Windows Media Playerで音楽ファイルを端末に転送する方法~Androidで音楽を楽しむTips~

端末へ転送する際の注意点

Androidのプレーヤーアプリを起動して、音楽ファイルの転送を確認

Androidのプレーヤーアプリを起動して、音楽ファイルの転送を確認

ご覧のように、WMPだけでもAndroidへ音楽ファイルを簡単にコピーすることができます。ここではWindows 7のWMP12を使っていますが、XPやVistaのWMP11でも同じような操作でファイルをコピーすることができます。ただし、注意点があります。

 

 

WMPには“同期”と表示されていますが、厳密には“同期”ではなく単に“コピー”しているだけです。PCの再生リストからファイルを消して“同期”させてもSDカード内のファイルを消してはくれません。PCと同じリストにする場合は、手作業でファイルの管理をする必要があります。

 

しかし、WMPでは接続されているAndroid端末が画面に表示され、SDカード内のファイルが見られるようになっています。ファイルの削除や追加も画面上で行えます。その点は、各々の画面で削除や追加を行わないといけないiTunesよりも、ひとつの画面で処理ができるWMPの方が少し便利に使えます。

 

画面左側の項目に、認識されているAndroid端末を表示

画面左側の項目に、認識されているAndroid端末を表示

 

このように、Windowsの標準機能であるWMPでもAndroidへ音楽ファイルを転送することが可能です。ただし、これらの使い方は一番基本的な機能が使えるというだけで、専用のソフトやアプリを使えば、Wi-Fi経由で同期するなど、さらに便利に使うことができます。WMPでもの足りなくなってきたら、これまでに紹介されている転送ソフトやアプリを参考にしてみてください。いずれもWindows版、Mac版の両方があります。

 

  • Winamp
    Wi-Fi経由で音楽ファイルを同期

 

 

  • Windows版 iSyncr
    専用PCソフトなしでiTunes のプレイリストをAndroidでも聴けるようになるアプリ

 

他にも、Androidのプレーヤーアプリはさまざまなものがあります。WALKMANでは不可能な、スマホならではの使い方ができたり、いろいろ試してみると楽しいです。

 

編集部のおすすめプレーヤーアプリも紹介した記事もありますので、ぜひお気に入りを見つけてみてください。

 

Androidで音楽ライフを満喫!おすすめ音楽プレーヤーアプリ5選

 

また、iTunesで音楽ファイルを管理されている方は、iTunesで音楽ファイルを端末に転送する方法~Androidで音楽を楽しむTips~をご参照ください。

 

こちらの記事もご覧ください。