ビジネスマン必見の時短アプリ!ホワイトボードを美しく撮影/編集/配布できる『白板会議室』

2011年11月11日 13:04 by 編集部しみず
白板会議室

白板会議室

会議や講義終了後のホワイトボードの内容をどのように記録していますか?手書きで議事録をとったり、デジカメで撮影する人もいると思いますが、時間がかかるしうまく撮影できないことも多いと思います。そんな時には『白板会議室』を使いましょう。よりスマートにそしてきれいにホワイトボードの記録を残せます。


本アプリでホワイトボードを撮影すると、自動で認識し、ワンタップで台形補正してくれます。明るさや向きを調整でき、デジカメで撮るよりもきれいに保存できます。それだけではありません!撮影したホワイトボードの編集ができ、「吹き出し」や「矢印」、「テキスト」を挿入できます。さらには編集したホワイトボードの画像をPDF形式で保存でき、そのまま複数のアドレスに送信することもできるのです。簡易的な議事録を作成することも可能です。本アプリひとつあれば、会議後の作業をスムーズに行えますよ。それでは、撮影/編集/配布の3ステップをご紹介します。


3ステップ!ホワイトボードをすばやくきれいに保存しよう

ホワイトボードを撮影する

アプリ起動後、「通常」を選択し、ホワイトボードを撮影しました。自動でホワイトボードを判別してくれますが、4隅をドラッグすれば手動で調整できます。次に「補正」をタップで台形補正してくれます。台形補正後の画面で回転や、コントラストを調整しましょう。


「連続」ではあらかじめ写真を複数枚撮影しておくことができ、後から補正・編集ができます。写真は起動画面の「写真一覧」に保存され、ここから選択できます。「クイック」は自動で認識してくれる作業を飛ばし、撮影後すぐ編集画面に移動します。移動後に「補正」から台形補正することも可能です。


また、本アプリには「白板会議室 速撮」ウィジェットが用意されています。ウィジェットをタップすると撮影画面が直接起動し、上記の「クイック」撮影と同様に使用できます。あらかじめホーム画面に設置しておくと、よりスムーズに撮影できます。


白板会議室:起動画面(左)ホワイトボードを撮影後、切り取る場所を調整(右)

白板会議室:起動画面(左)ホワイトボードを撮影後、切り取る場所を調整(右)


編集する

補正画面下のメニュー「編集」をタップ。編集メニューは、左から吹き出し・矢印の挿入、テキストの挿入、ペン、画面の移動、一作業戻るです。挿入した矢印や文字をロングタップすると、カラーやサイズ、テキスト、位置などの変更が可能です。


編集を終えたら「保存」をタップ。プロジェクト選択画面が表示されます。関連した内容の写真は同じプロジェクトに保存しておくと、後々確認しやすいですよ。プロジェクト画面のメニューからは、プロジェクトのタイトルを変更できたり、テキスト形式で簡易議事録の作成ができます。


白板会議室:編集画面(左)議事録作成画面(右)

白板会議室:編集画面(左)議事録作成画面(右)


白板会議室:メール送信画面

白板会議室:メール送信画面

配布する

起動画面の「写真一覧」などから補正・編集したホワイトボードの画像を選択しましょう。メニューボタンから共有やメール送信ができます。「メール送信」画面では画像をPDFまたはJPEG形式で保存できます。余白やページサイズを指定して、あとは会議のメンバーに送信するだけです。


なお、本アプリで保存できる写真は10枚までです。有料の『白板会議室 ライセンスキー』を購入することで、無制限に保存できるようになり、広告も非表示になります。まずは本アプリで使い勝手を試してみてはいかがでしょうか。

<総括>

ホワイトボードをきれいに保存できるアプリ。撮影後、補正やコントラストの調整ができ、編集も可能です。共有機能も優れていて、PDF形式で保存しそのまま複数のアドレスに送信できます。会議の後の一連の作業がスムーズになりますよ。使用したところ、台形補正が便利でした。慌ててノートに書き写さなくても、後からゆっくり議事録に起こせるので重宝しそうです。

白板会議室
ELECOM CO.,LTD. 白板会議室 無料

『白板会議室』~ビジネスマン必見の時短アプリ!ホワイトボードを美しく撮影/編集/配布できる~

上のQRコードを読み取ってAndroid端末でダウンロード

無料QRコードアプリ