スマホの大掃除はクラウドサービスを活用!Googleアカウントを活かして電話帳、写真、動画をバックアップ

設定画面では、細かい自動バックアップ設定も可能。なお、動画は一定サイズを超過すると設定を問わずWi-Fi経由でないとバックアップできないようになっている

設定画面では、細かい自動バックアップ設定も可能。なお、動画は一定サイズを超過すると設定を問わずWi-Fi経由でないとバックアップできないようになっている

 

自動バックアップされた写真・動画は、単純にバックアップされるだけで、自動的に『Google+』でシェアされることはありません。

 

『Google+』でシェアしたい場合は、改めて写真を使い投稿をする必要があります。

 

自動バックアップした写真で『Google+』に投稿するには、別途操作が必要

自動バックアップした写真で『Google+』に投稿するには、別途操作が必要

 

『Google+』をインストールすると「写真」というショートカットも追加されます。これは、Android標準の画像閲覧アプリ『ギャラリー』を置き換えると目されているもので、『Google+』に自動バックアップされた写真・動画だけでなく、端末内の写真・動画を見ることもできます。

 

画像を簡易編集したい場合や、写真・動画を『Google+』以外のアプリ・機能で共有したい場合には、これを使うと便利です。

 

画像編集や『Google+』以外でのシェアをしたい場合は「写真」を利用しよう

画像編集や『Google+』以外でのシェアをしたい場合は「写真」を利用しよう

 

『ギャラリー』に代わる!?「写真」の詳細はこちらもチェック

 

Googleアカウントでバックアップした連絡先データ同様、『Google+』でバックアップした写真・動画データは他の『Google+』をインストールしたAndroid端末やWeb版「Google+」(Google写真)で利用できます。

 

なお、『Google+』の画像バックアップは無限にできるわけではなく、無料で保存できるのは15GBまでとなります。しかも、Gmailや後述の『Google ドライブ』(Googleのオンラインストレージ)と共有なので、実際に保存できる容量はそれより少なくなります。

 

もしも、容量を追加したい場合は、月額課金の有償ストレージを購入する必要があります。現在のところ、100GBで4.99ドル、200GBで9.99ドルという設定です。

 

Gmailや『Google ドライブ』と合わせて15GB以上のストレージを使う場合は有償で容量追加となる

Gmailや『Google ドライブ』と合わせて15GB以上のストレージを使う場合は有償で容量追加となる

 

 

Googleアカウントでその他のデータもバックアップ

ここまで、特にできないと困るであろう連絡先や写真・動画のバックアップについてご紹介してきました。しかし、人によっては、これら以外にもバックアップを取れないと困るデータがあるでしょう。そんな他のデータは、『Google ドライブ』を使ってみましょう。

 

こちらの記事もご覧ください。