顔出しNG!?SNSに画像をアップする際に写真に写り込んだ他人の顔を隠す3つの方法

2.ぼかして隠す!

イベント会場など、人が写り込みやすい場所では、まとめてぼかせる機能が有効

イベント会場など、人が写り込みやすい場所では、まとめてぼかせる機能が有効

写り込んだ顔写真が数多くある場合は、『Instagram』の“ぼかし”加工を使いましょう。まとめて顔を隠せる上に、オシャレに仕上がります。

 

画面上部のしずくのようなアイコンをタップするだけで、自動的にぼかしが入ります。

 

ただし、『Instagram』で加工すると、写真が正方形になってしまいます。比率を変えたくない場合は、多機能カメラアプリ『Pixlr Express – photo editing』を利用しましょう。こちらも“ぼかし”機能が搭載されています。

 

『Instagram』を、早速ダウンロード

 

3.スタンプで隠す!

友人との写真などは、スタンプで隠すほうがオシャレになる

友人との写真などは、スタンプで隠すほうがオシャレになる

続いて紹介するのは、スタンプを使った方法です。顔出しNGの友達等がいる集合写真をSNSで公開する時に使うと効果的です。

 

おすすめは、『LINE camera』です。星やハート、おなじみのキャラクターなど多彩なスタンプを配置できる他、メガネや帽子といったアクセサリーで顔をデコることができるのが特長です。

 

「編集」画面下部にある星アイコンをタップし、「スタンプ」を選択します。あとはお好きなものを選んで配置すればOK。サイズ変更は、スタンプ右上の矢印ボタンを動かすことで行えます。回転も同様の操作でできます。

 

他には、『Aviaryのフォトエディターは』でもスタンプを配置できます。

 

『LINE camera』を、早速ダウンロード

 

これで、他者の写り込みにより断念した写真もSNSに投稿できますね。簡単にアプリで隠せると言っても、なんでも撮影・投稿していいわけではありませんので、周囲の方に対するプライバシーの配慮を忘れないようにしましょう。

 

スマホを使用する際のマナーについてはこちらの記事もチェック

 

スマホの操作についてはこちらの記事もチェック

 

こちらの記事もご覧ください。