『Drinking Mirror』~お酒を飲み続けるとどうなるの?10年経ったあなたの未来を映します~

Drinking Mirror

Drinking Mirror


『Drinking Mirror』は、自分の飲んでいる酒量から10年後の自分の顔を予測して映しだすアプリです。
 
「お酒は好きなんだけど。ちょっと減らそうかな?」と思っているあなた!本アプリを使って、10年後どうなるか見てみてはいかがでしょうか?見たあとに禁酒を決意できるかもしれませんよ。

 
使い方は、「CAMERA」で撮影するか、「CHOOSE PHOTO」で顔写真を取り込んでください。どちらも必ず顔が正面を向いている状態の写真にしましょう。
 
あとは画面の指示に従い、顔のラインと目の位置を調整。最後に1週間でどれだけアルコールを飲んでいるか選択してください。酒量は、1グラスの量が175ml(2杯で缶ビール1本分)換算で、「None」、「1 to 5」、「6 to 10」、「10 +」の4種類です。
 
Drinking Mirror:飲酒をしなかった「None」(左)「6 + 10」の場合、とても同じ10年には見えません

Drinking Mirror:飲酒をしなかった「None」(左)「6 + 10」の場合、とても同じ10年には見えません


 
このまま「6 to 10」の酒量で10年飲み続けた結果が、上記の画像となります。ちなみに「10 +」だと見た瞬間に「あ、すごくまずい。控えよう」と思えるくらいのインパクトがあります。一度お試しあれ。
 
外側の運動も大切!ストレッチを適宜しましょう。

 

こちらの記事もご覧ください。

この記事にコメントする!