スマホを買ったらまずやりたい10のこと

5.メールを送ってみよう

新しい連絡先をメールで友達に教えたいけど、どうやって送るのか。ここでは、Gmailを選択します。

 

Gmailのアプリは赤枠

Gmailのアプリは赤枠

 

アプリを起動させると、「受信BOX」や「新規メール」など、ケータイでもおなじみのメール機能が並んでいます。ここから「新規メール」でメールを作成して送ることができます。

 

他にも、「ドコモメール」をはじめとしたキャリアメールや、SMSを送受信できる「メッセージ」などAndroidスマートフォンには初期状態で数種類のメールアプリがあります。メールアドレスが異なるだけで操作に大きな違いはありません。詳しくは以下で解説しています。

 

メールについては、こちらを参照ください。

 

メール本文をフリック入力

メール本文をフリック入力

 

メールを作成するのに、必要となるのが文字入力。ケータイと違い、「フリック入力」という独特の方法で画面上にあるキーを押すため、はじめは戸惑うはず。慣れるまでは、ひたすらに入力するしかありません。

 

フリック入力練習アプリ 【きゅ~ぴっど・ふりっく】』や『タイピングの神様』といった練習アプリもあるので、それらを使っていち早く上達しましょう。

 

文字入力はフリック以外に、PCのように入力する「QWERTY入力」、いわゆる「ケータイ打ち」と呼ばる「トグル入力」などもあります。自分の使い勝手の良い入力方法を選んでくださいね。

 

文字入力については、こちらを参照ください。

 

6.カメラで写真を撮ってみよう

メールが送れるようになったし、友人や家族へ写真を送りたくなってきます。そのためには、まず端末の内蔵カメラで撮影しましょう。

 

「カメラ」と書かれたアプリを立ち上げれば、撮影画面になります。あとは、画面下部中央にあるカメラアイコンを押すだけでパシッと撮影できます。端末によってはサイドにシャッターボタンがある機種もあります。

 

撮影の際、ピントを合わせたい箇所を一度タップするのが上手く撮れるコツです。

 

写真を撮影(左)アプリへ共有も簡単(右)

写真を撮影(左)アプリへ共有も簡単(右)

 

撮影した写真は、画面右下に表示されます。そこをタップすると画面に大きく表示されます。そこで「共有」を選択すると、いろいろなアプリの名前が表示されます。その中から、送りたいメール系のアプリを選択します。

 

すると、メールに添付されます。あとは、送信先等を入力するだけ。とても簡単です。

 

カメラ撮影については、こちらを参照ください。

 

こちらの記事もご覧ください。