様々な自動処理を実現させてくれる端末動作カスタマイズアプリ『Tasker』

2011年07月24日 15:05 by 一条 真人
Tasker

Tasker

Android(アンドロイド)スマートフォンは、メール、スケジューリング、音楽再生、音声通話、GPSによるマップ検索など様々な場面で利用できますが、一つひとつ状況に応じて最適な設定をするのは手間がかかります。また、特定の時間にいつも同じアプリを使うような場合、自分でいちいち起動するのも面倒です。


今回は、さまざまな操作を自動実行する設定を作れるアプリ『Tasker』をご紹介します。




具体的には、ある時間になったら音楽を鳴らす、GPS関連アプリを使っている間だけGPS機能をオンにする、バッテリがフル充電になったら音楽を鳴らして知らせてくれる、ヘッドフォンを接続したら音楽再生アプリを起動するなど、さまざまなことを自動化してくれます。


どんなことができる?

『Tasker』では“条件”と“処理”を組み合わせることで“自動処理”できるようにします。


  • 条件
    Context(コンテクスト)」と表記されており、アプリ、時間、日付、場所、状態 などから選択可能

  • 処理
    Task(タスク)」と表記されており、起動する、再生する、表示する、送信する などから選択可能

  • 自動処理
    Profile(プロファイル)」と表記されており、「この“条件”でこの“処理”を実行する」という、いわば一種のプログラミングのようなもの


ヘッドフォンを接続したら音楽アプリを起動

例として、ヘッドフォンを接続したら音楽アプリを起動するというProfileを作成する手順を紹介します。


  1. アプリを起動したら、画面下部の「New」をタップ
  2. Profile名を入力して「OK」。たとえば「Music-Headset」など
  3. Context一覧で「State」をタップ

  4. Tasker:プロファイル作成

    Tasker:プロファイル作成


  5. State(状態)リストで「Headset Plugged(ヘッドフォンを接続)」をタップ
  6. Stateの詳細としてヘッドセットのTypeを選択。「No Mic」を選択すれば、マイク接続が条件からはずれます。「Done」で選択完了

  7. Tasker:State設定

    Tasker:State設定


  8. Task選択メニューが表示されるので、「New Task +」をタップ
  9. 作成するTask名を入力して「OK」をタップ

  10. Tasker:Task作成

    Tasker:Task作成


  11. 「+」ボタンをタップ
  12. Actionのカテゴリがリスト表示されるので、「App」をタップ

  13. Tasker:Action設定

    Tasker:Action設定


  14. 「Load App」をタップ
  15. 実行したいアプリ、ここでは「音楽」をタップ

  16. Tasker:実行設定

    Tasker:実行設定


  17. 実行アプリに音楽を選択したのを確定するため「Done」をタップ
  18. タスク作成画面に戻るので、「Done」でタスクの作成を確定

  19. Tasker:Task確定

    Tasker:Task確定


    Tasker:Task実行

    Tasker:Task実行

  20. プロファイルリストに作成したタスクが追加されたので、「Apply」で有効化


これで、ヘッドフォンを挿すと音楽アプリが自動起動します。


有料アプリですが、期間限定の無料トライアル版もあり、デベロッパーのホームページからダウンロードすることができます。(※Android Market以外からのダウンロードとなります)

<総括>

多彩な条件と処理の組み合わせで、様々な動作を自動化してくれる便利なアプリです。しかし、多機能ゆえに、すぐに全てを使いこなすのは難しいかもしれません。じっくりと取り組むつもりで使うのがオススメのアプリです。

Tasker
Crafty Apps Tasker 399円

『Tasker』~様々な自動処理を実現させてくれる端末動作カスタマイズアプリ~

上のQRコードを読み取ってAndroid端末でダウンロード

無料QRコードアプリ