認識率の高さに驚く手書き文字入力アプリ『7notes with mazec (手書き日本語入力)』

2012年07月12日 16:00 by はぎぞー
7notes with mazec (手書き日本語入力)

7notes with mazec (手書き日本語入力)

Android端末を買ったものの、フリック入力がどうしても苦手でメールを打つのが面倒だという方に、手書きで文字を入力できる『7notes with mazec (手書き日本語入力)』をご紹介します。


“手書き入力”と聞くと、ちゃんと認識してくれるの?と不安が頭をよぎりますが、本アプリは驚くほど高い精度で文字を認識してくれます。


さらに、誤認識してしまったとしても簡単に修正できます。書いたメモをそのままSNSに投稿できるうれしい機能付き!紙に書くように文字入力を楽しみましょう。


文字入力については、こちらも参照ください。



※画像は、『Evernote』の新規ノート画面を利用しています。


更新:2012年7月12日に記事を更新しました。


手書きで文字入力に挑戦

7notes with mazec (手書き日本語入力):入力画面

7notes with mazec (手書き日本語入力):入力画面

使い方はとても簡単で、手書き(指先)で文字を入力するだけ。画面を見てわかるとおり、1文字ずつの枠がなく、どんどん右に書いていけばOKです。


右端の色みが異なるところに文字がかかると、入力欄は自動的に左へスクロールし、入力欄上部の矢印で戻れます。


ただし、文字のパーツが離れ過ぎると2文字に認識されてしまったり、反対に2つの文字が近過ぎると1文字に認識されてしまったりするので、少しだけ慣れが必要です。このような誤認識は簡単に直せるので心配無用です。詳しくは後述します。


平仮名・漢字が混ざっても変換可能

7notes with mazec (手書き日本語入力):「Delete All」と「Delete Character」

7notes with mazec (手書き日本語入力):「Delete All」と「Delete Character」

日本語は平仮名と漢字を混在して入力することもでき、非常に便利ですよ!「天き」と書くとちゃんと「天気」が変換候補に表示されます。


間違って入力してしまったら、画面下部の「Delete」をタップすれば、一筆ごとに前へ戻れます。


また「Delete」を長押しすると、全削除の「Delete All」と、1文字削除の「Delete Character」を選択できます。


さらに、入力欄左下の「Menu」からマッシュルームアプリも利用できます。文字入力がさらに楽しくなりますね。


誤入力を簡単に修正できる

入力した文字が誤認識されてしまった場合は、文字の下に表示される「∧」マークをタップしましょう。類似した文字候補が表示され、その中から変換し直せます。この時「消す」をタップすると、その文字を消すことができます。


また文字をスライドすれば、パーツが離れたことで2文字に誤認識された文字も、前の文字と合体させ、1文字として認識させることが可能です。


複数ある文字列の途中で、文字を消して空いた隙間に新しく文字を入力すると、再度文字列全体が変換できるようになるので、使い勝手は非常にいいです。カーソルの移動や改行も、画面下部のボタンから簡単に操作できます。


7notes with mazec (手書き日本語入力):「∧」マークをタップすると、類似した文字候補が表示される

7notes with mazec (手書き日本語入力):「∧」マークをタップすると、類似した文字候補が表示される


ちなみに、β版では一発で認識しづらかった「ふ」も変換できるようになっており、かなり認識率が上がっているように感じました。すばらしい!


ここまで読んで気になったら、ダウンロード
アプリをダウンロード


付属メモアプリの変換機能も高精度!

実は本アプリをインストールすると、メモアプリ『7notes』もインストールされます。


ドロワーから『7notes with mazec (手書き日本語入力)』をタップで、起動できます。このアプリの「後から変換」機能がすごいんです。


入力欄左下の「Menu」を長押しすると、「Stroke」という手書き文字がそのまま反映される入力モードを選択できるようになります。


「後から変換」は、この「Stroke」モードで書き流した文字を、まとめて一気にテキストデータに変換できる機能です。画面を長押しすると、選択できます。精度も高く、驚きます!ぜひ利用してみてください。


7notes with mazec (手書き日本語入力):『7notes』でテキストをまとめて変換できる「後から変換」機能

7notes with mazec (手書き日本語入力):『7notes』でテキストをまとめて変換できる「後から変換」機能


しかも、メモしたテキストは『Twitter』や『Facebook』、『Evernote』にそのまま投稿できます。


7notes with mazec (手書き日本語入力):SNS連携先選択画面

7notes with mazec (手書き日本語入力):SNS連携先選択画面

利用するには端末メニュー→「設定」から、あらかじめSNSのアカウントを入力しておきましょう。


投稿方法は、端末メニュー→「連携」から投稿先を選択するだけです。個々のアプリを立ち上げる必要がなくスムーズ!思いついたことを記録しておくのに便利ですよ。


最後に、本アプリを使用するには、まず端末メニュー→「設定」→「言語とキーボード」で『7notes with mazec (手書き日本語入力)』にチェックを入れる必要があります。次に文字入力画面を長押しして、入力方法で本アプリを選択すると、使用できるようになります。


フリック入力が苦手という人もそうでない人も、とても新鮮に感じられるのでぜひ試してみてください。


本アプリには、10日間の試用版『7notes with mazec 体験版』があります。まずは試用版を使って、機能のすばらしさを体感してみてはいかがでしょうか。

<総括>

認識精度が非常に高く、修正も簡単なのが魅力的な手書き文字入力アプリです。検索窓の入力からメール作成まで、何にでも抵抗なく利用できます。もしかしたらフリック入力より速く入力できるかもしれません。スマホでの文字入力が苦手な方にすごくおすすめです。

7notes with mazec (手書き日本語入力)
MetaMoJi Corp. 7notes with mazec (手書き日本語入力) 980円

『7notes with mazec (手書き日本語入力)』~認識率の高さに驚く手書き文字入力アプリ~

上のQRコードを読み取ってAndroid端末でダウンロード

無料QRコードアプリ