『AR Shooting』~仮想現実で銃を撃てるアプリを使って気になるあの人を狙い撃て!~

AR Shooting

AR Shooting

<概要・魅力>

『AR Shooting』は、AR(拡張現実)技術を用いて現実の風景に向け射撃ができるアプリです。


撃った時の銃の動きや、弾の発射された瞬間の火花が出るアニメーションと、端末の振動、発射音は臨場感があっておもしろいです。銃は7種類から選べ、ライフルなどが使えます。


自分のデスクからこっそり誰かに狙いを定めて撃って、仕事で溜まったストレスを発散させたり、宴会の盛り上げネタに利用して遊べます。


<機能・特徴>

アプリを起動させるとカメラを通して、現実の風景が出ます。端末画面の下には、銃が表示されるので画面をタップすると銃を撃てます。


画面下部右の銃のイラストをタップすると、銃の一覧が出るので使用したい銃を選べます。左の箱には、手元にある弾数が表示されています。弾数は決まっているので、0になったら箱のイラストをタップして補充します。銃と箱のイラストの間には、使用する銃によって表示内容が違うボードが出ます。「OPTICAL SIGHT」は照準器の変更、「3 ROUND BURST」「SEMI AUTO」と出たら、銃弾の連射数の変更ができます。


有料版『AR Shooting Ultimate』では、使える銃器がさらに増えます。

こちらの記事もご覧ください。