電池が早く減るのは劣化が原因!バッテリーが寿命になる前に知っておきたいこと

 

ドコモショップなどの故障受付窓口にある電池テスター

ドコモショップなどの故障受付窓口にある電池テスター

 

先ほども書いた通り、これが新品時の半分の時間しか使えないと診断されたら寿命です。また、診断終了後には修理受付担当者から、電池パックをより長く使うためのアドバイスも受けることもできます。

 

なお、このサービスは「Xperia Z SO-02E」や「AQUOS PHONE ZETA SH-02E」のような電池パック内蔵機種では受けることができません。修理扱いで、メーカー修理拠点に送付して点検してもらうことになります。

 

同様のサービスは、auではショップごとの対応となり、ソフトバンクでは行っておりません。

 

NTTドコモよりご回答

Q.御社のショップでは、現在のバッテリー状況をチェックするサービスは行っておりますでしょうか?

A.ドコモショップなどの故障受付窓口で、計測装置(電池テスター)を使ってバッテリー状況をお調べしております。

 

ただし、バッテリーの取り外しができない機種は店頭での計測ができかねますので、お預かりしてメーカーにて確認させていただくこととなります。

 

電池パックが寿命を迎えたら…?

電池パックが寿命を迎えてしまった場合、電池パックを交換する必要があります。電池パックを取り外せる機種では、自分で入手して交換すればOKです。入手方法は、以下の通りです。

 

1.キャリアショップで購入する

まずは、キャリアショップで機種名、または電池パックの型番を伝えて電池パックを購入する方法です。在庫があればすぐに購入可能ですし、在庫がない場合は予約購入できます。

 

2.キャリア公式オンラインショップで購入する

キャリアショップに行く時間があまり取れない、という場合はキャリア公式のオンラインショップで購入する方法もあります。

 

ドコモでは「ドコモオンラインショップ」、auでは「au Online Shop」、ソフトバンクモバイルでは「ソフトバンクオンラインショップ」で電池パックを買えます。

 

ドコモオンラインショップで購入可能

ドコモオンラインショップで購入可能

 

支払い方法は、いずれもクレジットカードの一括払いに対応しています。また、キャリアのオンラインサービスアカウントでログインして購入すると、ポイント値引きをショップ購入時と同じ条件で行えます。

 

こちらの記事もご覧ください。