スマホの大掃除はクラウドサービスを活用!Googleアカウントを活かして電話帳、写真、動画をバックアップ

クラウド保存された連絡先データは、同じGoogleアカウントで登録されたAndroid端末やWeb版「Gmail」でも利用・編集ができます。複数デバイスで同じ連絡先を共有したい時には大変便利です。

 

他のAndroid端末(左)やWeb版「Gmail」(右)でも共有できる

他のAndroid端末(左)やWeb版「Gmail」(右)でも共有できる

 

なおGoogleアカウント以外のアカウントに保存してある連絡先をGoogleアカウントに移行したい場合、直接移行は原則としてできません。

 

電話帳アプリを利用して、別アカウントの連絡先データを一旦書き出し(エクスポートして)、そのファイルを改めてGoogleアカウントにインポートする、という手段を取る必要があります。この際、電話帳アプリによってはSDカードが必要な場合もあります。

 

同じ端末内で連絡先データのアカウント移行をする場合、一旦連絡先を書き出し、再度読み込む操作が必要

同じ端末内で連絡先データのアカウント移行をする場合、一旦連絡先を書き出し、再度読み込む操作が必要

 

電話帳保存ならこちらもチェック!

 

 

Googleアカウントで端末に溜まった写真・動画もアップロード

Googleアカウントを使えば、写真や動画も簡単にバックアップできます。その際に利用するのが、『Google+』というGoogleのSNSサービスです。SNSと言っても写真や動画を他人に見られる状態にするわけではないので、ご安心ください。

 

この『Google+』にAndroid端末の写真・動画を自動バックアップする機能が備わっているのです。

 

自動バックアップをするかどうか聞いてくる初期起動画面。結構オシャレな印象

自動バックアップをするかどうか聞いてくる初期起動画面。結構オシャレな印象

設定は『Google+』から行います。アプリのインストール(バージョンアップ)直後や初回起動時に、自動バックアップを取るタイミングと、既存の写真・動画もバックアップするか聞いてきます。

 

ここで「Wi-Fi/モバイルネットワーク」を選択すると、ネットワーク接続中は常に自動バックアップが行われることになります。

 

「Wi-Fi経由のみ」を選ぶと、無線LAN(Wi-Fi)で接続した時のみ自動バックアップが行われます。「後で」を選ぶと、自動バックアップは一旦行わない設定でGoogle+アプリが起動します。

 

ただし、ここでできるのは、大ざっぱな設定のみ。細かい設定は『Google+』の設定画面内にある「自動バックアップ」項目で行います。

 

例えば、初期設定では写真・動画ともにバックアップのタイミングが同一設定になりますが、写真は常時、動画はWi-Fiのみ、といった個別設定もできます。

 

また、ローミング中も自動バックアップを有効にしたり、端末の充電時のみ自動バックアップを有効にしたりする設定もできます。

 

こちらの記事もご覧ください。