電池が早く減るのは劣化が原因!バッテリーが寿命になる前に知っておきたいこと

 

1.充電回数が多くありませんか?

使い方にもよりますが、リチウムイオン電池の寿命は300サイクルでおおむね70~80%、500サイクルでおおむね50~70%になっています。

 

フィーチャーフォンの場合、夜寝ている間は充電台に載せ、昼間は使用というケースだと、1年間で300回程度充電していることになるでしょう(リチウムイオンバッテリーの開発・製造・販売を扱う「ベイサン」のHPより一部引用)。

 

フィーチャーフォンより電力消費量が多いスマートフォンの場合、1日1回充電すると、1年5ヶ月弱でバッテリーが満充電でも半分しか溜まっていない可能性があります。

 

継ぎ足し充電に耐性があるとは言え、継ぎ足し過ぎは却って良くない結果をもたらしてしまうのです。

 

まめに充電をしていると、その分寿命が短くなってしまいます。なるべく使い切ってから充電しましょう。

 

2.暑い場所で充電していませんか?

リチウムイオン電池は熱が苦手です。日当たりがとても良い窓際にスマートフォンを置いて充電していると、それだけで電池の劣化を速めてしまいかねません。

 

電池を充電する時は、なるべく涼しい場所で充電することを心がけたいです。

 

スマートフォンへの直射日光は避けたい。充電場所にも気をつけよう

スマートフォンへの直射日光は避けたい。充電場所にも気をつけよう

 

3.「満充電」をずっと続けてませんか?

「電池ゲージはずっと満タンが良い!」と言ってなるべく満充電の状態を保っている、という方もいると思います。実は、これも電池を劣化させる原因となります。

 

リチウムイオン電池は、充電と放電を適度に行うことも寿命を延ばす上では重要です。満タンを常にキープしている方は、その習慣を見直すだけで電池の持ちが良くなります。

 

NTTドコモよりご回答

Q.スマートフォンのバッテリーに寿命はあるのでしょうか?

A.何を「寿命」とするかによりますが、お買い上げ時よりも使用時間が極端に短くなることを「寿命」とするのであれば、寿命はあると言えます。

 

Q.寿命は、どれくらいまでもつのでしょうか?

A.ご利用状況や環境によっても異なりますが、一般的には1年~2年くらいになるかと思います。1回の充電で使える時間がご購入時の半分程度になったら、お早めにお取り替えをご検討いただくようご案内しております。

 

Q.劣化しやすい充電方法はあるのでしょうか?

A.電池は、以下の状況では、ダメージが大きくなる傾向があります。

  • 高温環境で充電する
  • 満充電付近(約90%以上)で、充電を繰り返す

 

携帯電話を使用しながら充電すると、上記のような状況になる可能性がありますので、避けていただくのが望ましいです。また、満充電にした電池を高温になりやすい場所に保管することは避けてください。

 

電池の現状をチェックしてもらおう

こういったことを心がけても、電池パックの寿命は通常、PCのバッテリーと違って目に見えて分かるものではありません。そこで、電池パックの点検をキャリアショップでしてもらう、という方法があります。

 

NTTドコモでは、ドコモショップなどの故障取扱窓口に「電池テスター」を配備していて、電池パックの劣化度合いを調べてくれるサービスを行っています。10分程度の検査で充電可能な容量が分かります。

 

こちらの記事もご覧ください。