iPhone 4Sの「Siri」機能がAndroidに登場!?音声アシスタント機能を体験『iris. (alpha)』

2011年11月15日 13:03 by はぎぞー
iris. (alpha)

iris. (alpha)

iPhone4Sに搭載された話題の音声認識アプリSiri』と類似した機能を持つ『iris. (alpha)』を紹介します。アプリ名がなかなかシャレが効いており、『Siri』を逆さまから読んだものになっています。ユニークですね。


本家同様で日本語に対応していないため、実用性はまだありませんが、気になるその機能を早速使ってみました。英会話ができる方であれば、想像以上に楽しめます!無料ですので、ぜひ一度試してみてください。


『iris. (alpha)』と会話してみた

まず初めに『Siri』とは、iPhone4Sに搭載されている音声アシスタント機能です。端末に話しかけることで、会話の内容を認識し、スケジュールや天候を教えてくれたりと、必要に応じた情報を引き出してくれます。


本アプリでも似たような機能を使えます。使い方は簡単です。ホーム画面の丸いボタンをタップして音声入力画面に切り替わったら、端末に話しかけるだけ!「who are you」と話しかけてみたところ、ちゃんと聞き取ってくれました。


なお、本アプリが聞き取った英語と、返してくれる英語はスピーカーから流れるので、マナーモードを解除した方が楽しめます。会話をやり直す場合は、丸いボタンをロングタップ(長押し)しましょう。


iris. (alpha):ホーム画面(左)結果画面(右)

iris. (alpha):ホーム画面(左)結果画面(右)


『iris. (alpha)』は意外と賢い

画像は、筆者のツタナイ英語で話しかけた結果です。実際に使用してみたところ、機能を呼び出す用途でなくても会話が成立。スムーズとはいきませんが、質問内容を理解してくれて、日常会話を楽しめました。


きれいな英語で話しかけることができれば、「○○が見たい」と話しかけると、サイトから画像や動画を引っ張ってきてくれたり、本家『Siri』のように天候を教えてくれたりします。また、連絡先が英語で登録されている人であれば、電話をかけたり、メールを送ることもできます。非常に優れた機能を持っていることがわかります。


iris. (alpha):会話を続けた様子。サイト検索も可能

iris. (alpha):会話を続けた様子。サイト検索も可能


ちなみに、画面に表示された文をロングタップ(長押し)すると、会話内容をクリップボードにコピーできます。いつか日本語に対応してくれたらうれしいですね。バージョンアップに期待しましょう。


なお、音声を認識する際に日本語として認識される場合が多かったので、気になる方は、端末の設定メニューから「音声入出力」→「音声認識装置の設定」→“言語”を英語にしてみてください。

<総括>

iPhone4Sで話題の音声認識アプリ『Siri』と似た機能を持つアプリです。会話内容を理解し、質問に答えてくれます。現状は英語にしか対応しておらず、まだまだ実用的ではありません。自分の発音のだめっぷりがわかるお遊びアプリになってしまっていますが、英語であればWeb検索や機能の呼び出しもできたりします。未来を少し感じることができる楽しいアプリです。

iris. (alpha)
Dexetra iris. (alpha) 無料

『iris. (alpha)』~iPhone 4Sの「Siri」機能がAndroidに登場!?音声アシスタント機能を体験~

上のQRコードを読み取ってAndroid端末でダウンロード

無料QRコードアプリ