zGEARを標準装備しています。


現在や過去の気温と湿度を表示する「THERMO-METER」、全国100ポイントの潮汐情報を表示可能な「SEA TIDE」、ホーム画面で方位磁針と共に日本や世界の名山の方角も示してくれる「EARTH COMPASS」。


気温・湿度等を表示する「THERMO-METER」(左) 日本各地の潮汐情報を表示する「SEA TIDE」(右)

気温・湿度等を表示する「THERMO-METER」(左) 日本各地の潮汐情報を表示する「SEA TIDE」(右)


日の出・日の入りや月の出・月の入り等を確認できる「SUN / MOON」

日の出・日の入りや月の出・月の入り等を確認できる「SUN / MOON」

日本各地の地図上に旅の思い出や軌跡を記せる「TRIP MEMORY」、日の出・日の入りや月の出・月の入り等を確認できる「SUN / MOON」、現在地から見える星座をサーチできる「STAR PLATE」と合計6種類のツールを搭載しています。


キャンプや釣り、サーフィン、自然撮影、天体観測等、さまざまなアウトドアシーンで活用してくれそうな秀逸アプリが揃っています。


ワンタッチで指定の機能を実行する「ACTIVEキー」

「G’zOne」は、本体左側面に独自の物理キーである「ACTIVEキー」を装備しています。このキーには、マップアプリを立ち上げたり、電話帳を表示したりなど、特定の動作を割り当てることができます。


本体左側面にある「ACTIVEキー」

本体左側面にある「ACTIVEキー」


手が塞がりがちなアウトドアでは、いちいちホーム画面を立ち上げてからアプリを立ち上げるのは、面倒な作業です。そこでACTIVEキーによく使うアプリ等を登録しておけば、あとはホーム画面を立ち上げずともACTIVEキーの長押しだけで、目的のアプリを立ち上げたりできるようになるのです。


たとえばカメラアプリをACTIVEキーに割り当てておいて、美しい景色や珍しい生物に出会ったらすばやくカメラを起動して撮影、といった使い方も可能となります。


さいごに

「G’zOne」には、アウトドアシーンでの利用を考慮された機能が本当に満載。どちらかと言えばタウンユースのイメージが強いスマートフォンの中では、かなり異色の存在です。しかしそれだけに、こうした機能を待ち望んでいた人も多いはず。


アウトドアでスマートフォンを活用したいという方はもちろん、都会にいながらも“男らしさ”をアピールしたい方にも、ぜひオススメしたい機種と言えるでしょう。