【保存版】歴代Xperia総出演!全30機種で振りかえるAndroidヒストリー

また、タブレットは以下モデルが発売されています。
 

販売年 販売開始日 機種名 販売キャリア
2011年 9月17日 Sony Tablet S(Wi-Fi)
10月28日 Sony Tablet S (Wi-Fi+3G) NTTドコモ
10月28日 Sony Tablet P(Wi-Fi+3G) NTTドコモ
2012年 4月21日 Sony Tablet P(Wi-Fi)
9月15日 Xperia Tablet S(Wi-Fi)
2013年 3月21日 Xperia Tablet Z (Wi-Fi+LTE) NTTドコモ
4月13日 Xperia Tablet Z (Wi-Fi)
2014年 1月24日 Xperia Z Ultra (Wi-Fi)

(※タブレットのWi-Fi専用モデルは、家電量販店やソニーストアにて販売されました)
(※Xperia Z UltraはKDDIより発売されているものはスマートフォン(ファブレット)、Wi-Fi専用モデルは小型タブレットという位置づけです)
 
2014年3月現在で、実にスマートフォン22機種、タブレット8機種が発売されています。表にまとめると圧巻ですね。表を参考にしつつ過去のモデルを振り返ってみましょう。

 

 

Xperiaヒストリー<スマートフォン編>
高性能スマートフォン「Xperiaシリーズ」が登場した2010年

【Xperia SO-01B】

Xperia SO-01B

Xperia SO-01B

2010年4月1日に発売開始した国内初のXperiaです。
 
Androidスマートフォンとして、またフィーチャーフォンを含むケータイ全体の中としても当時では高性能なモデルでした。

 

 
4インチディスプレイに手ぶれ補正機能付き810万画素カメラを搭載しいています。さらに試供品として、16GBのmicroSDHCメモリーカードやmicroUSBケーブル、イヤホンマイクを付属するなど豪華なパッケージも魅力でした。
 

Xperia SO-01B(左)iPhone 5(右)当時としては大画面だったが、今ではコンパクトに見える

Xperia SO-01B(左)iPhone 5(右)当時としては大画面だったが、今ではコンパクトに見える

 
発売時にはAndroid 1.6でしたが、2010年11月にはAndroid 2.1へアップデートされている他、発売時はシングルタッチ(指1本のみ)反応するタッチディスプレイでしたが、2011年1月にはマルチタッチ(指2本)に反応するようにアップデートされました。
 
マルチメディアのソニーブランドとして、音楽を楽しめる「Media Go」や音楽配信の「mora touch」にも対応しています。
 

発売当時、スマートフォンにストラップホールは一般的ではありませんでしたが、Xperiaには搭載されていた

発売当時、スマートフォンにストラップホールは一般的ではありませんでしたが、Xperiaには搭載されていた

 

日本独自機能の搭載や小型モデルが投入された2011年

【Xperia arc SO-01C】

Xperia arc SO-01C

Xperia arc SO-01C

2011年3月に発売された、「Xperia SO-01B」の後継モデルで、当時の世界最薄スマートフォンです。
 
Android 2.3を採用した他、マルチタッチディスプレイで非常にきびきびとした動作が特徴。日本独自カラーとして「sakura pink」も発売されています。
 
ディスプレイも前モデルと比較してやや大きめの約4.2となっており、美しさと軽量化を同時に追求したヒットモデルとなりました。

 

 
カメラの性能は前モデルとほぼ同じ810万画素ながら、反応速度の向上により動作の早いカメラとなっています。
 

あわせて読まれています

こちらの記事もご覧ください。