『Quick ICS Browser』~親指操作だけで快適に使いこなす!Android4.0以上対応のブラウザ~

Quick ICS Browser

Quick ICS Browser

Android4.0の通常ブラウザにクイックコントロール機能を拡張した『Quick ICS Browser』を紹介します。


クイックコントロールとは、画面からワンタップの親指操作で、ブラウザの様々な操作を行えるようになっているランチャー機能です。片手で簡単にブラウザを使えるので、よりスムーズに閲覧したい方はぜひチェックしてみてください。


※本アプリは、Android4.0以上の対応です。


Quick ICS Browser:クイックコントロール設定画面

Quick ICS Browser:クイックコントロール設定画面

クイックコントロールを有効にしよう

本アプリは初期設定の状態では、クイックコントロールが無効になっています。このままでは通常のブラウザと変わらないので、「メニュー」の「設定」から「クイックコントロール」を有効にしましょう。


クイックコントロールを有効にしたら、ブラウザ画面に戻って画面のサイドをタップしてみましょう。扇型のクイックコントロールが表示されます。クイックコントロールの中には「戻る」「進む」「更新」「ブックマーク」「新規タブ作成」など、ブラウザ操作に関する項目が網羅されています。操作したい内容のアイコンへ指をスライドさせると、操作を実行できます。メニューを開いて操作する面倒な作業がなくなり、ストレスなくブラウジングを楽しめます。


Quick ICS Browser:画面のサイドをタップして、クイックコントロールを表示

Quick ICS Browser:画面のサイドをタップして、クイックコントロールを表示


クイックコントロールが有効の状態では、メニューボタンもクイックコントロール内に表示されるようになります。


クイックコントロールに表示する内容を編集

クイックコントロールに表示される操作内容は、自分でカスタマイズできます。クイックコントロールの設定から「レイアウト(内側)」「レイアウト(外側)」で行えるので、利用頻度の高い操作を内側へ設置するなどして自分仕様にしていきましょう。


また、「Quick Share」ではクイックコントロールからアプリを直接起動することもできます。初期設定では登録できるアプリが3種類になっていますが、レイアウトを変更することで数を増やすこともできます。


Quick ICS Browser:レイアウト(内側)設定(左) Quick Share設定(右)

Quick ICS Browser:レイアウト(内側)設定(左) Quick Share設定(右)


Quick ICS Browser:クイックコントロールを左下に追加

Quick ICS Browser:クイックコントロールを左下に追加

クイックコントロールの新規追加

画面左右のスペースで操作するのとは別に、上下のスペースを使ったクイックコントロールを追加することもできます。主に共有機能がまとまっていて、検索や更新機能が備わっています。機能の追加は、クイックコントロールの設定から「クイックコントロール(上部)」「クイックコントロール(下部)」で行えます。機能によってクイックコントロールを使い分けるのに便利です。


また、何種類も表示されるのが嫌な場合は、メインのクイックコントロールへ「レイアウト」から機能を追加することもできます。


その他にも便利な機能がいろいろ

本アプリはクイックコントロール以外にも、拡張機能をいろいろ搭載しています。画面をフリック操作で切り替えることができる「ジェスチャー機能」や、ユーザエージェントを切り替えることができる「User Agentの変更」があります。

こちらの記事もご覧ください。

この記事にコメントする!