学生・フレッシュマン必見!スマホデビューにおすすめの端末はコレだ

2012年03月23日 10:30 by 編集部えびす
はじめてのスマホに最適な端末を見つけよう!

はじめてのスマホに最適な端末を見つけよう!

4月から進学や入社で、気分も一新!この機会に、フィーチャーフォンからAndroidスマートフォンへ乗り換えを考えている人も多いのではないでしょうか。はじめて持つスマホとなると、慎重に選びたいですよね。


そこで、andronavi編集部が、あなたの使い方に応じたおすすめ端末をご紹介します。購入時の参考にしてみてくださいね。


はじめてのスマホに必要な条件は?



全部入り端末

フィーチャーフォンからの乗り換えで気になるのが、ワンセグ、赤外線通信、おサイフケータイといった機能が使えなくなることでしょう。特に、新しい出会いの多い季節ですから、連絡先の交換に役立つ赤外線通信の機能がないと不安です。でも、ご安心ください。2011年の冬から2012年の春にかけて発売された端末には、これらの機能が搭載された“全部入り”端末が揃っています。


特に注目は、「Xperia acro HD SO-03D」(NTTドコモ)と「Xperia acro HD IS12S」(au)。Xperiaシリーズ初の“全部入り”端末です。防水にも対応しています。どちらも2012年3月に発売された最新端末ですので、自慢できますよ!


左から「Xperia acro HD SO-03D」(NTTドコモ)、「Xperia acro HD IS12S」(au)

左から「Xperia acro HD SO-03D」(NTTドコモ)、「Xperia acro HD IS12S」(au)


他にも、NTTドコモでは薄さ6.7mmの端末「MEDIAS ES N-05D」、109gの軽量機「ARROWS μ F-07D」。auからは、高精細の大画面が特徴的な「ARROWS Z ISW11F」。ソフトバンクでは、高速通信に対応する「AQUOS PHONE 102SH」があります。


左から「MEDIAS ES N-05D」(NTTドコモ)、「ARROWS μ F-07D」(NTTドコモ)、「ARROWS Z ISW11F」(au)、「AQUOS PHONE 102SH」(ソフトバンク)

左から「MEDIAS ES N-05D」(NTTドコモ)、「ARROWS μ F-07D」(NTTドコモ)、「ARROWS Z ISW11F」(au)、「AQUOS PHONE 102SH」(ソフトバンク)


赤外線通信以外にも、簡単に連絡先を交換できる『Bump』や『おサイフケータイで簡単プロフィール交換 ともタッチ アプリ』といったアプリもあります。使いやすい方法で、新しい繋がりを作りましょう!



画素数の高いカメラを搭載した端末

日常で撮影した風景や料理、友人や家族の写真をSNSで公開したり、撮影する機会も増えると思います。常に持ち歩くスマホですと、サッと取り出してすぐに撮れるので便利ですよね。ここでは、デジカメ顔負けのカメラ性能を誇る端末を紹介します。


約1,310万画素の高画質カメラを備えている「REGZA Phone T-01D」(NTTドコモ)は、多彩な画像処理エンジンを搭載。一眼レフ並みに美しい写真が撮れます。LUMIX Phone 101P」(ソフトバンク)は、パナソニックのデジカメブランド「LUMIX」の名を配した端末。それだけに、カメラの性能が秀逸です。高演色フラッシュと約1,320万画素の高画質で肌の色をきれいに撮影してくれます。


左から「REGZA Phone T-01D」(NTTドコモ)、「LUMIX Phone 101P」(ソフトバンク)

左から「REGZA Phone T-01D」(NTTドコモ)、「LUMIX Phone 101P」(ソフトバンク)


友達同士やメール用の自分撮りによくカメラを使う方は、インカメラを搭載した端末をおすすめします。2012年3月時点で、Androidイチの画素数・200万画素を誇る「HONEY BEE 101K」(ソフトバンク)。「Xperia NX SO-02D」(NTTドコモ)は、130万画素でHD(ハイビジョン)動画も撮影できます。「GALAXY NEXUS SC-04D」(NTTドコモ)は、それに加えてデジタルズーム機能もついています。


左から「HONEY BEE 101K」(ソフトバンク)、「Xperia NX SO-02D」(NTTドコモ)、「GALAXY NEXUS SC-04D」(NTTドコモ)

左から「HONEY BEE 101K」(ソフトバンク)、「Xperia NX SO-02D」(NTTドコモ)、「GALAXY NEXUS SC-04D」(NTTドコモ)


その他、エフェクト効果を楽しめる『Retro Camera』や、漫画のように写真をデコレーションできる『デコまんが COMICMAKER』などカメラアプリが充実。いろいろ試して遊んでみてください。


スマホのカメラを使いこなすには、以下の記事もぜひご覧ください。



高速通信に対応した端末

インターネットを手軽に見られるのもスマホの魅力のひとつ。PCサイトの閲覧も見やすく、検索も簡単です。より快適な環境で使うには、高速通信に対応した端末を使うことをおすすめします。


NTTドコモであれば「Xi」。「MEDIAS LTE N-04D」や「ARROWS X LTE F-05D」。auなら「WiMAX」。「ARROWS Z ISW11F」や「DIGNO ISW11K」。ソフトバンクなら「ULTRA SPEED」。前述の「AQUOS PHONE 102SH」が該当します。通常の3G回線よりも速度が早く、アプリのダウンロードやWebの閲覧でストレスを感じることが少ないです。


左から「MEDIAS LTE N-04D」(NTTドコモ)、「DIGNO ISW11K」(au)、「AQUOS PHONE 102SH」(ソフトバンク)

左から「MEDIAS LTE N-04D」(NTTドコモ)、「DIGNO ISW11K」(au)、「AQUOS PHONE 102SH」(ソフトバンク)


通勤の移動中での、Webサイトやニュースチェックも手軽です。アプリ「産経新聞」があれば、新聞の紙面をスマホ上で読むこともできます。通信が速いので、快適に読み進められます。これまで、新聞に触れる機会がなかった方は、この機会に読み始めてもいいでしょう。



内蔵ストレージが多い端末

せっかくスマホを購入するなら、アプリをいろいろ試してみたくなると思います。ただ、端末には容量の制限があり、いくらでも保存できるわけではありません。いつの間にか容量がいっぱいになって、動きが遅くなってしまうことがあります。あらかじめ、保存容量の大きい端末を選んでおけば、その心配もやわらぎます。


Xperia NX SO-02D」(NTTドコモ)は、SDカードに匹敵する32GBのストレージを内蔵。おサイフケータイや赤外線通信には対応していませんが、この容量は魅力的です。「GALAXY SII WiMAX ISW11SC」(au)は、16GBのストレージを内蔵。高速通信「WiMAX」にも対応しています。


左から「Xperia NX SO-02D」(NTTドコモ)、「GALAXY SII WiMAX ISW11SC」(au)

左から「Xperia NX SO-02D」(NTTドコモ)、「GALAXY SII WiMAX ISW11SC」(au)


アプリは、『backupper free(バックアッパーフリー)』でバックアップをとっておけば、必要な時に取り出すことが可能です。写真や動画をたくさん撮影する人は、『Dropbox』や『Box』などのオンラインストレージに保存しておけば、端末の容量を圧迫せずに済みます。こちらも試してみてください。



良質デザイン&カラーバリエ豊富な端末

機能性の高さも魅力だけど、それよりも見た目がかわいい、かっこいいものを持って、みんなにちやほやされたいという方には、デザイン性に優れた機種やカラーバリエーションが豊富な端末がおすすめです。


デザインの良さなら「INFOBAR C01」(au)を挙げないわけにはいきません。テンキーを搭載したBARタイプの端末で、市松模様に配色されたカラーリングも秀逸。Android屈指の個性派です。同シリーズの「INFOBAR A01」は、2011年6月の発売ながら今も根強い人気を誇っています。


左から「INFOBAR C01」(au)、「INFOBAR A01」(au)

左から「INFOBAR C01」(au)、「INFOBAR A01」(au)


Androidは、iPhoneと違って種類が多いのはもちろんですが、ひとつの端末にカラーバリエーションが多いのも特徴です。4色のビビットな配色が特徴的な「P-01D」(NTTドコモ)。ハイスペックながら4色用意された「ARROWS Z ISW11F」(au)。7色から選べる「STAR7 009Z」(ソフトバンク)は、お父さん犬コンテンツを収録しています。


左から「P-01D」(NTTドコモ)、「ARROWS Z ISW11F」(au)、「STAR7 009Z」(ソフトバンク)

左から「P-01D」(NTTドコモ)、「ARROWS Z ISW11F」(au)、「STAR7 009Z」(ソフトバンク)


より端末をオシャレにしたい方は、ホーム画面をカスタマイズしましょう。数あるホームアプリから自分にあったものを見つけてください。



女性向け端末

女性にとっては、見た目のかわいさと手にフィットしやすいのが、購入のポイントになるでしょう。最近は、女性向けの端末も増えてきました。特に、「MEDIAS BR IS11N」(au)や「MEDIAS CH 101N」(ソフトバンク)は、様々なシーンに対応できる防水・防塵機能に加えて、“美と健康”に目を向けたコンテンツを収録しています。淡いカラーリングも含めて、ぜひチェックしてみてください。


左から「MEDIAS BR IS11N」(au)、「MEDIAS CH 101N」(ソフトバンク)

左から「MEDIAS BR IS11N」(au)、「MEDIAS CH 101N」(ソフトバンク)


他には、POPな見た目がかわいい「F-03D Girls’」(NTTドコモ)や「HONEY BEE 101K」(ソフトバンク)もあります。


左から「F-03D Girls’」(NTTドコモ)、「HONEY BEE 101K」(ソフトバンク)

左から「F-03D Girls’」(NTTドコモ)、「HONEY BEE 101K」(ソフトバンク)


メールを使う方が多いと思いますが、「デコリメール」「写メ字(shameji)~写メを送る⇒絵文字になる~」といったアプリがあれば、かわいいデコメをたくさん作ることができます。お好みのアプリを見つけてください。



リーズナブルな端末

どれだけ機能が優れていたり、かっこよくても、安いに越したことはないという方(特に学生さん)も多いでしょう。そこで、昨年の春から夏にかけて発売された端末ならば、少し安く購入できる可能性があります。機能性もそこまで差はなく、新しいものにこだわりがなければ、選択肢として十分ありです。


NTTドコモでは、動画を楽しみたい方なら「Xperia arc SO-01C」。ワンセグやおサイフケータイに対応している「MEDIAS WP N-06C」。高スペック端末の「GALAXY S II SC-02C」。auでは、WiMAX対応機の「htc EVO WiMAX ISW11HT」。個性的な端末を持ちたい人は「INFOBAR A01」。ソフトバンクでは、フィーチャーフォンのように使える折りたたみ式でテンキー搭載の「AQUOS PHONE THE HYBRID 007SH」がおすすめです。



左から「Xperia arc SO-01C」(NTTドコモ)、「htc EVO WiMAX ISW11HT」(au)、「AQUOS PHONE THE HYBRID 007SH」(ソフトバンク)

左から「Xperia arc SO-01C」(NTTドコモ)、「htc EVO WiMAX ISW11HT」(au)、「AQUOS PHONE THE HYBRID 007SH」(ソフトバンク)


各キャリアのショップや量販店ごとに様々なキャンペーンを行なっているので、安く購入できる端末も異なってきます。何軒か周って探してみると思わぬ端末を安く購入できるかもしれません。



どのスマホを持てばいいか参考になりましたでしょうか?学生の方は、購入時に学割プランを利用することも忘れずに。サービス内容はキャリアごとに異なるので、HPをチェックしてください。また、auには「auスマートバリュー」というお得なプランも始まっています。賢くプランを選んで、上手に使いましょう。


スマホデビューというステップを経て、新しい環境でもいろんなことに挑戦してください。その過程で困難なこともあるでしょう。そんな時こそ、スマホの出番です。端末の機能やアプリがあなたの助けとなって、きっと乗り越えられるはずです。がんばってください!


Androidについて知っておくべき情報はこちらを参照ください。