スマホ(アンドロイド)に機種変更する準備でやっておくべき8つのこと【アプリの引き継ぎ・データ移行】

4.写真・動画・音楽のバックアップを取ること

写真や音楽のデータをSDカードに保存している方は、SDカードを新しい端末に入れるだけで問題なく閲覧・聴取できます。ただし、端末のストレージに保存されたデータは、SDカード等にバックアップして移行する必要があります。
 
SDカード
ファイル管理アプリを使うとスムーズに行えます。『Yahoo!ファイルマネージャー』は、PCのようにドラッグ&ドロップでデータを移動できるので、視覚的にもわかりやすいです。日本語表記なので、読めなくてどう操作すればいいかわからないということもありません。
 

『Yahoo!ファイルマネージャー』のトップ画面(左)データをドラッグ&ドロップで移動(右)

『Yahoo!ファイルマネージャー』のトップ画面(左)データをドラッグ&ドロップで移動(右)


 
もし、今使っているSDカードがスマホ購入時の付属品であれば、おそらく2GBなどの容量の少ないものである可能性が高いです。
 
機種変更を機に容量の大きいものに変えることをおすすめします。SDカードにはアプリ(一部を除く)を移動できますし、写真や音楽データも保存できるので、容量が大きいに越したことはありません。
 

 
クラウドサービス
クラウドサービスを使って、写真をアップロードしてバックアップをとりましょう。『Dropbox』や『Google ドライブ』などに保存します。どちらも写真を自動でバックアップできる機能があるのでONにしましょう。少し時間がかかりますが、全自動でアップロードして保存されます。
 
クラウドについてはこちらもチェック!

 
PCに保存
バックアップ方法でSDカードやクラウドへの移行はよくわからないという方は、USBケーブルでPCにスマホをつなげば、スマホから直接ファイルをPCに保存できます。
 
PCについてはこちらもチェック!

 

機種変更後にやっておくべきこと

無事に新しい端末を手に入れたら、機種変更前にバックアップをとったデータを新端末に入れてあげましょう。

 

5.電話帳のインポートをすること

電話帳への移行は、キャリアのショップであれば、アドバイスを受けながらその場で問題なく移行できる事が多いでしょう。
 
万一、うまく移行できなかった場合は、バックアップをとっておいたデータを新しい端末にインポートしましょう。
 
電話帳についてはこちらもチェック!

 
SDカード
「電話帳」アプリ右上のメニューボタン→「インポート/エクスポート」から「SDカードからインポート」を選択してください。それで電話帳のデータが復元されます。
 
キャリアによってアプリ名やメニュー名に違いはありますが、「SDカードからインポート」という項目があればOKです。
 
クラウドサービス
ドコモとauのユーザであれば、キャリアが提供するクラウドサービスを使って電話帳データを入れられます。
 

  • NTTドコモ:バックアップと同様に、「電話帳」アプリでメニュー→「クラウドメニュー」→「クラウドデータの復旧メニュー」→「復旧」を選べばインポートされます。。

 

  • au:「連絡先」のメニューから「連絡先をauサーバに保存」を選択し、「スマートフォンに保存」をタップすれば復元されます。また、『Friends Note』のアプリからメニュー→「バックアップ」で「スマートフォンに保存」を選択しても復元できます。

 
Googleアカウントの連絡先の復元方法は、端末の「設定」→「アカウントと同期」で連絡先を同期するだけでOKです。

こちらの記事もご覧ください。