写真がアートになる!そのまま投稿もできる人気画像加工サイトの公式アプリ『IMAGING SQUARE』

2011年10月08日 14:06 by ちえ
IMAGING SQUARE:ドーナツの写真を変換(水彩)

IMAGING SQUARE:ドーナツの写真を変換(水彩)

デジカメや携帯電話で撮影した画像をどのように管理していますか?そのまま保管している人、mixiTwitterなどのSNSでみんなと共有する人など様々だと思います。中には、お気に入りの写真をよりオシャレに加工して楽しむ人もいるのではないでしょうか?そんな人におすすめしたいのが、『IMAGING SQUARE』。CASIOが提供する「IMAGING SQUARE」というWebサービスの公式版アプリです。


本格的な画像レタッチをサイト上で行い、そのままWeb上で他のユーザと共有できます。SNSへの画像投稿も簡単にできますよ。


なお、IMAGING SQUAREの画像変換はアプリではなく、サーバー上で行う仕組みとなっています。そのため、3G接続またはWi-Fi接続環境がないと利用できませんのでご注意ください。


本アプリを使えば下記のように何気ない写真がワンタップで、アーティスティックな画像に早変わりします。絵葉書などにも使えそうです。


IMAGING SQUARE:バーガーの写真を変換(エアブラシ)

IMAGING SQUARE:バーガーの写真を変換(エアブラシ)


それでは手順をご紹介します。


IMAGING SQUARE:トップページから会員登録

IMAGING SQUARE:トップページから会員登録


会員登録をしよう

『IMAGING SQUARE』を利用するには会員登録が必要です。未登録の方は、「会員登録」から新規会員登録しましょう。メールアドレス、パスワードを入力するだけでOKです。基本サービスは無料で利用することができます。


また登録をしなくても、「アートを体験してみよう!」から簡単な画像変換のイメージをつかむこともできます。しかしこの場合は画像の保存はできません。


IMAGING SQUARE

IMAGING SQUARE


豊富な画像変換メニューが魅力

会員登録をしたら、ログインしてみましょう。ログインすると会員向けのトップページに切り替わります。


「マイアトリエ」をタップすると、変換した画像の種別ごとにフォルダ分けして表示されます。では、早速端末内の画像で画像変換をしてみましょう。マイアトリエの右下にある「追加」をタップすると、画像の選択かカメラの起動を選べます。画像を決めると、どのように変換するかを選択できます。変換種別は以下の通りです。


バーチャルペインター:画像を絵画風に変換できるサービスで、12種類のパターンから選択できます。


  • 油彩
  • 重厚な油彩
  • ゴシック油彩
  • 野獣派油彩
  • 水彩
  • ガッシュ
  • パステル
  • 色鉛筆
  • 淡彩点描
  • シルクスクリーン
  • ドローイング
  • エアブラシ


HDRアートクラフト:カシオ独自の画像変換技術で、画像のコントラストや彩度の強弱を部分的に変化させることで全く新しいアート作品を作り出すモード。


ダイナミックフォト:被写体の切り抜き、合成といった写真の加工ができるサービス。


  • 切抜き→合成する素材を作るモード。
  • 合成→切抜きモードで作成した素材を他の写真に合成できるモード。


文字合成:画像に文字を挿入できます。


アーティスティックな画像を作ってみよう

豊富なモード説明をしてきましたが、ここからは変換方法をご紹介します。


それではまず、バーチャルペインターの油彩モードを使用してみました。画像を開いて、下部の「変換」をタップすると変換種別を選択でき、すぐに変換が始まります。あとは、変換済みの画像を保存するとマイアトリエに追加されます。


IMAGING SQUARE:変換元の画像選択(左)油彩を選択後の画像(右)

IMAGING SQUARE:変換元の画像選択(左)油彩を選択後の画像(右)


ダイナミックフォトで個性的な画像を作ろう!

複数の画像を合成できるダイナミックフォトモードも使ってみましょう。変換種別から「ダイナミックフォト・切抜き」を選択します。元画像の切り抜きたい部分をペンで指定して「実行」を押すと素材が切り抜かれます。はじめは境界線が荒いので、「背景を描く」と「背景を消す」で微調整するときれいに範囲指定できます。最後に「実行」をタップすると素材が保存されます。


IMAGING SQUARE:ダイナミックフォト切抜き範囲選択(左)編集後画面(右)

IMAGING SQUARE:ダイナミックフォト切抜き範囲選択(左)編集後画面(右)


合成したい画像を開き、変換→「ダイナミックフォト・合成」を選択します。先ほど作成した素材一覧から使いたい素材を選択すると、合成元画像の上に素材が貼り付きます。指で位置を自在に変えられる他、素材の大きさも変えることができます。素材の切り抜き方で、色々な画像が作れるのは楽しいですね!


IMAGING SQUARE:ダイナミックフォト合成元写真選択画面(左)編集後画面(右)

IMAGING SQUARE:ダイナミックフォト合成元写真選択画面(左)編集後画面(右)


IMAGING SQUARE:投稿画面

IMAGING SQUARE:投稿画面


作った画像を共有しよう

本アプリで作成した画像はサーバー上にアップされています。マイアトリエから閲覧できるほか、ダウンロードや投稿ができます。


マイアトリエから画像を選択すると、様々な操作ができます。画像にコメントをつけられ、タイトル、内容説明を追加できたり、投稿ギャラリーに投稿することもできます。「設定」でTwitter、Facebookアカウントに連携すると、同時投稿も可能です。コメント、拡大表示、ダウンロードの許可を選択できるほか、カテゴリーを設定することもできますよ。


また、マイアトリエ→メニューから画像の削除、回転、コメント、壁紙設定、ダウンロードの操作を行えます。


IMAGING SQUARE:投稿ギャラリー

IMAGING SQUARE:投稿ギャラリー

トップページから「投稿ギャラリー」を選択すると、他のユーザの画像を見られます。ユーザの画像にFacebookのいいね!に当たる「グッド!」を付けられる他、コメントをつけることもできます。画像だけで繋がれるのはうれしいですよね。


「IMAGING SQUARE」は無料で1GBのストレージ容量を利用できますが、月額315円の有料会員になるとストレージ容量が2GBに拡大し、パソコンから利用できるレタッチ種別が4種類増加します。また、無料会員の場合ダウンロード画像にサービスロゴが入りますが、有料会員になるとロゴがなくなります。


11月以降はパソコンから利用できる無料サービスが利用できなくなるので、パソコンからも利用される方は有料サービスの利用も検討してみてはいかがでしょうか。


※本アプリはAndroid2.2以上対応となります。ご注意ください。

<総括>

CASIOが公式に運営する画像コミュニティサイト「IMAGING SQUARE」のAndroid公式アプリです。サーバー上で画像を芸術的な絵画のようにレタッチすることができます。複数の画像を切り抜き、合成できるダイナミックフォトモードも魅力的です。編集、アップロードした写真は投稿ギャラリーに投稿して他ユーザと共有することもでき、Twitter、Facebookとの連携も可能です。撮りためてしまった写真が印象的な一枚に変わります。ぜひお試しください。

IMAGING SQUARE
CASIO COMPUTER CO., LTD. IMAGING SQUARE 無料
ダウンロードできません

『IMAGING SQUARE』~写真がアートになる!そのまま投稿もできる人気画像加工サイトの公式アプリ~

上のQRコードを読み取ってAndroid端末でダウンロード

無料QRコードアプリ