カメラが顔を自動認識!出会った人をFacebookのタイムラインに刻めるアプリ『remembAR』

2012年02月24日 13:03 by Orange14
remembAR

remembAR

Facebook』の普及に伴い、連携できるアプリが随分と増えてきました。『remembAR』もその一つ。スマホを友達にかざすだけで顔を認識し、その人にチェックインできるアプリです。誰かと会った記録は、フィード・タイムラインに反映させることが可能。記録だけでなく後々、日々の記念にもなります。


使い方はとても簡単なので、Facebookアカウントを持っているAndroidユーザに、ぜひインストールしてほしいです。では、早速使ってみます。


※本アプリはAndroid2.2以上対応です。


Facebook連携を認証後、端末を人にかざすだけ

アプリを起動すると、初回のみ利用許諾に関する説明が表示されます。同意後、Facebookアカウントとパスワードを入力し、連携アプリの認証に同意、ログインしてください。なお、本アプリは2012年2月現在、横画面のみの対応です。


ログイン後、相手に端末のカメラレンズをかざしましょう。シャッターを押して写真をとる必要はありません。明るい場所で正面からかざすことが、うまく認識させるためのポイントです。


しばらくすると右上に、かざした相手の候補となるFacebookアカウントが表示されます。候補者の中にかざした相手がいたら、チェックボタンを押しましょう。この時表示される相手は、すでにFacebook上で友達になっている人のみです。


remembAR:端末を人にかざすと、Facebookに登録している写真から人物を割り出してくれる

remembAR:端末を人にかざすと、Facebookに登録している写真から人物を割り出してくれる


表示された候補の中に相手のアイコンがない場合、左側の上から2番目にあるアイコンをタップしましょう。友達が一覧表示されるので、個別で選択もできます。


remembAR:友達の中から選択可能

remembAR:友達の中から選択可能


コメントを残して、タイムラインに反映

相手を指定したら、コメントの編集をしましょう。なお、このコメント内容はウォールのフィード・タイムラインに反映されるので、出会いの内容を残しておくと備忘録の代わりとしても役立ちます。


remembAR:出会った内容をメモできる

remembAR:出会った内容をメモできる


また、会った人やその回数は画像左の上から3番目のアイコンで確認できます。相手と最後に会った日付けや場所も記録されるので、出会いの歴史を刻んでいけますね。忘れっぽい人も本アプリで記録する習慣をつけておけば安心です。


remembAR:出会いの記録を確認できる

remembAR:出会いの記録を確認できる


ちなみに『Facebook』へ投稿すると、以下のように表示されます。


remembAR:『Facebook』ウォール画面

remembAR:『Facebook』ウォール画面


設定について

記録した内容を反映させる場合、左下にある設定アイコンから変更できます。初期状態では自動で反映する設定になっているので、フィード・タイムラインに記録したくない人はOFFにしてください。


設定画面で「Meet時のfriend申請」という機能をONにしておくと、端末をかざした時に同じFacebookイベントに参加している人であれば、フレンド申請を送れます。これなら後から申請する手間もなく、イベント参加者の中から「あれ、どの人だったっけ?」と迷ってしまうこともありません。Facebookを通じて同じイベントに集まった時は、ぜひ本アプリを使用してみてください。一期一会をより大切にすることができます。


remembAR:設定画面

remembAR:設定画面

<総括>

顔認識機能により、人と場所にチェックインできるFacebook連動型アプリ。端末を人にかざすだけのシンプルな操作なので、誰でも利用できます。また、コメントを追加できるので、出会いの内容についてメモをしておくと毎日の記録になります。2012年2月現在、友達になっている人のみ反映することができます。まだ友達になっていなくても、同じイベントに参加している人であればその場でフレンド申請もできるので、ぜひ試してみてください。

remembAR
Taisuke Oe remembAR 無料

『remembAR』~カメラが顔を自動認識!出会った人をFacebookのタイムラインに刻めるアプリ~

上のQRコードを読み取ってAndroid端末でダウンロード

無料QRコードアプリ