恋のスマホトライアングル:第一話

2012年04月15日 12:01 by 編集部はねだ
  • list
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
俺の女に手を出すな!

俺の女に手を出すな!

こんにちは。編集部のはねだです。「○○な時に使いたいアプリ」シリーズは少しお休みして、突然だけど今回から新企画開始よ!


春といえば出会いの季節でしょ。私ったら早速トキめいちゃった!だってiPhoneと出会ってしまったの~。毎日仕事でAndroidと触れ合っている私にとっては胸踊る新鮮な出会い。さて困った。どっちにすればいいの!?という訳で新企画「恋のスマホトライアングル:第一話」です。



『Google マップ』を比べてみる

2人の男のどちらかを選ぶためにはきちんと観察しなきゃね。そこで基本中の基本『Google マップ』で対決よ。みんなもよく使ってるでしょ。でもね、iPhoneユーザが思わず「うっ…」と絶句する機能をAndroidは持ってるのよ。下の2つの画像を見てみて。右側の方は線路が横になってるでしょ。何でかっていうと、2本の指で回すだけでAndroidは地図を360度回転できるの。しかも、周りのビル名まできちんと読めるように同じ方向に付いてきてくれる。これってスゴくない?


 

新宿駅:iPhone(左)90度回転させたAndroid(右)

新宿駅:iPhone(左)90度回転させたAndroid(右)


次は駅構内よ。iPhoneはいくら拡大しても地上の部分だけしか表示されないわよね。でもAndroidなら画面右側にあるバーの通り、地下1階(B1)・ホーム・1階(1)と各階を表示してくれるの。タップすればそのフロアに何があるかまで表示されるし、GPSを使えば自分が今、何階にいるかも分かる。だから目的地まであっという間に到着よ。もうスゴすぎて言葉が出ない…。


 

新宿駅構内:iPhoneは地上だけを表示(左)Androidは地下1階・ホーム・1階を表示(右)

新宿駅構内:iPhoneは地上だけを表示(左)Androidは地下1階・ホーム・1階を表示(右)


1番驚いたのがコレ。Androidは何と3Dになるの~。試しに東京都庁を見てみて。わぉ、ちゃんとそびえ立ってる!周りの高層ビル群も次から次へと現れて、まるでSF映画の世界。これも2本の指で地図を傾かせるだけ。主要都市ならだいたい表示してくれるし、もちろん海外でも使えるわ。あの時行ったハワイのホテル…なんて3Dを見ながら思い出したり、これから行く場所の予習に使ったりと、もはや最強ね。


 

新宿都庁:iPhoneは少し立体的(左)Androidは3D(右)

東京都庁:iPhoneは少し立体的(左)Androidは3D(右)


『Google マップ』はAndroidの方が断然魅力的。やっぱキャーキャー言われてる人気のチャラ男より、いつでも頼れる誠実な男を選ぶべきよね。次回、iPhoneからの反撃はあるのか!?こうご期待。


※端末によって表示できない場合があります。


はねだの過去記事はこちら

  • list
  • このエントリーをはてなブックマークに追加