Androidスマホの画質を良くする方法!カメラ設定できれいな写真を撮るコツ~基礎編~

    • 遠い・近いを気にせずピントを合わせる

真ん中の列の上から2番目にある「フォーカスモード」を選択し、右下の「タッチフォーカス」を選びましょう。この設定をしておくと、写真をクッキリさせるためのピント合わせが簡単になります。

 

撮影方法は、ピントを合わせたいものを指でタップするだけ。そのまま指を離せば写真が撮れちゃいます。目の前にあるデザートも、少し離れた場所に立っている友だちも、簡単にピントを合わせられるので非常に便利です。

 

タッチでピントを合わせよう!

タッチでピントを合わせよう!

 

 

その4:スマートフォンのカメラが苦手な部分を克服しよう!

ここまででAndroidのカメラの良いところや基本の操作は理解できたと思いますので、苦手なところをどうやってカバーするか伝授します。

 

    • 暗いところで撮影する

スマートフォンのカメラは一般的に暗いところが苦手です。そんな時は、メニューの中心にある「明るさ(EV補正)」を選択します。画面右のボリュームを上下させて好みの明るさにしましょう。少しだけ上げておくと、肉眼で見るのと同じように撮れます。撮影画像を見ながらできるので便利です。

 

撮影のたびに設定をする必要があって面倒ですが、非常に効果があるのでケースバイケースで使ってみましょう。

 

薄暗いところでの撮影も安心。自分好みの明るさに調整しよう!

薄暗いところでの撮影も安心。自分好みの明るさに調整しよう!

 

暗いところで歩きながら撮るとこういう感じにブレてしまって残念な写真に!

暗いところで歩きながら撮るとこういう感じにブレてしまって残念な写真に!

    • 速い動きのものを撮影する

シャッタースピードの速いモードもありますが、きれいに撮るのはなかなか難しいです。そういう時はアプリの力を借りましょう。『Fast Burst Camera Lite』は、1秒間に5~10枚シャッターを切ってくれるので、決定的瞬間を逃しません。また、動画で撮って写真を切り出す『frame grabber』というアプリもあります。

 

 

    • カメラアプリの起動が遅い

撮り溜めている写真が多かったりすると、カメラアプリの起動がかなり遅くなります。これには、ちょっとした解決策があります。

 

カメラアプリを使い終わったら、ホームキーを押します。そうするとカメラアプリは終了しません。もちろん、勝手に写真を撮ったり、録画したりしません。アプリが居眠りしてるような状態です。最初からアプリを起動するのと比較しても高速に利用できます。

 

以上が、Androidスマートフォンのカメラで写真を上手く撮るための予備知識と基礎でした。いかがでしたでしょうか。次回は「実践編」と題してあらゆる場所やシチュエーションで撮影しながら説明をいたします。お楽しみに!

 

実践編はこちらを参照ください。

 

スマホで本格的に写真が撮れる商品もチェックしよう。

こちらの記事もご覧ください。