『Edge: Quick Actions』~ビュッと驚く程にアプリを高速起動!操作感がおもしろいサブランチャー~

Edge: Quick Actions

Edge: Quick Actions


ランチャーアプリはデザイン、機能、使い勝手など、選ぶポイントがいくつかあると思います。
 
今回紹介する『Edge:Quick Actions』は、指で画面をタッチして離すと同時のワンアクションでアプリを起動することができるスピード感が魅力のサブランチャーです。
 
何度も画面をタッチして目的のアプリを起動するのがちょっと面倒…。と感じている方にとってはまさに夢のようなランチャーになっています。
 
※本アプリは、Android 4.0.3以上の対応です。

 

指を離すだけで高速起動

画面左にあるスイッチエリア(赤い枠部分)をタップするとWi-FiやBluetoothなどのトグルとアプリアイコンが表示され一瞬で起動できます。
 
起動方法のポイントは、「スイッチエリアをタップ」→「指を離さず起動したいアイコンまで滑らせる」→「指を離す」。起動したいアイコンに移動するまで指を離さないことがポイントです!
 

Edge: Quick Actions:ホーム画面左端をタップ(左)ランチャーを引き出した状態(右)

Edge: Quick Actions:ホーム画面左端をタップ(左)ランチャーを引き出した状態(右)


 

アプリを起動中でも大活躍

いつでもサッと呼び出せる便利なサブランチャーとして、いろいろな画面で呼び出せるようになっています。
 
後述しますが、よく使うアプリをパネル内に設定することもできるので使い勝手はバツグンですよ!
 

Edge: Quick Actions:ブラウザ上でランチャーを起動(左)地図、ナビでランチャーを起動(右)

Edge: Quick Actions:ブラウザ上でランチャーを起動(左)地図、ナビでランチャーを起動(右)


 

ここまで読んで気になったら、ダウンロード

 

使いやすくカスタマイズできる

残念ながら日本語非対応…。ですが、そんなに難しくはないので英語が苦手でも大丈夫!
 
パネル内に常駐させたいアプリやWi-Fi、明るさ調整など、よく使う機能を選んで設定しておけばサッと起動!便利で効率もよく時短にもつながります。
 

  • 「Show/hide elements」:パネル内に表示させる機能・アプリを設定
  • 「Active edge settings」:スイッチエリアの設定
  • 「General settings」:その他一般設定

 

Edge: Quick Actions:設定項目画面(左)「Show/hide elements」メニュー(右)

Edge: Quick Actions:設定項目画面(左)「Show/hide elements」メニュー(右)


 
「Show/hide elements」メニューからは、最大5個までのアプリを選んで常駐させることができます。「Top shortcuts」はパネルの上部、「Bottom shortcuts」はパネルの下部にそれぞれ最大4個までの機能を選んで設置できます。
 
Edge: Quick Actions:「Favorite apps」選択画面(左)「Top shortcuts」選択画面(右)

Edge: Quick Actions:「Favorite apps」選択画面(左)「Top shortcuts」選択画面(右)


 
「Active edge settings」では、スイッチエリアの位置、高さの変更と5段階での感度設定ができます。高さは高めにしておいた方が誤動作しにくくなると思います。
 
「General settings」では、端末を起動した時に自動で本アプリを起動させたり、バイブレーションON/OFFなどの設定ができます。
 
Edge: Quick Actions:「Active edge settings」画面(左)「General settings」画面(右)

Edge: Quick Actions:「Active edge settings」画面(左)「General settings」画面(右)


 
パネル内の★アイコンを選ぶと、直近で起動していたアプリが表示されるのがとっても便利に感じました。
 
使い始めはスイッチエリアをタップする感覚に戸惑うと思いますが、コツをつかむと「今までアプリを起動するまでにタップしていた回数は何だったのか?」と思えるほどのスピード起動に驚きます!
 
色や外観の変更、スイッチエリアを画面右端で設定するなどのカスタマイズができる有料の『 Edge Pro: Quick Actions』もあります。
 
その他、カスタマイズの神職人のテクを参考に♪

こちらの記事もご覧ください。