【FAQ】ボタン(キー)の使い方がわかりません。

2011年07月28日 11:11 by 編集部おおわだ

Androidの使い方FAQ


Q:ボタン(キー)の使い方がわかりません。


A:押すとホーム画面に戻ったり、1つ前の画面に戻ったり、メニューを表示させることができます。


Androidの操作ボタン

Androidの操作ボタン

端末の画面の下には、いくつかの操作ボタン(キー)が付いています。機種によって数や位置は異なりますが、各ボタンに割り当てられた操作はほとんど同じです。


ここでは、多くのAndroid端末に共通するボタンの基本的な使い方を紹介します。


Androidの基本ボタン

多くのAndroid端末には画面下部にメニュー、ホーム、戻るの3つのボタン(機種によっては、検索ボタンが付いてます)、本体の側面や上部に電源ボタンが付いています。


各ボタンには「押す」と「長押し」の2つの操作が割り当てられていることが多いです。


Android端末の基本的な操作ボタンは3つ

Android端末の基本的な操作ボタンは3つ


それでは、この基本的な操作ボタン3つと電源ボタンの役割をご紹介します。


※更新:2012年8月7日に記事を更新しました。

※以下の画像はGALAXY S II LTE SC-03Dで撮影しました。機種によって見え方などが少し異なります。


ホームボタン

  • 押す:「ホーム画面」に戻る


どんな操作をしていても、ホームボタンを押すとホーム画面に戻ります。また、ホームアプリをインストールしている場合は、「アプリケーションを選択」という画面が現れ、ホームアプリの選択ができます。


ホーム画面については「ホーム画面で何ができるんですか?」という記事もご参照ください。


  • 長押し:アプリの使用履歴や起動中のアプリを表示


使用したアプリの一覧や起動中のアプリが表示されます。機種によって表示内容は異なります。


機種によっては、この画面から「アプリを終了する(タスクキル)」することができます。タスクマネージャアプリを使うことなく簡単にアプリの管理ができるので、活用してみてください。


ホームボタンを「押す」(左)ホームボタンを「長押し」(右)

ホームボタンを「押す」(左)ホームボタンを「長押し」(右


起動中のアプリについては、「“起動中のアプリ”って何ですか?」という記事もご参照ください。


メニューボタン

  • 押す:設定などのメニューが表示される


ホーム画面の下部に「設定」や「壁紙」といったメニュー項目が表示されます。表示される項目は機種によって異なりますが、壁紙の変更やウィジェットの追加ができます。


  • 長押し:特になし


メニューボタンの長押しには、何も操作が割り当てられていない機種が多いです。キーボードの表示や、検索入力画面になる機種もあります。


メニューボタンを「押す」(左)メニューボタンを「長押し」。機種によっては何も表示されない場合もあります(右)

メニューボタンを「押す」(左)メニューボタンを「長押し」。機種によっては何も表示されない場合もあります(右)


戻るボタン

  • 押す:直前の画面に戻る


1つ前の画面に戻ることができます。アプリ使用時も同様ですが、アプリによっては戻るボタンを押すと、アプリが終了してホーム画面に戻ってしまう場合もありますので、ご注意ください。


  • 長押し:特になし


電源ボタン

  • 押す:スリープモードになる


スリープ状態(※)に入り、画面がロックされます。カバンの中に入れて移動する際などに使いましょう。スリープ状態に入っている時に「押す」と画面が点灯し、ロックを解除すれば再び端末を使用できます。


※スリープは、名前の通りAndroid端末を“眠らせる”機能。主要な機能以外は文字通り眠っているので、バッテリーの消費電力を低減できます。


  • 長押し:電源をOFFにする。機内モードにする等


「通話オプション」が現れ、マナーモードや機内モードのON/OFFや、電源を切ることができます。端末の電源を切る場合は、必ず電源ボタンの長押しで行います。


機内モードについては、「機内モードって何ですか?どういう時に使うんですか?」という記事もご参照ください。


電源ボタンを「押す」(左)電源ボタンを「長押し」(右)

電源ボタンを「押す」(左)電源ボタンを「長押し」(右)


上記で紹介したボタン以外にも、音量ボタンや検索ボタンなどがついている端末もあります。機種によってボタンの役割や位置は異なりますので、詳しくは各Android端末の取扱説明書やホームページでご確認ください。