ワンタップでキャッシュをクリア!万能タスクマネージャアプリ『全能ツールボックス(All-In-One Toolbox)』

2012年10月01日 16:03 by みろいど
全能ツールボックス(All-In-One Toolbox)

全能ツールボックス(All-In-One Toolbox)

『全能ツールボックス (All-In-One Toolbox)』というアプリを紹介します。


いわゆるタスクマネージャ系のアプリですが、これ1つでAndroidスマートフォンの管理をほぼすべて行ってしまう優れものです。


キャッシュのクリアはもちろん、アプリのアンインストールやSDカードへの移動、バッテリー情報、各アプリのバッテリー使用率といった、あらゆる情報を閲覧・管理できます。


ワンタップで最適化!

全能ツールボックス(All-In-One Toolbox):ワンクリックで最適化

全能ツールボックス(All-In-One Toolbox):ワンクリックで最適化

アプリを起動すると画像のような画面が現れます。画面下部に「ワンクリックで最適化」というボタンがあるので、まずはタップをしてみてください。


記事の冒頭の画像はタップ前の画面です。「RAM」というドーナツ型のグラフを見てみてください。最適化後はメモリの空き容量がグーンと増えているのがおわかりになるかと思います。


このように非常に手軽に最適化が可能になっています。


設定方法

最初に設定方法から紹介します。と言っても、設定はたった2つです。通知領域への情報表示/非表示を切り替える「通知欄アイコン」と、最適化対象外のアプリを事前に登録する「白名簿管理」です。


最適化対象外のアプリリストは、わかりやすく「ユーザー」と「システム」に分かれていて、しかもシステム側はデフォルトでシステムに必要だと思われるものが対象となっています。


全能ツールボックス(All-In-One Toolbox):最適化対象外のアプリリストは、「ユーザ」(左)と「システム」(右)に分かれている

全能ツールボックス(All-In-One Toolbox):最適化対象外のアプリリストは、「ユーザ」(左)と「システム」(右)に分かれている


みろいどは、「ユーザー」に、常に動いていて欲しいメールアプリなどを追加。「システム」の方は、「あんしんスキャン」を追加しておきました。次に、アプリの画面を見ながら、機能の紹介をしていきます。


ここまで読んで気になったら、ダウンロード
アプリをダウンロード


バッテリー使用量の多いアプリをチェック

起動画面をスワイプするか、画面上部の「プロセス」をタップすると、電力使用量の多いアプリが順番に並んでいます。どのアプリがバッテリーを消費しているのかがひとめで分かり便利です。みろいどの端末はなぜか「アドレス帳」が1番でした。


全能ツールボックス(All-In-One Toolbox) :バッテリー使用量の多い順にアプリを表示(左)表示内容はCPU使用率やメモリ使用量順にも変更できる(右)

全能ツールボックス(All-In-One Toolbox) :バッテリー使用量の多い順にアプリを表示(左)表示内容はCPU使用率やメモリ使用量順にも変更できる(右)


表示内容は、画面右上の「耗電量ランク」をタップすると、その他「メモリランク」「CPUランク」を選択できます。


キャッシュのクリアやファイル管理

全能ツールボックス(All-In-One Toolbox) :ツールボックスから様々な操作が可能

全能ツールボックス(All-In-One Toolbox) :ツールボックスから様々な操作が可能

「ツールボックス」画面では、本アプリでできることの一覧が表示されます。簡単に紹介します。


  • キャッシュ処理:アプリのキャッシュをクリア
  • 歴史記録の処理:ブラウザなどの履歴のクリア
  • 通話/メッセージの処理:通話履歴やSMSの履歴のクリア
  • SDカードの処理:SDカード内のアプリのキャッシュ関連情報を検索しクリア
  • App2SD:SDカードに移動可能なアプリの表示と移動がワンタップでできる
  • ファイルの管理器:SDカードのファイルブラウザツール(ファイルマネージャのようなもの)
  • インストール:SD内にあるapkファイルを探し、インストールできる
  • アンインストール:アプリのアンインストールができる



キャッシュ関連を一気にクリアできるのはうれしい機能です。メモリの少ない端末はこのキャッシュが溜まることで、動作が遅くなることがあります。キャッシュをクリアすると快適になる場合があるので、試してみてください。


端末起動時に立ち上げるアプリを指定できる

全能ツールボックス(All-In-One Toolbox) :端末の起動時に初めに起動するアプリを指定できる

全能ツールボックス(All-In-One Toolbox) :端末の起動時に初めに起動するアプリを指定できる

ツールボックスの項目にある「起動項目の添加」は端末の起動時(電源ON時)に初めに起動するアプリを指定できます。


例えば、就寝時に端末の電源をOFFにする時、起動項目に天気予報のアプリを選択しておくと、朝、端末の電源を入れると自動で天気予報アプリの画面が表示されます。


「指定しなくても、インストールされているアプリは動き出すじゃない!」と思われるかもしれませんが、確かに常駐型のアプリは起動時に勝手に動きます。


もちろん、アプリがそのような作りになっているからですが、この機能はそんな作りになっていなくても、自分で起動したようにアプリが動き出すのです。


いろいろな使い方がありそうなので、試してみてください。


アプリの起動を制御できる

ツールボックスの「起動加速」では、指定したアプリを起動しないように設定できます。アンインストールしないまでも、使わないアプリなどがあれば、チェックを入れて起動しないようにできます。


全能ツールボックス(All-In-One Toolbox) :「起動加速」は、指定したアプリを起動しないように設定できる

全能ツールボックス(All-In-One Toolbox) :「起動加速」は、指定したアプリを起動しないように設定できる


日本語の訳が変で、選択するのと選択を外す時の動作が「起動」なのか「起動しない」なのかわかりにくいですが、どうやら「レ点」のチェックがされている状態が「起動する」という選択のようです。

<総括>

本アプリ1つでタスクマネージャ系の機能から端末の設定・操作までできるようになっており、とても便利に使えます。また、非常に軽量で常駐しているのを意識させません。みなさんもワンタッチで端末を最適化してみてはいかがでしょうか?

全能ツールボックス(All-In-One Toolbox)
IMOBLIFE INC. 全能ツールボックス(All-In-One Toolbox) 無料

『全能ツールボックス(All-In-One Toolbox)』~ワンタップでキャッシュをクリア!万能タスクマネージャアプリ~

上のQRコードを読み取ってAndroid端末でダウンロード

無料QRコードアプリ