『仙台・東西線フォトギャラリー』~3.11から2年…復興の動きを写真と音楽で感じとる~

仙台・東西線フォトギャラリー

仙台・東西線フォトギャラリー


2011年3月11日に起こった、東日本大震災から2年が経ちました。
 
被害が特に甚大だった東北地域へ、復興支援に行かれた方も少なくないはずです。
 
津波の被害を受けた宮城県の沿岸部と内陸側とをつなぐ「東西線」。復興の手助けとなるこの地下鉄の建設状況を、写真と音楽で表現したのが本アプリです。

 
 
今回は、個人的に“光”を感じたアプリなので紹介したいと思います。

 


※本アプリは、Android 4.0以上の対応です。
 
 
<アプリの紹介を抜粋>
この工事記録の撮影は、東日本大震災の被災地である宮城県仙台市の「仙台市地下鉄東西線」で行なわれました。

 
この地下鉄は、内陸の西側の街から、津波の被害を受けた沿岸部に近い東側の街へと延びる路線であり、沿岸部の復興の手助けとなる大切な役目を持っています。今回のアプリケーションは単なる工事の記録撮影のまとめでは無く、日本中のスマートフォンユーザーがアプリケーションを通して被災地の復興の動きを感じ取る事ができる、ドキュメンタリー的な役目も持っています。

 
このアプリケーションは、仙台市の行政と地下鉄の工事関係者、東北に生まれたミュージシャン、クリエイターと共に作り上げた作品であり、今後、継続してこの地下鉄の記録はスマートフォンアプリケーションとして発表されていく予定です。

 

 

ここまで読んで気になったら、ダウンロード

 

美しい印象的な写真

 

仙台・東西線フォトギャラリー:建設中の写真が鮮明に映し出されている

仙台・東西線フォトギャラリー:建設中の写真が鮮明に映し出されている


 
本アプリを開くと、印象的な仙台・東西線の写真が映し出されます。5秒程度でスライドしてゆく静止画ですが、微かな動きもあり、前向きな印象が淡い光とあいまって見入ってしまいます。
 
人物や動物など生物は出てきませんが、無機質さは感じず、エネルギッシュなパワーを感じます。
 
 
仙台・東西線フォトギャラリー:光のコントラストが印象的

仙台・東西線フォトギャラリー:光のコントラストが印象的


 
そして、心に残るのは音楽です。「RAIL&WAVES」「SUBWAY」「SWEET MOMENTS」など6つのBGMをセレクトできます。写真、そして実際の現場を見たサウンドクリエーターが音楽を創り出しました。
 
不思議と心地良いBGM、本アプリの特徴の一つです。ぜひ聴いてみてください。
 
仙台・東西線フォトギャラリー:6つの音楽が写真の世界観を際立たせている

仙台・東西線フォトギャラリー:6つの音楽が写真の世界観を際立たせている


 
右上のメニューを選べば、PHOTO GALLERYが選べます。まるで展覧会にいるようなイメージワールド。この不思議な感覚、ちょっと味わってほしいです。
 
仙台・東西線フォトギャラリー:自分で見たい写真を選べる

仙台・東西線フォトギャラリー:自分で見たい写真を選べる


 
本アプリは、IT産業の活性化を目的とした、仙台市の情報産業支援事業の一環として開発されたものです。

こちらの記事もご覧ください。

この記事にコメントする!