Twitterでフォローし合っていたら電話番号を知らなくても無料で話せる!『OnSay』

2011年12月07日 13:02 by 編集部えびす
OnSay

OnSay

『OnSay』は、Twitterのフォロワー同士であれば無料で通話を楽しめるアプリ。無料通話のアプリなら、『Skype』や『Viber : Free Calls & Messages』など人気のものがあります。ただこれらを使用するためには、新規登録が必要で氏名の入力にメールを受信してまた入力して…、と少し面倒な作業があります。


しかし、本アプリは利用できるまでのプロセスが簡単。『Twitter』のアカウントさえ取得していれば、アカウント名かメールアドレスと、パスワードを入力するだけで登録完了です。


電話番号は知らないけど、フォローし合ってる人としゃべりたいという時にもってこい。緊急時にも役立ちます。では、どのようにして通話をするのか紹介しましょう。


※本アプリは、Android2.2以上対応となります。


登録者がいれば即通話可能

本アプリを利用するために『Twitter』アカウントでログインします。完了後、画面上には4つのタブが表示されています。左から「履歴」「友だち」「アプリ招待」「設定」とあります。「友だち」をタップすると、相互フォローしている人で『OnSay』に登録している人が表示されます。その人とは、すぐにでも通話が可能です。


まだ登録している人がいない、または少ないという人は、「アプリ招待」を見ましょう。そこには、相互フォローしていて『OnSay』に登録していない人がリストアップされています。そこに、おすすめ度が書かれています。僕の推測ですが、おそらくリプライ(返信)した投稿数が多い人ほどおすすめ度が高いと思われます。アプリから招待ツイートを送ることができるので、よく電話で話す人や、本アプリを使って話したい人がいればぜひ誘ってみましょう。


OnSay:「友だち」画面(左)「アプリ招待」画面(右)

OnSay:「友だち」画面(左)「アプリ招待」画面(右)


発信方法もシンプル

OnSay:個人画面

OnSay:個人画面

発信方法も至ってシンプル。通話したい人を選んで「電話する」をタップすれば、発信されます。あとは相手が電話に出てくれるのを待つだけです。「履歴」からだとワンタップで発信できます。


気になる電話の音質ですが、聞き取りにくい状況も少なく感じ、思ったよりも悪くなかったです。無料で通話できることを考えるとまったく問題ないレベルといえます。ただし、通信環境によっては若干のタイムラグが生じることもあります。


iPhoneにはない設定

iPhoneで先にリリースされた本アプリですが、Android版独自の機能がいくつかあります。端末のメニューボタン→「設定」で、以下の5つを設定できます。


OnSay:設定画面。通知バーに赤い丸で囲んでいるのがOnsayのアイコン

OnSay:設定画面。通知バーに赤い丸で囲んでいるのがOnsayのアイコン

  • Onsay着信音
  • 受話増幅率
  • マイク増幅率
  • ヘッドセット増幅率
  • ヘッドセットマイク


着信音は、アプリにも多数収録されていますが、SDカード内にある曲も設定可能です。


それだけではなく、通知バーにアイコンが表示されます。通知領域には、通信環境の状況を教えてくれています。そこをタップするとアプリに移動するので便利です。


ちなみにAndroidとiPhoneの2台持ちをしていて、どちらにも本アプリを登録している場合、その時によって着信する端末は変わりますが、どちらにも着信があります。推測ですが、通信環境のよい方につながるようになっているのかもしれません。時には、2台同時着信という離れ業も確認できました。


OnSay:通話中の画面。Android版(左)iPhone版(右)

OnSay:通話中の画面。Android版(左)iPhone版(右)

<総括>

Twitterの相互フォロー同士なら無料で通話ができるアプリです。音声の通りも悪くなく、そこまでストレスなく利用できます。登録も簡単ですぐに使えるところもありがたいポイント。登録していない人も、アプリを通してお誘いツイートができるので、どんどん誘ってより便利に活用しましょう。

OnSay
Life2Bits Inc. OnSay 無料

『OnSay』~Twitterでフォローし合っていたら電話番号を知らなくても無料で話せる!~

上のQRコードを読み取ってAndroid端末でダウンロード

無料QRコードアプリ