ウイルススキャンから盗難対策まで!高機能で行き届いたセキュリティアプリ『KINGSOFT Mobile Security』

2012年03月31日 16:05 by capelito
KINGSOFT Mobile Security

KINGSOFT Mobile Security

スマートフォンを使用するにあたり、心配なのがセキュリティの問題。様々なセキュリティアプリがリリースされていますが、今回は『KINGSOFT Mobile Security』をご紹介します。


PCのセキュリティソフトでも有名な「KINGSOFT」。本アプリもウイルススキャンはもちろんのこと、パケットチェッカーや非通知/特定の電話番号の着信拒否、盗難防止など、便利な機能を多数搭載しており、オールマイティに活躍してくれること間違いなし!インターフェースがスッキリとまとまっており、使いやすいのも魅力です。有料ですが、それに見合う価値があるアプリです。


KINGSOFT Mobile Security:メニュー画面

KINGSOFT Mobile Security:メニュー画面

必須のセキュリティ機能が満載

本アプリで利用できる機能は以下になります。


  • ウイルススキャン
  • SMS/電話のブロック
  • パケットチェッカー
  • 盗難対策機能
  • SMS管理
  • 通話履歴管理
  • 電話帳/SMSのバックアップ
  • プライベートフォルダタスクマネージャ
  • アプリ管理


それでは各機能をチェックしていきましょう。


ワンタップでできる「アンチウイルス」チェック

メニュー画面の「アンチウイルス」をタップすると、ウイルススキャンが始まります。クイックスキャン後、ネットワークに接続してクラウドスキャンが行われます。疑わしいファイルが検出された場合は通知され、報告やアンインストールすることが可能です。メモリだけでなく、ディスク上のすべての領域をチェックしてくれるディープスキャンも実施でき、徹底した管理を行えます。


アプリのインストール監視にも対応しており、インストールした際に直ちにスキャンを行い、通知バーに結果が報告されます。インストールしたアプリがウイルスを含んでいた場合、直後にアラートが表示され、アンインストールが可能。悪意のあるアプリが紛れている可能性は否定できないので、リアルタイムにスキャンしてくれるのは心強いですね。安心してアプリをインストールできます。


KINGSOFT Mobile Security:ウイルススキャン画面(左)インストールしたアプリも即座にチェック(右)

KINGSOFT Mobile Security:ウイルススキャン画面(左)インストールしたアプリも即座にチェック(右)


KINGSOFT Mobile Security:任意の番号からの着信やSMSを拒否できる

KINGSOFT Mobile Security:任意の番号からの着信やSMSを拒否できる

着信拒否ができる「ブロックリスト」

「ブロックリスト」からは、非通知や特定の電話番号などの着信やSMSの受信を拒否できます。


ブラックリスト/ホワイトリスト形式でそれぞれ設定ができるので、拒否したい/許可したい番号のリストを、右上の「追加」から作成しましょう。リストへの追加はSMSや通話履歴、電話帳からインポートできます。


また、手動で番号等を入力することも可能です。SMSのみ拒否、電話のみ拒否、SMSと電話の両方を拒否といった選択もできます。


画面右下の「拒否設定」では、“ブラックリスト/ホワイトリストのどちらを使用するか”というブロックモードの切り替えや、ブロックモードを実施する時間を指定できる「ナイトモード」の設定などが可能です。細かな設定ができることから、どんな悪質な電話やSMSもシャットアウトできそうです。


通信量を確認できる「パケットチェッカー」

「パケットチェッカー」では、現在までのパケット通信量や個々のアプリがどれだけパケット通信を行っているかを確認できます。


毎月の通信量の上限を設定したり、毎日のパケット量制限を行えるので、「パケ・ホーダイ ダブル」など、2段階のパケット定額サービスを利用中に下限を超えたくない場合に、役立ってくれそうです。海外でのパケット通信量のチェックにも使えます。


また、各アプリの通信状況もわかることから、自動更新が行われていたなど、想定していないアプリの通信も確認できるでしょう。


KINGSOFT Mobile Security:パケット通信量を確認できる(左)個々のアプリでもチェック(右)

KINGSOFT Mobile Security:パケット通信量を確認できる(左)個々のアプリでもチェック(右)


KINGSOFT Mobile Security:通信量を通知領域に表示可能

KINGSOFT Mobile Security:通信量を通知領域に表示可能

さらに、通知領域にパケット使用量を常時表示させることも可能です。今月の使用量と設定した上限までの通信量、もしくは上限を超えてしまった場合は超過量が表示されます。


リアルタイムで更新されていくので、上限を超えたくない場合は他のアプリを使用中でもすぐに確認ができて便利です。


KINGSOFT Mobile Security:万が一の時に備えておける盗難対策機能を搭載

KINGSOFT Mobile Security:万が一の時に備えておける盗難対策機能を搭載

非常事態に備えたい「盗難対策機能」

「盗難対策機能」も搭載しており、紛失した携帯電話を遠隔でコントロールできます。


利用するには、パスワードと緊急連絡先の携帯電話番号(使用している端末とは別の番号)を登録して、盗難対策機能を起動しておきましょう。紛失した際に別の携帯電話から指令を送り、位置情報の確認やデータの削除、画面のロック、警告音の発信、SIMカードの交換通知をリモートで行うことが可能です。


たとえば「位置確認」の場合、「Locate#パスワード」とSMSを送ることで各機能の実行が可能です。「警告音の発信」は端末を盗難された場合に使える他、紛失した時に端末の位置情報を調べ、近くまで行ってから鳴らして探す、といった使い方もできますね。


KINGSOFT Mobile Security:ウイルススキャン以外にも便利な機能が満載

KINGSOFT Mobile Security:ウイルススキャン以外にも便利な機能が満載

便利な管理機能が多数搭載

メイン画面を右にスワイプすることで、以下の6つの機能が表示されます。


  • SMS管理SMSのバックアップや復元、ポップアップを設定できます。
  • 通話管理番号から発信地のチェック、着信時の発信地の表示などを設定できます。
  • バックアップ電話帳やSMSのバックアップ、復元が可能です。バックアップ先には、「KDrive」という無料のオンラインストレージを利用できます。
  • プライベートフォルダ:指定した電話番号からのSMS履歴や通話履歴を非表示にできます。パスワードで保護されたフォルダ内でしか表示されないように設定可能です。
  • タスクマネージャ:起動しているプロセスのチェックや指定したプロセスを終了できます。名前順やCPU使用順、メモリ使用順にソート可能です。
  • アプリ管理:端末にインストールしているアプリをチェック、削除できます。名前順、サイズ順、保存したい順にソート可能です。



また、ウィジェットも表示されるので、いつのまにかメモリを圧迫しているといったケースにもすぐ対応することができます。


本アプリには、インストール後7日間(168時間)試用できるお試し版『KINGSOFT Mobile Securityパッケージ版』がありますので、購入する前に一度試してみることをおすすめします。


なお、本アプリのウイルススキャン機能が全ての悪意あるアプリからの端末保護や、盗難対策機能に対する保証はございません。ご自身の判断でご利用ください。

<総括>

ウイルススキャンから盗難対策、ブロック機能やパケットチェックなど、セキュリティに対する機能をほぼ網羅した高機能なセキュリティアプリです。国産なので日本語対応もうれしく、細かな配慮が使いやすさを感じさせてくれました。アプリとしては高額に感じるかもしれませんが、使う価値は十分にあると思います。被害にあってからでは遅いので、セキュリティアプリを導入していない方は、まず試用版から利用してみてはいかがでしょうか?

KINGSOFT Mobile Security
キングソフト株式会社 KINGSOFT Mobile Security 1,980円

『KINGSOFT Mobile Security』~ウイルススキャンから盗難対策まで!高機能で行き届いたセキュリティアプリ~

上のQRコードを読み取ってAndroid端末でダウンロード

無料QRコードアプリ