自分だけのショートカットを好きなアイコン、名前で配置しよう!『xShortcut』

2012年03月28日 15:08 by andronavi
xShortcut

xShortcut

<概要・魅力>

『xShortcut』は、ブラウザやアプリなどのショートカットをカスタマイズして作成できるアプリです。


通知領域から、閲覧中のWebページを呼び出すショートカットを素早く作ることができ、アイコンをショートカットだと分からないように見せることができます。アプリや端末の設定画面、特定の連絡先などのショートカット登録もできるので、ただ使いやすくなるだけでなく、ホーム画面の見映えにもこだわって利用できます。


<機能・特徴>

本アプリを起動して「Activity Capture Mode」→「OK」を押してアプリケーションを選択します。そして、ショートカット登録したいブラウザのページを起動させ、通知バーを下ろし通知領域にある「xShortcut:Grab Activity」を選択します。「Captured Window」画面が表示されたら「OK」を押せばショートカット登録が完了します。


ホーム画面に表示させる名前を変更したいときは、「Edit」から「Shortcut Name and Icon」で行えます。また、右横にあるアイコンをタップすれば、アイコン画像を変えることもできます。


端末メニューボタン→「追加」もしくは、ホーム画面の長押しから「ショートカット」を選択して本アプリを起動後、アプリや設定画面などのショートカットが作成できます。端末画面上部の歯車のアイコンでは本アプリの設定ができます。「Permanent Capture」にチェックを入れると、いつでも通知領域からショートカット登録ができます。


「通知バー」、「通知領域」についての説明はこちらをご参照ください。

<編集部からのコメント>

名前やアイコンを変更できるので、ブックマークしたページのショートカットだと分からないようにできます。アイコンは、SDカードに保存してある画像も使用可能です。自分で作った画像をホーム画面に表示させたりと、カスタマイズする幅が広がりますね。(やの)

  • xShortcut
  • xShortcut
  • xShortcut
次の画像へ→

『xShortcut』~自分だけのショートカットを好きなアイコン、名前で配置しよう!~

上のQRコードを読み取ってAndroid端末でダウンロード

無料QRコードアプリ