Android4.0は何が違う?「GALAXY NEXUS SC-04D」の外観とUIを徹底レビュー!

2011年12月08日 14:06 by はぎぞー
Android4.0を搭載したGALAXY NEXUS SC-04D

Android4.0を搭載したGALAXY NEXUS SC-04D

12月2日に、NTTドコモから発売されたAndroid4.0搭載の「GALAXY NEXUS SC-04D」を入手したので、さっそく外観とAndroid4.0ならではのUIをレビューしたいと思います。UIはAndroid2.3の「GALAXY S II LTE SC-03D」と比較してみました。動画もぜひご覧ください。


Android4.0になったことで、見た目や機能がどのように変化したのでしょうか?「GALAXY NEXUS SC-04D」を通してご紹介します。


「GALAXY NEXUS SC-04D」の機能の詳細についてはこちらもご覧ください。



Android4.0とは

その前に、「Android4.0って何?」と思っている方いませんか?「Android4.0」とは、Androidの基本システムのバージョン(※)を指します。これまで、Androidは何度もアップデートを重ねており、それは主にスマートフォン向けに1.Xから進化してきたOS(2011年12月時点で最新は2.3)とタブレット向けに進化してきた3.Xに二分していました。それらの機能が統合された最新バージョンがAndroid4.0。ハードウェアボタンがなくなったことを始め、その他にもタブレット向きの機能が搭載され、様々な点で機能向上が図られています。


なお、アプリの中にはまだAndroid4.0に対応していないものもありますので、使用にはご注意ください。


※Android基本システムのバージョンについては「【Androidの使い方FAQ】Android2.3ってどういう意味ですか?バージョンの違いで何が変わるんですか?」も合わせてご参照ください。


GALAXY NEXUS SC-04Dのボディを紹介!

それでは外観を紹介していきましょう!とその前に、外箱の紹介。蓋の裏にドロイドくんがいます。こういった小さなお遊び、楽しいですよね。


外箱:蓋の表(左)蓋の裏(右)

外箱:蓋の表(左)蓋の裏(右)


大きなディスプレイ

外観です。本体正面はトップ画像を参照ください。約4.7インチのディスプレイは、iPhoneと比べても非常に大きく発色も良好。動画を見るのに向いていそうです。これまでのGALAXYシリーズと同様、すっきりしたデザインでかっこいいという印象!


iPhone4(左手前)DELL Streak(奥)と比較しても大きいディスプレイ

iPhone4(左手前)DELL Streak(奥)と比較しても大きいディスプレイ


ハードキーなし

冒頭の通り、Android4.0の特徴のひとつはハードキーがないこと。画面オンで左から「戻る」「ホーム」「マルチタスク」のソフトキーが表示されます。これにより、画面だけでなくボタンも端末の向きに関係なく操作が可能になります。あれ?メニューボタンがなくなってるけど…と思った人、後で紹介します。


ソフトキー表示画面

ソフトキー表示画面


フィットするフォルム

本体背面は、指紋が目立つようなツルツルした表面でなくザラザラした加工で、滑り止めにもなります。また、下部が微妙に膨らんだ特徴的なフォルムもいいですね。裏蓋の素材に加えて、安定して持つことができるデザインです。


裏面下部の膨らみ

裏面下部の膨らみ


側面

本体下部はヘッドホン接続端子、miniUSB接続端子があります。本体左右部のボタンは、電源、ボリュームのみ。本体上部は何もなく、全体的にすっきりしています。


本体下部にヘッドホン・USB接続端子(上)左部にボリューム(中)右部に電源(下)

本体下部にヘッドホン・USB接続端子(上)左部にボリューム(中)右部に電源(下)


裏蓋を開けてみました。SIMカードは通常サイズで、外部メモリは未対応となっています。しかし、十分な内蔵メモリ(16GB)を搭載しているのでご安心ください。


裏蓋を開けたところ

裏蓋を開けたところ


Android4.0のUIを紹介!Android2.3のGALAXY S II LTEと比較

続いて、Android4.0(以下4.0)のUIについてレビューしていきましょう。2011年11月に発売したばかりでAndroid2.3(以下2.3)を搭載している「GALAXY S II LTE SC-03D」と比較しながら説明していきます。


ロック画面

2.3まではロック画面はスライドで解除するだけでしたが、4.0はすでにカスタマイズされている状態。左スワイプでカメラ起動、右スワイプでロック解除になります。


ロック画面:GALAXY S II LTE SC-03D(左)GALAXY NEXUS SC-04D(右)

ロック画面:GALAXY S II LTE SC-03D(左)GALAXY NEXUS SC-04D(右)


ホーム画面

4.0は画面上部にGoogle検索、画面下部にアプリランチャーが固定されて表示されています。スクリーンをスクロールしても動きません(非表示にできる方法もあるので、後述します)。特にGoogle検索はウィジェットではなくなっているので、その分スペースが広く使えて便利です。


ホーム画面:GALAXY S II LTE SC-03D(左)GALAXY NEXUS SC-04D(右)

ホーム画面:GALAXY S II LTE SC-03D(左)GALAXY NEXUS SC-04D(右)


Androidマーケットのメニューボタン

Androidマーケットのメニューボタン

ホーム画面の操作において2.3までと大きく異なる点は、メニューボタンによるメニュー表示がないこと。2.3まではメニューボタンを押すと「通知」「壁紙」「設定」「検索」等が選択できましたが、4.0では各機能を個別に起動する必要があります。特に、4.0を使い始めて戸惑うのは「設定」。ドロワーから「設定」を起動するだけなのですが、最初はちょっと戸惑います。


ホーム画面以外にもアプリを起動すると、メニューボタンは端末にない代わりに、画面上に表示されるようになります。ただし、メニューボタンの表示場所がアプリによってバラバラなのは、若干不便ですね。


アプリ履歴画面。スワイプでリストから削除

アプリ履歴画面。スワイプでリストから削除

また、4.0ではメニューボタンの代わりに「マルチタスクキー」(画面下部の一番右)が設置され、最近使ったアプリの履歴が見られます。2.3までも同様の機能はありましたが、アプリのサムネイルが大きく表示されるなど、見やすさや操作性が向上しています。アプリを左右どちらかにスワイプするとリストから削除できます。


さらに便利になった点といえば、ホーム画面にアプリフォルダを簡単に置けるようになったことです。ホーム画面上のアプリに別のアプリをドラッグ&ドロップするだけ!この操作はiPhoneと同様です。フォルダアイコンは、中に収納したアプリのアイコンが重なった画像になります。ちょっとかっこいいです!


アプリをドラッグ&ドロップでフォルダを作成できる。カメラにギャラリーをドロップ(左)かっこいいフォルダアイコン(右)

アプリをドラッグ&ドロップでフォルダを作成できる。カメラにギャラリーをドロップ(左)かっこいいフォルダアイコン(右)


なお操作に戸惑った点は、ホーム画面をロングタップ(長押し)で表示されるメニューが壁紙関連だけになったこと。「ウィジェットはどうやって設置するの?」と思いますよね。ウィジェットはドロワーから設置できるようになりました。


ドロワー画面

では、ドロワー画面について説明します。画面上部を見ると一目瞭然、4.0ではウィジェットもドロワーから選択できるようになっています。


ドロワー画面:GALAXY S II LTE SC-03D(左)GALAXY NEXUS SC-04D(右)

ドロワー画面:GALAXY S II LTE SC-03D(左)GALAXY NEXUS SC-04D(右)


またウィジェットの選択画面は、ホーム画面設置に必要な領域サイズも表示されて非常にわかりやすいです。ホーム画面への設置は、アプリと同様にロングタップしてホーム画面へドロップするだけ。


他にも、右上にAndroidマーケットへのショートカットが追加されていたり、アプリのアンインストールができたりと使い勝手が向上しています。


ウィジェット選択画面(左)アプリのアンインストール(右)

ウィジェット選択画面(左)アプリのアンインストール(右)


GALAXY NEXUS SC-04Dの通知画面

GALAXY NEXUS SC-04Dの通知画面

通知画面

通知が複数表示されている場合、2.3までは全件消去しかできませんでしたが、4.0では左右どちらかにスワイプすることで1件ずつ消去できるようになりました。そして日付横に設定画面へショートカットが追加されています。大きな変化はないものの、少しづつ便利になっていることがわかります。


設定画面

最後に設定画面です。基本的な設定項目に大きな変更はありませんが、比較的使用頻度が高いWi-FiやBluetoothのON/OFFの切り替えがしやすくなっているなど、やはりいくつか便利な機能が追加されています。


設定画面:GALAXY S II LTE SC-03D(左)GALAXY NEXUS SC-04D(右)

設定画面:GALAXY S II LTE SC-03D(左)GALAXY NEXUS SC-04D(右)


中でも非常に便利だと感じた機能は、プリインアプリなどのアンインストールできないアプリを無効にできることです。アプリ情報画面から無効にすると、ドロワーに表示されなくなり画面がすっきりします!この方法で、デフォルトでホームに表示されているGoogle検索も非表示することが可能です。


データ使用画面

データ使用画面

そして、アプリ毎のデータ使用量が一目わかる「データ使用」機能も便利。


なお、画面キャプチャーは、「ボリューム下キー+電源キー」の長押しで取得できます。取得がうまくいくと通知画面に表示されます。非常に撮りやすいです。


注意事項として、2011年12月現在SPモードメール、テザリングには対応していません。SPモードメールには2012年の1月以降、テザリングについても今後のバージョンアップで対応とのことです。


最後に

「GALAXY NEXUS SC-04D」の外観は、薄いだけの端末とは異なり微妙な膨らみを持たせる特徴的なデザインで、非常に所有欲を満たしてくれるかっこいい端末になっています。UIについても同様に満足できるものでした。


Android4.0は、紹介してきたように至る所でかゆいところに手が届く変更が多く見られ、使い勝手が格段に向上していると言えます。動作もサクサクで、非常に期待できます。


最後に、UIの様子を撮影した動画をどうぞ。



「GALAXY NEXUS SC-04D」についてはこちらも合わせてご覧ください。