まるでiPhoneのフォルダ!機能充実のアイコン整理ができるウィジェット『IPhoneスタイルフォルダ』

2011年11月20日 13:03 by 編集部やの
IPhoneスタイルフォルダ

IPhoneスタイルフォルダ

『IPhoneスタイルフォルダ』は、フォルダをiPhoneのフォルダに似たデザインにできるウィジェットです。


1つのウィジェットに最大16個のアイコンを収納でき、アプリアイコンだけでなく特定の電話番号やブックマークも登録できます。また、ウィジェットを起動させると、フォルダが開いた状態になり見やすく表示されます。


アイコンをタップすればすぐにアプリを起動できるので、ホーム画面がアイコンで埋まらないように整理整頓できます。ウィジェットに名前をつけて管理もでき、使いやすくシンプルなデザインが魅力的です。iPhoneのフォルダよりも充実した機能が楽しめます。この他にも、iPhoneユーザに自慢できるアプリを多数紹介しています。併せてチェックしてみてください。


IPhoneスタイルフォルダ:ウィジェット作成画面

IPhoneスタイルフォルダ:ウィジェット作成画面


ウィジェットの作成

端末ボタンメニュー→「追加」もしくは、ホーム画面の長押しから「ウィジェット」を選択してください。


ウィジェット選択画面に「iPhoneスタイルのフォルダ」が、表示されます。4もしくは9個のアイコンをホーム画面のウィジェット上に表示できるので、青色のバーを左右に動かして「4」か「9」を選択しましょう。次に「フォルダ名」に名前をつけます。「ゲーム」や「クーポン」などと付ければ、使いやすいようにアプリの整理ができます。


最後に、左にある「□」をタップすると、収納するアプリを選択する画面が表示されるので、アイコンをタップして選びましょう。画面右上にある「適用」を 押して から「フォルダ作成」をタップすると、ホーム画面にウィジェットが配置されます。


前述の通りウィジェットに収納するアイコンは、電話番号やブックマークも入れられます。アプリの選択画面左上の「選択」からアプリケーション、電話、ブックマークとカテゴリ選択できるので、任意のカテゴリを選んでください。画面下部には、選んだアイコンが表示されます。このアイコンをタップすれば、選択が解除されます。


IPhoneスタイルフォルダ:アプリの選択(左)カテゴリ選択(右)

IPhoneスタイルフォルダ:アプリの選択(左)カテゴリ選択(右)


先に「フォルダ作成」をして、アプリも名前も入れていない空のウィジェットからでも、カスタマイズできます。なお、フォルダの左上にある歯車のアイコンから、名前入力やアプリの追加が行えます。

<総括>

1つのウィジェットにアプリなどを最大16個収納できます。iPhoneを思わせるデザインなだけあって、ホーム画面の雰囲気が変わります。アプリの整理だけでなく、よくかける電話番号を入れておけばグループ分けした電話帳としても使えます。

IPhoneスタイルフォルダ
appcreator IPhoneスタイルフォルダ $1.78

『IPhoneスタイルフォルダ』~まるでiPhoneのフォルダ!機能充実のアイコン整理ができるウィジェット~

上のQRコードを読み取ってAndroid端末でダウンロード

無料QRコードアプリ