『Best Widgets』~時計、天気、バッテリー情報が見られるシンプルでクールなウィジェット~

Best Widgets

Best Widgets


『Best Widgets』は、簡単な設定で時計、天気、バッテリー情報が見られるウィジェットです。
 
凝ったデザインで高機能、更に様々なカスタマイズができるウィジェットアプリが多い中、本ウィジェットは非常にシンプルです。筆者的には好感が持てました。
 
シンプルながらも好みのデザインをダウンロードして利用できるなど、最低限のカスタマイズも可能です。

 

好きなテーマを選択しよう

Best Widgets:ウィジェットサイズ選択画面

Best Widgets:ウィジェットサイズ選択画面


選択できるウィジェットサイズは1×2、2×1、4×1、4×2、4×4の5パターンあります。

 
各パターン共通で、テーマを選択できます。サイズ選択後の設定画面で、右にスワイプして「Online Themes」を選び、テーマをダウンロードします。「Downloaded Themes」から、使いたいテーマを選択してください。
 

Best Widgets:テーマダウンロード画面(左)テーマ選択画面(右)

Best Widgets:テーマダウンロード画面(左)テーマ選択画面(右)


 

ここまで読んで気になったら、ダウンロード

 

詳細設定も可能

「Settings」から、“レイアウト選択”、“日付・時刻表示”、“天気表示”の設定ができます。
 
“レイアウト選択”は「Widget Layout」からできます。事前に選んだウィジェットサイズで、“日付・時刻”、“天気”、“バッテリー”の3つを組み合わせたレイアウトリストが表示されるので選択します。
 

Best Widgets:「Settings」画面(左)「Widget Layout」画面(右)

Best Widgets:「Settings」画面(左)「Widget Layout」画面(右)


 
レイアウトは、どれもシンプルですが、少しクールな感じがいいですね。
 
“日付・時刻表示”は、24時間表示、省略表示の設定に加え、「Interaction Settings」で、時刻部分・日付部分をタップしてアプリを呼び出す設定ができます。
 
“天気表示”は、ロケーション設定、温度表示、更新間隔を設定できます。ロケーション設定は、「Auto-detect(自動検出)」「Auto-refresh(自動更新)」「Manual search(手動入力)」を選択できます。
 
Best Widgets:「Interaction Settings」画面(左)「Pick the Location」画面(右)

Best Widgets:「Interaction Settings」画面(左)「Pick the Location」画面(右)


 
最後に設定画面右上の「チェックボタン」をタップすれば、設定完了です。4×1、4×4の2つを貼り付けてみました。テーマは「AngleOrange」にしてみました。
 
Best Widgets:ウィジェットを設定(左)天気情報の詳細画面(右)

Best Widgets:ウィジェットを設定(左)天気情報の詳細画面(右)


 
天気情報部分をタップすると、天気情報の詳細が表示されます。また、ウィジェットの設定画面も表示できます。

 
カスタマイズをするときに操作しやすいタッチペンをチェックしておこう!

こちらの記事もご覧ください。