旅とアプリとスマホの物語:フィリピン編

2012年01月08日 12:03 by 編集部こんどう巨神兵
フィリピン・マニラ:高台からの眺望

フィリピン・マニラ:高台からの眺望

こんにちは、編集部こんどうです。お正月はいかがお過ごしでしたか?寝正月を満喫された方やアクティブに行動した方などそれぞれですよね。海外に渡航された方もいらっしゃると思います。実は僕もその一人でフィリピンに行ってきました。もちろん、スマホと一緒に♪



今回は、海外で便利だったアプリやスマホの活用シーンを、旅の情景と共にお届けします。ちなみに、機種やキャリアによって海外での利用が異なるので、ショップの店員さんに聞いてみてくださいね。それでは、一緒に異国の旅に出かけましょう。


フィリピンについて

東南アジアに位置する共和制国家で、フィリピン海、ルソン海峡、スールー海、セレベス海など、日本のように海に囲まれています。首都はマニラ。日本からのフライト時間は大よそ3~4時間で、時差は日本のマイナス1時間と、とても渡航しやすい位置にあります。飛行機に乗ったら、ドアが閉まる前に機内モードに設定し電源OFF!離陸後に客室乗務員さんのアナウンスに従って電源ON。これで端末機能を一部利用できます。早速、スマホのカメラで空の景色を撮影してみました。


飛行機からの景色

飛行機からの景色


ほら、綺麗でしょう?画素数もあるのでデジカメがなくてもすばらしい景色が撮れます。もちろん、カメラアプリを使って色味を変えるのもおすすめです。飛行機が揺れても撮りやすい『Fast Burst Camera Lite』や簡単に撮影ができて50種類のエフェクトができる『Little Photo』が利用しやすいです。


為替レート:この時は千円で約500ペソ。チョコを箱で10個ぐらい買えちゃえます

為替レート:この時は千円で約500ペソ。チョコを箱で10個ぐらい買えちゃえます

さて、現地に着いたらまず両替です。空港の両替所で交換しますが、日本と違って機械ではなく手計算でビックリ!いったい基本レートはいくらなのか?『為替レート』を使ってしっかりチェックしましょう。
交渉時には『Google Translate』や『iTranslator for Android』など翻訳アプリを使えばスムーズに会話ができます。ちなみにフィリピンの公用語はタガログ語ですが英語も使えます。挨拶ぐらいはタガログ語ですると喜ばれますよ。Salamat!(サラマット)※ありがとうの意味


スマホを携え、移動・買い物・観光巡り

空港からホテルに向かうときにタクシーを使ったんですが、むむむ…方向がわかりません。こんなときに『コンパスと地図』や『モバイルGoogleマップ』が重宝します。日本で印刷した地図でもかまわないのですが、取り出す手間や読みづらいという運転手も多いようです。スマホならピンチアウトで拡大できるので、画面を見せるだけで、無用な道案内が省けて安心でしたね。


短距離移動に便利な人力車

短距離移動に便利な人力車


海外での楽しみのひとつにショッピングがあります。日本より安いし、お土産を選ぶのが楽しかったり。とはいえ、闇雲に買い続けると思わぬ出費になりかねません。そこで、『かけ~ぼ』を使って金銭管理をしましょう。また、『瞬間日記』と組み合わせて旅の思い出を綴っておけば、帰ってからの振り返りにも役立ちますよ。


スーパーマーケットには食品から雑貨まで幅広く手に入る

スーパーマーケットには食品から雑貨まで幅広く手に入る


国内・海外問わず便利なのがインターネット。情報収集に利用できますし、『Twitter』や『Facebook』に旅のできごとを投稿できます。グローバルネットワークが使えるスマホ端末もありますが、パケット代が気になります。そんなときは、Wi-Fiを利用しましょう。ホテルやレストランでは無料で提供してくれるところも多いです。『Wifi Analyzer』でネットワーク範囲を把握しておけば便利ですし、使えないエリアでは『Wifi Widget』でOFFにしておくことでバッテリーの節約にもなりますね。


滞在ホテルでWi-Fiを利用。コンセントは日本式で充電もラクラク~

滞在ホテルでWi-Fiを利用。コンセントは日本式で充電もラクラク~


海外では日本の常識が通じないことが多々あります。トラベルがトラブルにならないように気をつけたい!…ですが、思いがけない問題に見舞われることもあります。非常時には『緊急のスピードダイヤル』を使ってすぐに警察に連絡しましょう。


夜の市場で迷子が発生!親が来るまで見守ってます

夜の市場で迷子が発生!親が来るまで見守ってます


それでは、最後に、マニラのおすすめ観光スポットをご紹介します。世界遺産に登録されている「サン・アグスチン教会」です。バロック様式でフィリピン最古の教会は荘厳な雰囲気で圧巻です。2012年の日本の平和を祈願してきました。


サン・アグスチン教会:この日は結婚式が行われていました

サン・アグスチン教会:この日は結婚式が行われていました


いかがでしたか?フィリピンは12月から1月にかけて気温は25度前後と初夏の装いで気持ちよく、また、セブ島や各島々ではダイビングやマリンスポーツも楽しめます。料理も美味しく、物価も安く、なにより人がよいです。みんなスマイル♪温かい気持ちになれました。ぜひ、足を運んでみてください。そして、アプリとスマホを上手に使った、素敵な旅へ行ってらっしゃい。