保存版!限られた相手と楽しむ大人のLINE活用術


有料スタンプの場合は、そこから購入の手続きを行います。その際『LINE』で使えるコインが必要になります。コインは「設定」の「コイン管理」で購入してください。Google Playで決済されるので、有料アプリを買うのと同じ感覚で行えます。


有料スタンプをなかなか買う機会がない人に贈ってあげると喜ばれますよ。


LINEコインを保有して購入しよう(左)プレゼントを送る時のスタンプもかわいい(右)

LINEコインを保有して購入しよう(左)プレゼントを送る時のスタンプもかわいい(右)


スタンプについては、こちらの記事も参照ください。


  • グリーティングカードを贈る
  • 『LINE』の兄弟アプリ『LINE Card』を使えば、思いを込めたグリーティングカードを贈ることができます。


    デザインのバリエーションも豊富ですので、様々なシーンに対応できますよ。誕生日はもちろん、クリスマスや正月などイベント時に使っても効果的です。


    カードの文字内容を編集(左)カードをタップすると画面に大きく表示される(右)

    カードの文字内容を編集(左)カードをタップすると画面に大きく表示される(右)


    5.ごめん、今気づいたは通用しない!

    手軽にメッセージが送れるので、メールよりも早い感覚でメッセージが届くことがあります。メールであれば、チェックだけしてワザと放置し、次の日に「ごめん!今気づいた」と返信をして嘘をつけたものです。それが『LINE』では通用しません。


    メッセージを見た段階で相手の画面に小さく「既読」と表示されるので、メッセージを見たことが簡単にバレてしまいます。


    相手側の画面。既読と出ている(左)案の定、相手の怒りを買うハメに…(右)

    相手側の画面。既読と出ている(左)案の定、相手の怒りを買うハメに…(右)


    それを避けるには、「通知設定」をONにしてポップアップ通知、メッセージ内容を表示できるようにチェックを入れます。そうすれば、アプリを開かずにメッセージの内容を確認できます。


    さらに、そこで表示を押さずに読むだけで閉じます。そうすれば、トーク画面には入っていないことになるので既読扱いにはなりません。ただし、通知がバレてはいけない相手が近くにいる場合は、気をつけてください。


    6.ホームは限られた相手だけに公開する

    新たに追加された「ホーム」は、『Facebook』のように自分の近況や写真などを公開できます。内容を知られたくない相手がいる場合、「設定」の「タイムライン・ホーム公開設定」で公開する相手を指定しておきましょう。


    そこで選択した相手にしか情報が公開されなくなり、友だちの投稿が閲覧できる「タイムライン」にも公開されないようになるので安心です。恋人しか選択せずにふたりだけでやりとりできるようにしたり、家族だけに設定して近況報告に使ったり自由にできます。


    「公開範囲設定」画面で公開先を選択(左)ホーム画面。投稿した内容が表示される(右)

    「公開範囲設定」画面で公開先を選択(左)ホーム画面。投稿した内容が表示される(右)



    『LINE』について詳しくは、このページをチェック!


    『LINE』の人気グッズはこちら

    LINE Character collection

    こちらの記事もご覧ください。