【編集部コラム】富士山の頂上が水平かスマホを使って検証してみた!?~旅とアプリとスマホの物語:番外編~

2012年08月01日 12:02 by 編集部こんどう巨神兵
富士登山に挑戦!

富士登山に挑戦!

こんにちは。編集部こんどうです。7月のことですが、富士山に登ってきました。今回で3回目。オンシーズンは初めてでしたが、ワクワク感がいっぱいで、仕事中も「富士山登るんですぅ~」と公言しまくっていたら、「じゃ、記事書いて」と。

 

Android Sensor Box』を使って頂上が水平か測ってこいというのです。プライベートが一気に仕事モードに!プライベートなのに、、、プライベートなのにーーーっ!!

 

3,776m、日本最高峰の富士山。新宿からバスで5時間程で5合目に着きます。東京では汗が出るぐらい暑かったのに、着いてみると霧が出ていて、肌寒い。しかし、空気が澄んでいて、「ああ、山に来たんだな」と実感します。

 

同行者は登山自体が初めての友達2人と、計3人のパーティ。準備運動を終え、リーダー(仮)の僕から一言。

 

  • 無理はしない。辛かったら「休みたい」とすぐに言う
  • 山は逃げない。天気が悪くなったら下山も考える
  • 声を掛け合う
  • すれ違ったひととは「こんにちはー」と挨拶をかわす
  • 積極的でなくても良いが、落ちているゴミは拾う(自分のゴミはもちろん持ち帰る)

 

最後に、自分「ガンバッ!」、友達「レッツ」、3人で「ゴー!!!」と、独自の気合入れをして、登山を開始しました。

 

富士山でスマホは使えるの?

5合目以上に基地局のアンテナが設置されているので、スマートフォンも利用できます。実際に利用してみたことや感じたことがあります。

 

8合目で観たバラエティ番組

8合目で観たバラエティ番組

 

  • ワンセグが観られる(休憩でバラエティ番組を観て、活力をもらう)
  • Google mapで頂上までのルート確認できる(でも、道筋は見えているのであまり意味が・・・)
  • 登りながらのスマホ操作はやめましょう(一旦隅に避けてから撮影やTwitterをしましょう)
  • 夜の頂上付近はめちゃくちゃ寒い!(ゆえにバッテリーの消耗が激しかったです)

さて、途中の道程は省きますが、オンシーズンは渋滞が頻繁に起こり、思うように登れませんでした。そのせいか、頂上目前の9.5合目で高山病になり、自分ひとりで8合目の山小屋へ降りることにしました。今回は登頂できずに無念の下山です。(すみません、水平か測れませんでした)

 

しかし、ご来光は9合目で見ることができました。その姿をどうぞご覧ください。

 

まだ星がきらめく時間

まだ星がきらめく時間

 

徐々に陽が昇りはじめる

徐々に陽が昇りはじめる

 

朱色に染まりだす空と雲

朱色に染まりだす空と雲

 

やっと顔を出した、太陽

やっと顔を出した、太陽

 

空と雲のあいだに完全に姿をあらわす

空と雲のあいだに完全に姿をあらわす

 

山はやっぱり良いですね。都会で忘れていた大切なことを思い出させてくれます。

 

これまで書いた旅の記事でも、スマートフォンの活躍する場面がありましたが、今回の登山でも、その力を発揮してくれました。ただ、重要なことは、スマホはひとつのアイテムでしかないということ。最終的には自分や仲間の判断が肝心です。

 

この夏、登山を考えていらっしゃる方は、上手にスマホを使って、思い出のいちページを作ってください。

 

また、こちらのアプリもおすすめです。

 

こちらも夏の旅行計画にご参考ください♪