タブレットにも対応!自分に合わせた大きさのキーボードで文字が入力できるアプリ『nicoWnnG IME』

2012年03月24日 14:05 by andronavi
nicoWnnG IME

nicoWnnG IME

<概要・魅力>

『nicoWnnG IME』は、オープンソースソフトウェアであるOpenWnn/nicoWnnをベースとした日本語入力IMEのアプリです。


メールや『Facebook』などSNSで文字を入力する時に使うキーボード。フリック入力やQWERTY入力(いわゆるPC打ち)に慣れるまで時間がかかったという方もいるのではないでしょうか。フィーチャーフォンのようにテンキー入力ができ、それだけでなくポケベルのように2タッチ入力ができるように設定を変更して使えます。


入力方法だけでなく、キーの大きさを変えることができるので、自分に合った設定にできます。横画面での文字入力にも合わせられるので、タブレットでも利用できます。


<機能・特徴>

インストールしたら、最初に端末の設定画面→「言語とキーボード」から、本アプリをチェックしてください。この時、同時に「nicoWnnG IMEの設定」でキーボードの設定をしておきましょう。ここで行った設定は、実際に文字入力をしている最中でも変更ができます。


実際に本アプリのキーボードを使うときは、文字入力画面を長押しして「入力方法」から設定してください。


本アプリの主な特徴は以下になります。


  • 「フルスクリーンモード」:設定画面にある「フルスクリーンモード」にチェックを入れる。アルファベット以外の数字や記号を含めた全60キーのフルキーボードで入力できる。横画面モードやタブレットに対応
  • 「QWERTYキー入力方式」:「詳細なキーボード設定」→「QWERTY配列の設定」→「QWERTYキー入力方式」から設定。ローマ字・JISかな・五十音かな配列が選べる
  • 「ハードキー用ミニモード」:「詳細なキーボード設定」→「QWERTY配列の設定」画面にある、「ハードキー用ミニモード」にチェックを入れる。QWERTY配列のまま、キーを小さくして表示。画面の小さい端末に適している
  • 「12キー入力方式」:「詳細なキーボード設定」→「12キー配列の設定」→「12キー入力方式」から設定。2タッチ入力、トグル入力などを選択。本アプリのオリジナル機能「ニコタッチ入力」もある。「12キー入力方式」の下にある「フリックモード」から、フリック入力とタッチ入力が選択できる
  • 「キー表示」:「詳細なキーボード設定」画面にある「キー表示」でボタンの大きさやデザインの変更ができる


文字入力中でも「キーボードの設定」などの設定変更ができます。画面左下「あA1」と表示されているボタンを長押しして「設定」から行ってください。(表示されているキーボード配列により場所は異なります)また、「マッシュルーム」にも対応しているので、『Clipdroid』などの文字入力アプリも利用できます。


文字入力については、こちらを参照ください

<編集部からのコメント>

キーボードの大きさ、かな配列ができることで、文字入力が楽になります。フリック入力が苦手な方は、このアプリを使って自分に合った入力方法を見つけてください。文字の変換候補が表示される部分が横スクロールできたり、使いこむほどにその良さが分かってきます。(やの)

  • nicoWnnG IME
  • nicoWnnG IME
  • nicoWnnG IME
次の画像へ→

nicoWnnG IME
Hiroaki GOTO as GORRY nicoWnnG IME 無料

『nicoWnnG IME』~タブレットにも対応!自分に合わせた大きさのキーボードで文字が入力できるアプリ~

上のQRコードを読み取ってAndroid端末でダウンロード

無料QRコードアプリ