お手軽Androidビデオ撮影術~第2回:アプリでカット編集をしてみよう~

2012年05月15日 10:31 by 一条 真人
撮影した動画をAndroidで編集しましょう!

撮影した動画をAndroidで編集しましょう!

3回に渡ってAndroidスマートフォンを使った動画撮影並びに編集方法をお届けしている本記事。今回は、Androidで撮影した動画をアプリで編集する方法について紹介します。


スマホの動画撮影に関しては、こちらの記事を参照ください。



Androidのビデオ編集アプリの特徴

パソコンのビデオ編集ソフトは、すべての機能を持つのが一般的なのに対して、Androidアプリでは総合的な編集アプリだけでなく、単機能しか持たないアプリがいくつもあります。


例えば、カット編集だけができるアプリや、ビデオから静止画像をクリップするだけ、逆に静止画像からビデオを作成できたり、複数のビデオをつなげるだけのアプリなどです。


今回は、ビデオをカットしてつなぐ編集作業を、以下のシンプルなアプリを使って行います。



カット編集してみよう

まずはカット編集(トリミング)をしてみましょう。ビデオの前後の不要部分を切るカット編集に対応したアプリはいろいろありますが、現時点では『VidTrim – Video Trimmer』(以下、「VidTrim」)が使いやすいでしょう。これは有料版もありますが、普通にカット編集するだけなら無料版で問題ありません。


『VidTrim – Video Trimmer』を早速ダウンロード
アプリをダウンロード


「VidTrim」でのカット操作はごく簡単で、以下のようになります。


  1. 起動すると、端末に保存されているビデオがリスト表示されるので、目的のビデオをタップして選択します。この時、ファイル名だけでなく、ビデオの先頭の画像が表示されているので、それで内容の検討をつけることができます。

  2. 端末内に保存されているビデオをリストで表示

    端末内に保存されているビデオをリストで表示


  3. ビデオを選択すると、サムネイルとデータ形式、撮影時間などのプロフィールが表示され、内容を確認できます。そのビデオを編集する場合、右上にあるハサミのアイコンをタップします。

  4. ビデオの詳細画面

    ビデオの詳細画面


  5. 編集モードに切り替わり、自動的に再生が開始されるので、ビデオ表示画面下のタイムライン上にある左右の白い円をそれぞれ、ビデオの開始・終了位置に設定したい場所へドラッグします。

  6. 編集画面。白い円の左が開始位置、右が終了位置

    編集画面。白い円の左が開始位置、右が終了位置


  7. 位置を決定したら、右上のハサミアイコンをタップします。すると、2つの選択肢が表示されます。


    • 「Trim Original」:オリジナルビデオをカットする
    • 「Save As New Clip」:オリジナルとは別にカットビデオを保存する


    再度、編集が必要な可能性があるので、オリジナルはそのままにしておくのが定石です。ここでは「Save As New Clip」をタップします。


  8. オリジナルの動画を残すなら「Save As New Clip」を選択

    オリジナルの動画を残すなら「Save As New Clip」を選択


  9. 処理が行われた後、結果を確認するかどうか聞かれます。確認したければ「View Result」をタップします。終了する場合は「Close」をタップします。


    Result画面ではビデオの時間が確認できるので、ビデオがカット編集されているのがわかります。また、新規で保存した場合、ファイル名の確認もできます。


動画が編集されたかどうか詳細画面で確認

動画が編集されたかどうか詳細画面で確認


ビデオをつなげてみよう

1つ1つのシーンのビデオクリップを最適にカット編集したら、次は複数のビデオクリップをつなげて、1つの作品にしてみましょう。


ビデオにつなげて出力できるアプリはいろいろありますが、ここではシンプルで扱いやすい『Movie Editor』を使います。


有料で230円(2012年5月時点の価格)しますが、それだけの価値はあるアプリです。編集したビデオの出力解像度も指定できますし、必要であればBGMの追加も可能です。


『Movie Editor』を早速ダウンロード
アプリをダウンロード


  1. アプリを起動すると、ビデオあるいは音楽ファイルの追加のためのアイコンが画面中央に表示されます。まずは、ビデオアイコンをタップします。

  2. 上のビデオアイコンを選択

    上のビデオアイコンを選択


  3. ギャラリー画面が表示されるので、目的のビデオをタップして選択します。

  4. 一覧から編集したいビデオを選択

    一覧から編集したいビデオを選択


  5. 元の画面に戻ると、選択したビデオクリップが追加されたのを確認できます。続いて、次のビデオを追加するため、前後どちらかに追加したい位置のビデオアイコンをタップし、先ほどと同じようにギャラリーからビデオを選択します。

  6. 先ほどの画面にビデオクリップが追加された

    先ほどの画面にビデオクリップが追加された


  7. これで指定した位置にビデオが追加されます。さらに音楽ファイルを追加したい場合は、スピーカアイコンをタップします。

  8. さらにビデオが追加された

    さらにビデオが追加された


  9. 端末内に保存されている曲のリストが表示されるので、タップして選択します。
    ※楽曲を使用する際、個人で楽しむ範囲でお使いください。

  10. 楽曲リスト画面

    楽曲リスト画面


  11. スピーカアイコンの文字の右に曲名が表示され、音楽ファイルが指定されたのを確認できます。ビデオにすべてのアイテムを追加できたら、右上のディスクアイコンをタップします。

  12. 動画で流れる曲の名前が追加された

    動画で流れる曲の名前が追加された


  13. ビデオ出力時の解像度とクオリティが選択できるので、タップして選択します。その後「Export」をタップします。

  14. ビデオ出力時の解像度とクオリティ選択画面

    ビデオ出力時の解像度とクオリティ選択画面


  15. ビデオの作成が開始され、完了後にプロフィールが表示されます。右上の再生アイコンをタップすれば内容を確認できます。さらに、画面右上の左にあるシェアアイコンから他のアプリにビデオを送信することができます。
    ※『YouTube』などで公開される場合は、使用する音楽CDに関する権利者の窓口に連絡して許可を得てください。

できた作品を他のアプリに送信することもできる

できた作品を他のアプリに送信することもできる


編集したビデオはみんなで楽しもう!

以上で、ビデオの編集作業は完了です。今回は、撮影したビデオの不要部分をカットすること。そして、複数のビデオをつなげることについて紹介しました。これだけでも何かのイベントなどで撮影した複数のビデオから、1本の映像作品が作れます。


どこかへ出かけた時に撮影したビデオを編集して、後で友達や家族と見ることができます。それぞれのスタイルでビデオ鑑賞を楽しんでください。


次回は、より進んだビデオ編集についてご紹介したいと思います。お楽しみに。


前回の記事は、こちらを参照ください。